youtubeの苦戦が伝えられ続けているにも関わらず、後発の動画共有サービスがいくつも出て来ている背景にはどのようなものがあるのでしょうか?


相変わらず大きな投資が必要な事業だとすれば、投資家の動画共有サービスへの見通しは明るいという事ですよね。

あるいは既にビジネス的に成功している例があるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2009/05/07 18:12:33
  • 終了:2009/05/14 18:15:02

回答(3件)

id:syun0575 No.1

syun0575回答回数5ベストアンサー獲得回数12009/05/07 20:19:53

ポイント16pt

youtubeの人気を受けて、ニコニコが出来たらしいので、それと同じ理由では?

id:junmk2

わかりません

2009/05/08 17:32:28
id:kent0608 No.2

kent0608回答回数220ベストアンサー獲得回数232009/05/07 23:23:05

ポイント32pt

Huluなどはビジネス的にも成功しているんじゃないでしょうか?

http://jp.techcrunch.com/archives/20080901can-hulu-be-a-bigger-b...

id:junmk2

このサイトを知りませんでした。

でもこれ動画「共有」サイトっていえるんですかね。

2009/05/08 17:43:30
id:some1 No.3

some1回答回数842ベストアンサー獲得回数372009/05/08 01:49:15

ポイント32pt

BlogやSNSもそうですが、雨後の竹の子サイトを猿真似で始めて、大量に淘汰されていく事同様の繰り返しです。

オリジナリティーの無い人間如何ばかりという感じですが。


ただHuluだけは動画サイトの中でYoutubeが失敗した面を模倣しなかった事が黒字をあげられそうな状態に結びついていると考えます。


>HuluはYouTubeを超えるビジネスになれるか?

http://jp.techcrunch.com/archives/20080901can-hulu-be-a-bigger-b...


>Huluが合衆国で3番目に大きいビデオサイトに, もうすぐ2位になりそう

http://jp.techcrunch.com/archives/20090428as-youtube-passes-a-bi...

id:junmk2

あ、またhuluが出てきた。

今の動画共有サイトの目標はyoutubeではなく、huluという事でしょうか。

2009/05/08 17:45:32
  • id:standard_one
    他に何に投資していいかわからないから、とりあえずPVが期待できる動画サイトやっとけってだけのような気がしますなぁ。
  • id:junmk2
    投資先が分からないからといって、期待値の低いギャンブルをするものでしょうか?
    それならば国債でも買う方が、合理的な選択だと思うのですが。

    あるいは最適解ではないまでも、国債以上の期待値は見込んでいるのでしょうかね。
  • id:gelgelgel
    そのもので収益をあげるより、買収狙いなのかもしれません。
    youtube自体も収益性の面でGoogleに買収されたわけではなく、
    データセンターの関係で買収したほうが安くつくためらしいです。
    (2ちゃんねるはなぜつぶれないのか? ひろゆき著)


    アドセンスのようなのシステムが確立されたりデータ通信費の問題が
    改善されれば、コンテンツを生み出してくれるメディアとしては
    魅力的なのではないでしょうか?
  • id:rsc96074
     収益を得るには、まず、人を集める、次に、収益モデルを完成させる。この2ステップが必要ですが、ファーストステップは、まずまずと言えます。つまり、人を集める力は実証されているわけです。残りの2ステップ目さえ完成させれば、収益はすごく大きくなると予想されます。しかも、まだ誰も十分なものを完成させていないとなれば、夢はふくらみませんか?(汗;
    ●YouTubeなどのユーザー投稿動画、2010年に440億を突破! 収益モデルを模索中
    http://journal.mycom.co.jp/news/2007/01/16/361.html
    ●YouTubeが広告収益モデルで悩んでいるらしい:Web2.0時代の仕事術 ...
    http://japan.cnet.com/blog/takamatsu/2006/05/18/youtube_7ecf/

  • id:kent0608
    テクノロジーの進化は日進月歩ですから、数年先には動画配信にかかる
    通信コストが抑えられ、ビジネスモデルを変えずとも利益が出せる構造
    になる可能性はあります。

    CPUの消費電力あたりの性能は年々上昇していきますし、HDDもより省電力
    なSSDに取って代わられています。回線コストも同様に、より安価になっていく
    でしょう。

    今投資している人はそんなことを考えているのではないでしょうか?
  • id:some1
    >回線コスト

    光ファイバーや光スイッチを超える物理的発明や、通信の超圧縮解凍技術、もしくは電力が破格に安くなる等、革新的レベルの技術発展がない限り、回線に関してはスケールメリットにも限界があるので極端なコストダウンは望めない筈です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません