ドイツの哲学者ハイデガーが、テレビのアンテナがあるということは、その下に生活があり、それは人間が居ることを示しているのだが、それは同時に、そこには、もう人間は居ないことを示している。という意味のことをいっているそうですが、それはどこに書いてあるか教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人10回まで
  • 登録:2009/04/14 23:40:17
  • 終了:2009/04/21 23:45:02

回答(1件)

id:u00 No.1

u00回答回数50ベストアンサー獲得回数82009/04/16 00:24:56

ポイント60pt

http://www.kengakusha.com/essay/son_ji-019.html

こうした状態を、ハイデガーの言葉に言いかえるならば、テレビ(道具的存在)があるが、使用しようとする(交渉)の際に、アンテナプラグの形状が異なる(利用不可能だと暴露された)ことで道具が目立ってくるということだ。こうした状態を「非道具的存在性」と言っている。

<参考文献>

『ハイデガー 存在と時間1』中公クラシックス(訳・原佑/渡邊二郎)

この本を確認した訳ではありませんが、アンテナを例に出している箇所があると思われます。



http://www.amazon.co.jp/dp/4121600517

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません