資産としての金について教えてください。


金は採掘量が限られているため、長期的には価格が上昇していくとききました。
つまり、金の価格を長期的に見ると、価格が下落するリスクは非常に低いのでしょうか?

もし今後下落を続けるとするなら、どういった事が原因として考えられますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/04/12 02:16:38
  • 終了:2009/04/12 22:10:32

回答(8件)

id:hijk05 No.1

hijk05回答回数1307ベストアンサー獲得回数232009/04/12 02:55:26

ポイント16pt

>つまり、金の価格を長期的に見ると、価格が下落するリスクは非常に低いのでしょうか?

低いです。

>もし今後下落を続けるとするなら、どういった事が原因として考えられますか?

新しい金脈が見つかるぐらいです。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:rimk

ありがとうございます。

2009/04/12 12:28:50
id:angel_ring No.2

angel_ring回答回数140ベストアンサー獲得回数22009/04/12 03:39:17

ポイント16pt

 金価格の推移を見て下さい。1990年代は1g1000円台(300ドル台)で推移しています。この値段は「生産コスト」から出てきた値段と言えます。

 1980年前半にも異常に値上がりした事があります。この時も「資産として・・・」という理由で値上がりしたものです。しかし、その後、「金は保有していても利子もつかないし、値上がりしないと利益にならない」という理由で「金離れ」が起こって値下がりしています。

 「歴史は繰り返される」と言います。再び、「金は保有していても利子もつかないし、値上がりしないと利益にならない」という考えが主流になると、「金離れ」が起こって値下がりするという事も起こりうるでしょう。

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php

id:rimk

ありがとうございます。

2009/04/12 12:29:26
id:rafile No.3

rafile回答回数662ベストアンサー獲得回数242009/04/12 04:10:02

ポイント16pt

海水や熱水鉱床からリーズナブルに金が取れるようになる。

PCなどの廃棄物いわゆる都市鉱山から金をとることが広まる。

ロシアや中国の奥地から新たな金鉱山が発見される。

景気後退により、金を使用するPCなどの需要が減る。

それはさておき、物価を考慮すると、金価格はずっと下落していると思いますよ。たまに急騰するけど。

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php

id:rimk

インフレ率に対して、金価格が追いついていないんですね。

2009/04/12 12:30:30
id:hashizo No.4

hashizo回答回数9ベストアンサー獲得回数02009/04/12 05:39:49

ポイント22pt

「有事の金買い」という格言があります。

戦争や情勢不安になると、金の価格が高騰します。最近では、株式相場が不安定な状況でも、金価格が高騰する傾向にあると思います。また世界の市場で価格が決定されるため、為替の影響も受けます。

金の価格は、株式、債券、石油などの価格に大きく影響を受けるため、今後(2,3年)、世界の株価が上昇して、金価格は下落するのではないかと思います。

長期的に考えるのであれば、長期的な動きを参考にしてみるのもよいかと思います。

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php

id:rimk

確かに、今後の株価の上昇も、下落要因として考えられますね。

2009/04/12 12:32:05
id:pahoo No.5

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/04/12 07:00:24

ポイント15pt
円高
金は主に外貨建てで取引されているため。
金需要の減少
景気後退などにより需要の主力を占める宝飾品の需要が落ちると、金価格も下落します。
政府保有の金が放出
前回の金価格の下落では、ロシアが金を放出されたためとされています。
政情安定化
政情不安になると金価格は上昇しますが、その逆です。

参考サイト

id:rimk

ありがとうございます。

2009/04/12 12:32:56
id:rsc96074 No.6

rsc回答回数4387ベストアンサー獲得回数4012009/04/12 10:06:08

ポイント15pt

 こちらは参考になるでしょうか。デフレに弱いことと、為替が円高傾向であることが不安要因のようです。

・金は、どうなの? 荻原博子の「やさしいマネー日記」

>いっぽうで、デフレに弱く、円高に弱いという面があります。なぜなら、日本の金はドル建てなので、円高が進めば、相対的に安くなるからです。

>現物で持つとしたら、買う時、売る時の手数料がバカにならないことに気をつけた方がいいでしょう。買う時には、5%の消費税もかかります。また、為替は円高傾向なので、よほど高騰しないと、儲けるのは難しいかも。

>ただし、どんなによさそうな気がしても、預金を取り崩してまで買うことはありません。これから、リストラも本格化し、イザという時には、年収の1年~2年分くらいの蓄えがないと、家計を維持できない状況が出てくるかもしれません。それくらいの余裕がなければ、 不安です。

http://kurasse.jp/member/ogiwara/note/142907

※参考URL

・金価格

http://goldprice.jp/gold-price-per-gram.html

id:rimk

5%の消費税は計算に入れてませんでした・・。厳しいですね。

2009/04/12 12:34:01
id:suppadv No.7

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682009/04/12 18:16:39

ポイント15pt

> 金は採掘量が限られているため、長期的には価格が上昇していくとききました。

>つまり、金の価格を長期的に見ると、価格が下落するリスクは非常に低いのでしょうか?

価格が下落するリスクは非常に低いかと聞かれると、微妙です。需要が同じで、いつでも同じ量があるとすれば、価格は変らないはずです。人口が増えたり、金を欲しがる人が増えたりするので価格が上昇するのです。


>もし今後下落を続けるとするなら、どういった事が原因として考えられますか?

金の需要が減れば当然価格は下落します。

金より価値のあるものが出てきたりすれば、価格は下落します。


http://q.hatena.ne.jp/

id:rimk

ありがとうございます。

2009/04/12 20:01:02
id:masanobuyo No.8

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782009/04/12 20:44:35

ポイント15pt

①金は世界中で24時間取引され、持ち運びができて換金性が高く、それ自体が価値を持つ実物資産。インフレに強く、信用リスクとも無縁ですので、少子高齢化や年金不安、原油高騰などによるインフレが懸念される現在、将来の備えとしての魅力は高まるばかりです。金の相場は、世界の基軸通貨であるドルとは逆相関関係にあり、株や債券とも別の動きをすることが多いため、ほかの資産の目減りをカバーする“守りの資産”として価格が下落するリスクは非常に低いと思われます。

②金の需要が減れば、それに従って、金の価格は下落傾向となると思われます。



http://www.nishinippon.co.jp/cm/2008/shisan1/

id:rimk

やはりリスクの低い手堅い資産なのですね。

2009/04/12 20:46:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません