次の一節がある詩のタイトルと著作者を教えてください。「そう 人はつまり無用の存在だった/高名な医師の家の愚かな息子/遠い国の調べを追って 浮かれ歩いて/一銭で売るべき無用の本を書き続け/何かをしようとするたびに追い詰められて/岸辺から追い落とされんばかりだった/だが、おのが一生を敗亡と断じたとき 人は/それをただの過失だったと 本当に信じたのか」

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/04/11 21:51:27
  • 終了:2009/04/11 22:03:16

回答(1件)

id:kanan5100 No.1

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752009/04/11 21:55:03

ポイント60pt

安藤元雄「風のむこう」

http://po-m.com/inout/id120.htm

検索すれば一番目に出てきますよ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません