記憶が薄れていく原因について。


「記憶は薄れゆくものである。」というのは日々を過ごしてきて体感しているのですが、
何故記憶は薄れていくものなのでしょうか?

(哲学的、私見的、神話的、科学的などのどんな観点からでも構わないので教えて頂けましたら幸いです。)

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/11 00:18:52
  • 終了:2009/05/18 00:20:04

回答(10件)

id:taka27a No.1

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642009/05/11 00:23:01

ポイント15pt

http://nyanya.sakura.ne.jp/es/kioku/ki_001.html

ずいぶんと簡略な説明ですが、長期記憶に入らなかったもの、必要なしと判断されたものが記憶から消えていくことになります。

id:workzaq1

ありがとうございます。

URL先の内容がとても参考になりました。

2009/05/11 19:33:09
id:afurokun No.2

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/05/11 00:27:18

id:workzaq1

ありがとうございます。


すみません、認知症の原因については

ちょっと求めていたものと違う感があります(汗)


違ったら申し訳ないのですが

認知症の場合「そうなってしまう原因 中でも代表的なので 頭を強く打った後に・・・」などの

発生条件が関係しているように思えますが、知りたかったことが、

そういったこと抜きで「薄れていく記憶の謎について」という点を知りたかったのです。

2009/05/17 17:36:26
id:lancer13 No.3

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/05/11 00:29:05

ポイント15pt

アルツハイマー病の原因として様々な物質であると騒がれるのですが、なかなか完全解明とまではいっていないのが現状のようです。アルツハイマー病の原因の究明にココまで時間がかかるのも人間の脳内の仕組みとその機能が完全に解明されていないことも原因の一つとなっているようです。

記憶機能が解明されればアルツハイマー病の原因も見つかるということにもなるのでしょう。現在はアルツハイマー病の原因の究明に現在発症している患者さんの脳内を調べるということになるようですが、人体実験を行うわけにも一歩近づき、一歩さがるを繰り返しているようです。

アルツハイマー病の初期症状は、「物忘れ」で始まることが多いのですが、仕事や家事に影響が出てくる程度に入浴,食事、洗面は自分でできますし、昔の記憶はかなり保たれていますが、数日前に人と会ったこと,数時間前に電話でしゃべったことは忘れてしまうのがアルツハイマー病の初期症状です。。

http://arutuhaima.kew1.com/

id:workzaq1

ありがとうございます。

アルツハイマー病の原因と、記憶が薄れ行く原因が関連あるかもしれないのですね。


ある種、アルツハイマー病の原因の一つとして

「現代世界に興味がなくなってしまう」というのが例に挙げられるかもしれません。

(祖母が少し物忘れするようになってきたのが、最近つまらない、暇をしている、という風になってからですし)

2009/05/17 21:12:56
id:vicki55 No.4

vicki55回答回数1157ベストアンサー獲得回数242009/05/11 00:31:46

id:workzaq1

「記銘」 新しい物事のイメージ・体験ごとなどを書き込む

「保持」 それを保存する(期間不明)

「追想(あるいは想起)」 保存された記憶をひっぱってくる

という三大要素が記憶に関係しているみたいですね。


要となってくるところの、

「何故記憶が薄れてくる?」という点については解明が難しいものなのですね(^^;

2009/05/17 21:17:40
id:winbd No.5

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432009/05/11 00:38:22

ポイント15pt

医学的に言うと、記憶が失われるのは脳細胞が死ぬからです。

「記憶が薄れる」のは、ニューロンという神経細胞が一部死ぬことにより神経細胞の繋がりが減るからです。


例えば、

ニューロンAに情報があり、そこから電気信号が送られB→C→Dと繋がっているとします。

この場合、Aを思い出すだけでBもCもDも思い出すことが出来ます。

Dを思い出してもAを思い出すことが出来ます。


しかしニューロンBが死んでしまった場合、AからC・Dに電気信号が送れなくなり相互情報伝達が無くなるため、Aを直接思い出さない限りAの情報を引き出せなくなってしまいます。

これがいわゆる「薄い記憶」の状態なわけです。




もう一つは、記憶が記憶によって上書きされることにあります。

これも上記の例と同じようなことですが、


「フランスに行った」というAの情報

「フランスでピザを食べた」というBの情報

「飛行機で事故が起きた」というCの情報


新しい記憶により前の記憶が消去されてAとBの情報が違うものに変わってしまえば、神経細胞が死ぬのと同じで繋がりが無くなってしまい、「思い出しにくい薄い記憶」へと変わっていくのです。


ちなみに、若いうちはニューロンがほとんど死なないため、新しい記憶をしなければ記憶が薄れることはありません。

小説にもなってますが、脳の障害により新しい記憶が出来なくなる病気があり、その病気にかかった人達はそれまでの記憶を一切無くすことが無いのだそうです。

id:workzaq1

ありがとうございます。


ちなみに現段階としては、何故脳細胞が死ぬ(しかも死んだ後再生が無い)とされているのか?

という議題についてはまだ解明されていないのでしょうか?


要、ネットワーク関係が確立されていれば、

それだけ記憶を保存できる可能性が広がっていくかもしれないといことですよね。


A→B→C→Dと

B←A→C とあった場合では、

CがダメになってもBがあれば、Aは思い出せるし

BがダメになってもCがあれば、Aが思い出せる。 というような・・・


仮に必要な記憶を取捨選択していると考えると、

興味があるものが覚え易い、必ず必要なものが覚え易い、ということがあることに頷けてきました。

2009/05/17 17:45:31
id:IlO10l0Il No.6

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/05/11 00:42:32

ポイント15pt

脳の容量に限界が来るからでしょう。

500GのHDDだってずっとデータを入れ続けたら昔のやつは消さざるを得なくなります。

id:workzaq1

ありがとうございます。


ふと思ったのですが、その話の上で脳の容量に限界はどの程度だと思われますか?

人間の脳は、一生の間に全体の数%しか使われていないとさえ言われています。

2009/05/17 17:39:22
id:MEI-ZA-YU No.7

MEI-ZA-YU回答回数4729ベストアンサー獲得回数7482009/05/11 00:43:29

ポイント15pt

脳が退化(萎縮)しているからでしょう。

http://kenkobiyodietyasiki.livedoor.biz/archives/51447208.html

・物忘れ、認知症の原因の一つに、脳の萎縮がある。

・脳細胞は1年に10万個が死滅しているともいわれる。

・脳細胞は20代をピークに徐々に萎縮していく。

  (20代、40代、60代の脳のMRI画像で見ると、脳と頭蓋骨の隙間が大きくなっていき、脳が萎縮しているのが分かる)


あと、記憶といっても日常の平凡な出来事などは忘れやすいですが、

何か衝撃的な事や、感動的、悲しい事などはなかなか忘れないですよね。

それは、常に思い出している(記憶を甦らせている)からではないでしょうか。


トレーニングすれば記憶力も低下しないです

http://goldenage15.livedoor.biz/archives/51398497.html

専門家が廃用性ボケと呼んでいるものがあります。

脳も身体の一部分です。そのため廃用性萎縮という考え方が通用します。

生き甲斐も趣味も交友関係も無い、脳を衰えさせるぼんやりとした生活は、脳の廃用性萎縮をもたらします。


廃用性ボケを予防あるいは防止するためには、脳活性化訓練(脳リハビリ)が必要になります。


思い出せないアナタは“危ない”物忘れ?

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/356/356531.html

id:workzaq1

ありがとうございます。


色々と読まさせて思ったことは

「その世界観に入り込もうと本人がしない限りは、記憶ができないのかな」と思いました。

要、興味があるということは、ある世界に入る、触れるということになると思うので。


原因の原因を追究するとなると

>脳細胞は1年に10万個が死滅しているともいわれる。

逆引きを繰り返していくしかないでしょうか(--;? 

これでは脳細胞が1年に10万個死滅しているからというのが確定したとしても、一体何故、

次は脳細胞が1年に10万個死滅している理由もまた、記憶が薄れていく原因の一つに関係してきますからね・・・(汗)


なにかこう、簡単な言葉で「こうである」といった単純解明というのは

事実上はいまのところされていないものなのでしょうか?

2009/05/17 21:29:04
id:afurokun No.8

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/05/11 00:58:34

ポイント15pt

アルツハイマーの原因にはいくつかの説があります。

β(ベータ)アミロイドというタンパク質が脳内の組織に蓄積し、脳の神経細胞が死滅。

脳(特に大脳皮質)が極端に萎縮し、痴呆発症へ至るという説が有力です。

βアミロイドは正常な人においても合成、分泌されていますが、酵素によって分解され蓄積しません。

しかし、加齢に伴い分解が追いつかず蓄積されることがアルツハイマーの発症につながると考えられています。

大脳皮質などにできる染みのような老人斑という繊維状の物質の増加がアルツハイマーの原因とする説があります。

しかし、老人斑はアルツハイマーでない人にも多く見つかり、短期の記憶に関わる海馬ではあまり見られません。

そのため、この説は現在疑問視されています。

古くなった繊維状のタンパク質が細胞内にたまって固まった糸くずのような神経原繊維変化が原因だという説もあります。

アルツハイマーになった人の脳内神経細胞で神経原繊維変化は多く見られ、増加すると神経細胞は減少します。

しかし、老人斑と同じようにアルツハイマーでない人にも神経原繊維変化は見つかっています。

遺伝する家族性アルツハイマーでは、βアミロイドのもととなる物質であるアミロイド前駆体タンパク質(APP)遺伝子、プレセニリン1、プレセニリン2という遺伝子が、原因遺伝子であることが判っています。

APP遺伝子、プレセニリン1、プレセニリン2の変異がβアミロイドを増加させます。

そして、βアミロイドは神経細胞の中に蓄積して、アルツハイマーが発病すると考えられています。

また、神経伝達物質の異常、アルミニウム、活性酵素など様々な原因因子が考えられています。

しかし、原因が特定されていないのでいつアルツハイマーになってもおかしくありません。

初期症状を見逃さずないようにして、初期症状が起こった段階での治療が、症状の進行を防ぐのです。

http://www.stay-at-our-dallas-airport-hotel.com/20120706.html

id:workzaq1

ありがとうございます。


アルツハイマーの原因については、

そういう事が関係しているということはわかってきましたが


一つの疑問が頭をめぐっているのですが、結局論として、

「アルツハイマーと万人にある記憶の希薄関係」については同じなのでしょうか?


例えば

「経伝達物質の異常、アルミニウム、活性酵素など様々な原因因子が考えられる」という点についても、

それが万人に関する記憶の薄れ(例えば、一つ覚えたことを、後で鮮明に思い出せないことがある)については

やはり関係しているとみるべきでしょうか?

2009/05/17 21:21:10
id:nekomanbo56 No.9

nekomanbo56回答回数1138ベストアンサー獲得回数342009/05/11 01:06:12

ポイント15pt

新しいことを覚えるために、昔のことは忘れるらしいです。

昔80歳ぐらいで、大学入試に合格したおじいさんがコメントしてました。

個人的にもそう思います。

いつまでも嫌な思い出を溜め続けて入れば生きていけないでしょうし、新しいことを覚えて行くから、昔のことは消滅していくんだと思います。

id:workzaq1

ありがとうございます。

80歳で大学入試合格も夢ではないということですね。

2009/05/17 17:46:21
id:hijk05 No.10

hijk05回答回数1307ベストアンサー獲得回数232009/05/11 01:42:15

ポイント15pt

>何故記憶は薄れていくものなのでしょうか?

記憶が薄れない人もいますが、そういう人は天才か狂人になってます。

記憶が薄れないと、心(精神)がもたないからでしょう。

id:workzaq1

どうもありがとうございます。

すると、逆に心が持てば記憶は強くなる可能性もあるかもしれないですね。

(ふと思ったことではありますが・・・)

2009/05/12 21:04:14

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません