一日の小さな失敗を数えると、

・コンビニで、自転車の鍵を失くして、後で取りに戻ると、店員さんが保管しておいてくれた。
・スーパーでお金を払うとき、小銭が財布からこぼれて荷台の下に入ってしまった。
・部屋の間接照明を二度連続蹴飛ばした。
・消毒済のおしぼりを又消毒した。
・知っているはずの漢字を書き間違えた。
・音読をするとテキスト一ページにつき必ず一か所以上は、無意識のうちに別の読み方をしている。
 (身体的→具体的 等)
・お風呂のに入る時にバスタオルか着替えか、パック用品かどれかは必ず一つは忘れる。

このようなミスは毎日必ずこの頻度でやります。

他に
好きなことに対しては異常に集中力が発揮でき、普通の人が思いもよらない発想が湧くことが多い。
記憶力が良いといわれることが多い。(一度聞いた人の誕生日などは忘れない)
退屈するのが嫌いで常に刺激を求めている感じがする。

これってADHDとかそういった症状に当てはまっていますか?
それとも普通の範囲でしょうか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/05/10 23:01:21
  • 終了:2009/05/17 23:05:03

回答(10件)

id:T-pon No.1

T-pon回答回数424ベストアンサー獲得回数42009/05/10 23:09:23

ポイント15pt

普通です。小さな失敗が多いのは、睡眠不足などが関連していませんか?

「好きなことに対しては異常に集中力が発揮でき」るせいで、夜更かしなどしていませんか?

id:fanwenteie

睡眠不足はあるかもしれません。

4月~結構忙しかったので。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:24:25
id:visualscandal No.2

visualscandal回答回数95ベストアンサー獲得回数12009/05/10 23:08:24

ポイント15pt

普通人だとは思う。


でも、ミスり易い人間の範疇に入りそうです。

しかし決して重症ではないです。

精神的疲労とかないですか?

そちらのほうがまず心配です。


http://www.adhd-navi.net/adhd/shindan/index.html

質問文だけでは詳細が分かりません。

このサイトとかで良く研究してください。

id:fanwenteie

りんくしていただいたサイトを見ましたが、多動とか、割りこみとかはしないし学生の頃は

職員室でも評判になるくらい「落ち着いている」と言われていたので、学校の先生に

数学などケアレスミスとたまにするって言うと、「そんなに落ち着いているのにそんなことは

ないでしょう」って言われたことがあります。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:29:39
id:yamazakura No.3

yamazakura回答回数68ベストアンサー獲得回数52009/05/11 01:09:43

ポイント15pt

こういう失敗って、学校とかでも会社とかでも、そそっかしいだの注意力散漫だの怒られていい加減な奴だの使えない奴だの烙印押されて、じゃあ具体的にどういう努力をすれば治るの?という問いを先生や上司にすると、何にも答えが貰えないどころか「屁理屈言うなボケ!」とか余計に怒られて結局何も解決しないし、直し方が全然分からないというパターンですよね…。まったく精神論ばかりで論理的思考のカケラもない馬鹿に限って出世しやがるからこの世の中って…

という前置きという名を借りた個人的な愚痴は置いといてw本題に入ると、実例のうち半分くらいはいわゆる「空脳」というやつではないでしょうか。

https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/radio/ijuin/0260/enquete.do?q001=020...

コーナーの詳細は、http://www31.ocn.ne.jp/~double_dragon/0904.htmの4月20日放送分「トーク」の部分を、実例は27日放送分の「空脳アワー(初回)」を参照されたし。

今はまだお遊びですが、そのうち真剣な研究や議論の対象となりうる、人類にとって重要な概念であると思っています。マジで。

id:fanwenteie

空脳ですか。初めて聞きました。

空耳アワーのパロで出てきたんですね。面白いです。

まさにそれという感じがしてきました。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:32:53
id:afurokun No.4

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/05/11 00:35:22

ポイント15pt

■AD/HDとは何か

 最近、AD/HD(注意欠陥・多動性障害)への関心が高まってきています。まず、実際の子どもの姿を通して、AD/HDとは何かについて紹介します。

 Aくんは保育園の年長です。絵本の読み聞かせなどでは座っていられず、勝手に園庭に出たりします。気も散りやすく、興味が持てないことには、先生のいうことをまったく聞こうとしません。友達と遊びたいものの、順番が待てず、すぐにいさかいになってしまいます。急にほかの子を突き飛ばしたりと、乱暴が目立ちます。

 Bくんは小学校2年生。最近は、教室から出ていくことはなくなりましたが、授業中に他の子にちょっかいを出しては、嫌がられています。忘れ物も多く、何度いっても直りません。ただ、授業態度には問題があるものの、勉強がまったくわからないわけではありません。

  C子さんは小学校5年生です。授業中のおしゃべりが止まらず、まわりからうるさがられています。また、一言も二言も多く、友達を怒らせてしまい、責められていることもあります。

1.AD/HDの三つの特徴

 3人の子ども達の姿にはそれぞれ、AD/HDの特徴が現れています。ここで、その特徴をまとめてみます。

①多動性

 Aくんは座っていられず、Bくんは教室から飛び出していたとあります。他の子よりも動きが多いこういった状態を、多動性といいます。ただこの多動性は、年齢が進むと減少する傾向があります。かわりに、C子さんのように「お口の多動」ともいえる、ひっきりなしのおしゃべりが目立つようになることがあります。

②注意の転導性

 気が散りやすく、興味がもてない授業だとまったく集中できなかったりします。忘れ物も多いのですが、これは不注意のためと思われます。ただその反面で、自分が好きなことにはすごい集中を示すことがあります。何かを製作するときや受験などで、それこそ「寝食を忘れて取り組む」子たちもいます。このような極端な姿から、注意の範囲の狭いことや、注意を適度に保てないところに問題があるともされています。

 

③衝動性

 突然、園庭に飛び出す、ほかの子に乱暴するなど、衝動的な行動が見られることも特徴の一つです。この衝動性が原因でしばしば怪我をしたり、事故にもあいがちです。C子さんは、一言も二言も多いとありますが、自分を抑えることができずに、いけないとわかっていても、言葉に出してしまいます。多動の子たちは、心に浮かんだ最初のことばをいってしまうともいわれ、これもまた、衝動性の高さが原因と思われます。

 

2.その他の特徴

 このほかにも、同じことを繰り返し話したりする子もいます。このような強迫的な姿とともに、顔をしかめたり、声を出すなどのチック症状もしばしば見られます。また、ちょっとしたことで興奮してしまい、すぐにパニックを起こす子もいます。ただ、そういった興奮状態のあと、すぐに「ケロリ」としてしまうのも特徴の一つといえます。このように、すぐにケロリとできることも影響しているのか、失敗から学ぶことが苦手で、同じあやまちをおかしがちともされています。似たようなことですが、まわりから注意されても、行動の修正がなかなかスム-ズにいかない傾向があります。

 

 心理面の特徴として、うまくできなかったり、叱られることが多いためか、被害的に物事をとらえることが目立つ子たちもいます。こういう子たちからは、クラスのみんなから嫌われている、いじめられているといった話が聞かれたりします。実際にそうである場合もありますが、極端に悪く受けとめていることも少なくありません。こういうときには、本人の誤解を解いていくことも必要となります。

子どもは一般的に、うまくいかなかったことの理由を、しばしば他の人やもの、場所のせいにしがちです。多動の子の中には、この責任の転嫁が目立つ子がいます。いくら説明されても、「自分は悪くない」とガンと主張し、それが変えられないこともあります。このために、素直に謝罪ができなかったりします。

3.発達障害とAD/HD

 このようなAD/HDですが、医学的な診断では、自閉性障害や知的障害があれば、AD/HDとは見なさないことになっています。自閉症や知的障害があっても、みんなが多動というわけではありませんが、たとえば自閉症で多動な子の場合、実際の子育てや指導場面では、自閉性障害とAD/HDが重なっていると考えた方が、子どもへの見方に整理がつきやすいと思います。また、AD/HDに向いているとされる対応が適用でき、つきあい方の糸口が見つかりやすくなります。

http://www.hattatsu.or.jp/senmon/adhdtop.htm

id:fanwenteie

長文でご丁寧にありがとうございました。

友達が自分で自分のことをいつも「自閉症だ」と言っている人がいましたが

人から見ると全く普通で、知能は高いし、むしろ活発で積極的で適度に社交的な人に

見えました。難しいですね。

2009/05/11 08:38:22
id:taka27a No.5

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642009/05/11 00:25:06

ポイント15pt

命を落とすような失敗でもありませんし、取り返しのつかないというたぐいのものでもなさそうです。ADHDの疾患概念にはあてはまりませんね。

id:fanwenteie

そう思うとホッとします。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:38:45
id:nekomanbo56 No.6

nekomanbo56回答回数1138ベストアンサー獲得回数342009/05/11 00:22:23

ポイント15pt

以前からそういうことを起こしてるなら、別に問題はないでしょうが、最近特に起こすようになったのであれば、他にストレス的な原因は考えられると思います。

チェックシートで一度診断されてみてはどうでしょうか?

下記アドレスにリンクしました。

http://www.adhd-navi.net/adhd/check/index.html

id:fanwenteie

セルフチェックしてみると非該当でした。

考えすぎかもしれません。

小さい頃からわりとそそっかしい方ではありました。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:41:46
id:hijk05 No.7

hijk05回答回数1307ベストアンサー獲得回数232009/05/11 00:20:12

ポイント15pt

ADHDだと疑う点は、このような些細な失敗を数えようとするとこらへんですかね。

でも、たぶん、普通です。

小さい失敗で収まってるので、問題ないでしょう。


ADHDの治療って、たぶん、リタリンの常時服用で、注意力散漫なのを防ぐというやつ

じゃないですか?

id:fanwenteie

些細な失敗が多いような気がして疑ってみたのですが

確かに前の晩はあまり眠っていないですね。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:43:06
id:IlO10l0Il No.8

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/05/11 00:08:14

ポイント15pt

さすがにその数を毎日だと症状を疑わざるを得ないですね。

ADHDの可能性は高いと思います。

id:fanwenteie

毎日だとそう思いますよね。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:43:55
id:careplanner No.9

らいず回答回数338ベストアンサー獲得回数132009/05/11 00:00:02

ポイント15pt

情報が少ないので、なんともいえませんけど、ADHDとは異なると思います。

ただ…、詳しくは医者 まあ、心療内科でしょうかねぇ。相談してみるといいかもしれません。

でも、実際の話 よくあるようなことではないかと思いますが、毎日同じことを同じように間違えているなら、何か原因があると思います。

いずれにしろ、私達では判断はできませんしね。

id:fanwenteie

よくあることなのかもしれませんね。

人を見ているともっとそそっかしい人も大勢いそうですし。

ありがとうございました。

2009/05/11 08:44:36
id:dqndamepo No.10

dqndamepo回答回数337ベストアンサー獲得回数132009/05/11 10:26:00

ポイント15pt

まず、多動がない次点で、ADHD(注意欠陥多動性障害)とは診断されないと思います。

前に出ているチェックシートは、子どものADHDを想定して作られているので、非該当になるのは当然です。

成長過程で、だいたい多動が落ち着いてきて、多動(Hyperactivity)が抜け、ADDになることも多いです。残ることもあります。でも、お話きく限りでは、多動はないですよね。診断される可能性があるとしたらADDなのかな。

大人のADHDやADDと言うと、NPO法人のSOAAというのがありまして(活動内容等には賛否両論あるけど)、そこのサイトはある程度参考になるかと思います。

http://www.adhd.jp/modules/sections/index.php?op=viewarticle&art...


いずれにしても、あてはまる項目もないことはないですが、ここでは普通の範囲かどうかの判断がつかないです。

本当に診断を受けたかったら精神科、特にADHDやADDに詳しい医者のほうがいいと思いますが、ただ、日常生活が困難になるほどの支障が出ていないのなら、忘れ物をしにくくするフォローだけして、別に診断を受けないというのも、個人的にはアリだと思っています。

ADHDやADDは、うつ病などとは違い、完治するものと考えられていないのが通常だと思います。脳の障害と考えられていることが多く、薬物や他の療法も、治療法というのではなく、その障害とうまく付き合って生きていくためのフォローです。

以前は薬物ではリタリンの処方がありましたが、リタリンの乱用が問題にされてからADHDでは処方されなくなってしまいました(子どものADHDにはリタリンと同じ成分でいくらか遅効き?のコンサータが処方されますが、年齢制限あると思うので大人にはなかなか出さないかも)。今は他の薬でフォローしていくようですが、あくまでフォローであり、根本的な治療ではありません。

だから、忘れ物をしにくい、ミスをしにくい環境を整えるなり、家族にフォローしてもらうなりで済む程度であれば、診断を受けないという選択肢もあるかと思います。それでも日常生活に支障が出るという場合には、お医者さんをお勧めいたします。


余談ですが、お医者さんに一度そのように診断されると、なかなか保険に入りにくいという現状があるので、もしお医者に行くのなら、入りたい保険には前もって入っておくほうが得だと思います。通常の病気だと、薬がいらなくなって、完治したということになってから5年は経たないと入りづらいのですが、ADHDやADDで完治っていうのは、現在の医療のスタンスから見ると微妙な気がするので。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1424516...

id:fanwenteie

そちらのサイトの「にぶい」「ぬけている」ように見えたり、「意識がとんで別の世界に行ってしまっているようにみえる」っていうのは、多少当てはまっているようにも思えたり・・・そう言われることが

少なくないです。absent-mindedというか・・・

ありがとうございました。

2009/05/11 21:07:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません