DSの用途拡大へ 学校では自作教材を配信、博物館では展示物の解説が可能に という日経の記事がありましたが、これは本当なんでしょうか? 追加の詳しい情報はあるでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/05 10:09:36
  • 終了:2009/05/10 08:34:34

ベストアンサー

id:pahoo No.4

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/05/06 10:34:46

ポイント50pt

日経は業界紙ですので、記事の性質が全国紙とは異なります。ニュース性のある革新的な製品が扱われることはありますが、企業がマーケティングを行うための打ち上げ花火的な記事が少なくありません。


ご質問のニュースは、4月9日に行われた日本外国特派員協会での任天堂の記者会見に端を発しているのではないかと思われます。

国内では、ゲーム専用機としてのWiiやDSの成長に限界が見えているのは事実で、記者会見で発表された内容は、それを超えるための任天堂の戦略と受け取れます。まあ、当たり前の内容なので、何を今更と思われるかもしれませんが。


うがった見方をすれば、この戦略が正しいかどうかをマーケティングするために記事が書かれたのではないかと。自社のプレスリリースだと責任がありますが、新聞記者が書いたことまでは責任を負う必要はありませんからね。


誤解を招くといけないので――任天堂さんのことを悪く言っているつもりはありません。営利企業なら、当然やらなければならないことですから。

むしろ、地元の京都の博物館や学校で実証実験をはじめているあたり、任天堂さんらしいやり方だと感心している次第です。

その他の回答(3件)

id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/05/05 10:29:03

ポイント30pt

本当です。

ニュースソースは、任天堂が、学校や博物館が作成する独自コンテンツをDSに配信するシステムを開発したという話です。


任天堂のお膝元である京都では、京都府京都文化博物館で5月27日まで「ニンテンドーDSガイド」を実施しています。コンテンツを無線LAN経由でDSにダウンロードし、画像と音声で作品を紹介するというものです。

また、立命館小学校(京都)でも導入を検討しているとのこと。

TDRのイクスピアリでも情報提供システムとして採用されました。


参考サイト

id:isogaya

具体的にどういったシステム化は見えないですね。もう少しするとリリースされるのでしょうか

2009/05/05 10:48:16
id:pahoo No.4

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/05/06 10:34:46ここでベストアンサー

ポイント50pt

日経は業界紙ですので、記事の性質が全国紙とは異なります。ニュース性のある革新的な製品が扱われることはありますが、企業がマーケティングを行うための打ち上げ花火的な記事が少なくありません。


ご質問のニュースは、4月9日に行われた日本外国特派員協会での任天堂の記者会見に端を発しているのではないかと思われます。

国内では、ゲーム専用機としてのWiiやDSの成長に限界が見えているのは事実で、記者会見で発表された内容は、それを超えるための任天堂の戦略と受け取れます。まあ、当たり前の内容なので、何を今更と思われるかもしれませんが。


うがった見方をすれば、この戦略が正しいかどうかをマーケティングするために記事が書かれたのではないかと。自社のプレスリリースだと責任がありますが、新聞記者が書いたことまでは責任を負う必要はありませんからね。


誤解を招くといけないので――任天堂さんのことを悪く言っているつもりはありません。営利企業なら、当然やらなければならないことですから。

むしろ、地元の京都の博物館や学校で実証実験をはじめているあたり、任天堂さんらしいやり方だと感心している次第です。

  • id:MEI-ZA-YU
    PSPやW-ZERO3での実験はそれ以前から行われていました。
    http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0608/04/news108.html

    追加
    http://www.kyozaishinbun.com/article/news/01/02/ds_1.html
  • id:table
    MEI-ZA-YUさん、pahooさん共に挙げている京都文化博物館ですが、
    任天堂サイト内からリダイレクトされています。
     
    http://www.nintendo.co.jp/ds/bunkahakubutsukan.html

    http://www.bunpaku.or.jp/info_ds.html
     
    任天堂のリリース代わりになりませんか?
  • id:isogaya
    博物館では展示物の解説が可能 の 意味ですね。

    広くシステムを開放するのか? それとも、個別の特別開発するか? の差ですね。

    こんなことできますよ。とポーズをとっているだけのように見えます。

    個別開発なら、とっくの昔にやっているわけなんで、なんで今頃記事になるのかよくわかりません。

    現時点で記事になるとするなら、かなり広くシステム開発を可能にするようなパッケージ提供になるような
    気がするのですが、そうではないようです。

  • id:NAPORIN
    ニンテンドーのつくった京都嵐山の百人一首博物館「時雨殿」で
    まさにその特製DSを配布され、使用し、回収されました(私の直接体験です、ものの15分です)。
    床の大きなパネルを使用した百人一首クイズがあるのですが、
    多人数に対して個別問題で出題しわけるために参加者1人1人にそれぞれ特製のDSを配布されていました。
    また、竹製のタッチペンと錦織風のDSカバーも固定されていて、
    ソフトの差込部分が見えないように、
    個人用のDSとも外見で区別がつくように、
    なっていました。
    isogayaさんはソースなどを厳密に求めるイメージがありますので、
    「実体験のみしかない点」「解説というより出題用途だった点」を勘案して
    コメント記入とさせていただきます。
  • id:isogaya
    はい、今回の質問は、なんで、今どき日経がこんな記事を書いているんだという疑問からしています。
    特別の関係で、任天堂がこの種のソフトというシステム開発しているのは以前から有名なんです。
    どのくらいオープンな開発環境を提示するかどうかが重要だと思っているのですが、そこの開示はないですね。
  • id:phoenix-luxury
    ゲットした
    http://www.phoenix-luxury.com.hk
    連絡先:contact@phoenix-luxury.com.hk

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません