企業と企業のビジネスマッチングを行う場合に、どのような観点で、各企業にヒアリングを行ったらよいかを考えています。


ただ、考え方が間違えているのか、

・営業支援
・購買支援

という2つの方向に区分されてしまい、それ以上の有効な概念区分がみつかりません。

こうしたB2Bのマッチング項目において、何か有効な切り口(企業に対するヒアリング項目)
はないでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2009/05/11 11:24:22
  • 終了:2009/05/18 11:25:02

回答(3件)

ただいまのポイント : ポイント3 pt / 200 pt ツリー表示 | 新着順
強化部門と不採算部門 taka27a2009/05/11 13:02:49ポイント2pt
ではないでしょうか?
具体的に yayaya2009/05/11 17:26:57
質問表に項目をつくるとしたら、どんな内容になるのでしょうか? ◆強化部門  [         ] ◆不採算部門  [         ] とかだと、マッチングをさせるのが難しいのです・・
税金対策 chinya2009/05/11 11:36:18ポイント1pt
生保会社や損保会社、税理士事務所や会計士事務所とのマッチングも可能でしょう。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません