ゴルゴ13の「血統の掟」で、


本ストーリーと並行して、副ストーリー的に、
依頼人がMI5の部長(裏に女王陛下)、ターゲットが馬に乗った貴族、
の副ストーリーがあり、理解するまですごく時間かかったのですが、

こっちは、王室につながる貴族が、実はKGBのスパイだったことが発覚、
逮捕とかして表沙汰にするわけにいかないから、ゴルゴに依頼して殺した、であってますか?

また、この作品では、「血統」を守ることをテーマにして、ゴルゴが2つの依頼を別々に受け、
副ストーリーでも、競馬場や馬を登場させ、本ストーリーに絡み合わせて話が進んでいくのですが、
こうした同じテーマのストーリーを重ねる物語の手法って、
小説とか脚本の用語でなんていうんでしたっけ?

教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/05 20:14:29
  • 終了:2009/05/12 20:15:02

回答(1件)

id:IlO10l0Il No.1

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/05/11 01:24:45

ポイント10pt

こっちは、王室につながる貴族が、実はKGBのスパイだったことが発覚、

逮捕とかして表沙汰にするわけにいかないから、ゴルゴに依頼して殺した、であってますか?

はい、あってます。



こうした同じテーマのストーリーを重ねる物語の手法って、

小説とか脚本の用語でなんていうんでしたっけ?

ミックスシチュエーションでしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません