事業譲渡で、債権が譲渡される債権者には保護手続があるそうですが、一方、そのまま以前と同じ(債権が譲渡されない債権者)債権者には何もしなくていいのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/04/13 22:06:24
  • 終了:2009/04/20 22:10:02

回答(1件)

id:YUI2007 No.1

YUI2007回答回数370ベストアンサー獲得回数162009/04/13 23:51:37

ポイント60pt

会社法でいう事業譲渡には債権者保護手続きは必要ありません

なぜなら条文が存在しないからです

その代わり、事業譲渡では、会社分割と異なり、例えば事業を構成する債務・契約上の地位等を移転しようとすれば、個別にその契約相手方の同意が必要になります

よく会社分割と混同され方が多いので、法律上の違いを簡単に説明しておきます

まず上記にあげた債権者の個別の同意

 

吸収分割契約の備え置き 開示に相当する手続きを要求されない

使用者の移転が生じない労働者につき事前協議義務・事前通知義務が発生しない

事業譲渡の場合、対価が金銭以外であれば検査役の調査が必要なこと などですね

参考にしてください

http://q.hatena.ne.jp/1239627981

だみです

id:perule

ありがとうございました。

2009/04/14 00:19:34

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません