アプリケーションの作成に役立つデータベースを入手できるサイトを教えて下さい。


URLだけでなく、
・データベースの内容
・利用条件の簡単な説明
・どんな事ができるか
もお願いします。


例:

国土交通省国土計画局
位置参照情報ダウンロードサービス
http://nlftp.mlit.go.jp/isj/

内容:
街区単位(○町○丁目○番)毎の位置座標(緯度・経度など)のデータ

利用条件:
無償で利用可能。利用目的の制限もほとんどなし。(http://nlftp.mlit.go.jp/isj/agreement.html)

どんな事ができるか?:
GoogleMapsAPI等を使用せずに、Geocodingの実装が可能になる。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2009/04/10 15:52:21
  • 終了:2009/04/16 21:05:12

回答(3件)

id:fester No.1

fester回答回数124ベストアンサー獲得回数202009/04/10 16:30:05

ポイント40pt

日本郵便

郵便番号データダウンロード


内容:

住所の郵便番号(CSV形式)

事業所の個別郵便番号(CSV形式)

郵便番号データの説明


利用条件:

郵便事業株式会社は著作権を主張しません。自由に配布していただいて結構です。

使用・再配布・移植・改良についてを参照)


どんな事ができるか?:

郵便番号<-->住所 の変換

事業所へのDM

id:koori

ご回答ありがとうございます。

住所の郵便番号情報だけでなく、事業所の情報もダウンロードできるとは知りませんでした。

GoogleMapsあたりと組み合わせれば、何か作れそうですね。

2009/04/10 17:33:06
id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/04/10 17:55:14

ポイント5pt
平成17年国勢調査
市区町村別人口など、さまざまな情報が Excel ファイルとして入手できます。
id:Hyperion64 No.3

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842009/04/11 08:14:31

ポイント35pt

国交省の「国土数理情報ダウンロードサービス」はご存じである可能性が高いでしょうね。

http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/

官公庁の統計情報という意味では「総務省統計局」のサイトが格好のリンク集になってます。

http://www.stat.go.jp/

国立社会保障・人口問題研究所の「将来人口推計データベース」は市場予測などに使えるでしょう

http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Mainmenu.asp

台風データなんかはビジネスでは使えないでしょうけど、

雑学としてあげておきます「TRMM台風データベース」

http://www.eorc.jaxa.jp/TRMM/typhoon/index_j.htm

マーケティング分析用のデータソースを探すのなら、「ちょうさドットコム」はいいかも

http://www.cho-sa.com/

  • id:koori
    "Amazon" のようにデータベースにアクセスできるWebAPIを提供してるサイトもありますが、今回の質問では、"位置参照情報ダウンロードサービス" のように、データベース自体をダウンロードできるサイトの回答をお願いします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません