『サム・ホーソーンの事件簿』くらいロジックが秀逸な推理作品って他にもありますか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/06 21:56:35
  • 終了:2009/05/11 01:46:35

ベストアンサー

id:moony_crescent No.1

moony_crescent回答回数123ベストアンサー獲得回数112009/05/08 12:46:25

ポイント60pt

泡坂妻夫はいかがでしょうか?

彼の作品は、それぞれ作者が仕掛けてくる趣向が様々で、とんでもない仕掛けが用意されていたり、人間関係の機微が実に生々しく描写されていたり、読者を目くらませるような構成になっていたりとしています。

しかし以下のシリーズ作品(いずれも短編集)においては、ロジックのすばらしさが堪能できるに違いないと思います。

 

【亜愛一郎シリーズ】

亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)

亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

亜愛一郎の逃亡 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

亜愛一郎の逃亡 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

 

【曾我佳城シリーズ】

奇術探偵曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)

奇術探偵曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

奇術探偵曾我佳城全集 秘の巻 (講談社文庫)

奇術探偵曾我佳城全集 秘の巻 (講談社文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

 

【ノンシリーズ】

煙の殺意 (創元推理文庫)

煙の殺意 (創元推理文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

id:FLine

最近知ったのですが和製チェスタトンと呼ばれているそうですね。

チェスタトンと併せて読んでみようと思います。

他は、

・キッド ピストルズシリーズ

とかかなー

2009/05/09 13:31:50
  • id:moony_crescent
    いるかをありがとうございます。
    ところで「亜愛一郎シリーズ」ですが、1作目が抜けていました。同じく創元推理文庫から出ている『亜愛一郎の狼狽』です。
    特に読む順番はありませんが、『亜愛一郎の逃亡』だけは最後にされた方がよいかと……。
    (あと、1作目だったか2作目だったかの解説で、思いっきりネタバレしているものがあったので解説も読まれない方がよいかと)
  • id:FLine
    了解しました。ミステリでネタバレは致命的ですからねw
  • id:moony_crescent
    たびたびスミマセン。ネタバレしていたのは2作目の『~転倒』で、田中芳樹の解説だったのですが、確認するとこれは初版だけだったようです。ネットでかなりのブーイングが起こったため、再版以降では修正されたようです。どうぞご安心ください(笑)。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません