貴金属市場と、産業での使用の関係について詳しい方がいたら、教えてください。(詳しい方とは、ググる人のことをいいません。)

機軸通貨のドル、またはユーロ等の通貨不安が増大すると、貴金属の価格は当然上昇すると思います。しかし、貴金属には通貨としての側面と、材料としての側面があります。金、銀、銅、レアメタルは産業で使われており、あまり高くなると多くの物価の引き上げにつながってしまうと思います。
この価格バランスは貴金属市場では、どのように評価されているのでしょうか。しばしばニクソンショック以前の兌換に戻すべきだという議論を見かけますが、そんなことをしたら貴金属の価格と資金需要は釣り合わず、貴金属の価格がとてつもなくなり、端的にいうとコンピュータもメモリーも多層プリント基板も作れなくなってしまいます。

いろいろ探すのですが、貴金属の産業で使われる側面についての考察を見かけないので識者の意見を知りたいです。いわしとしますので、経済に詳しい人の議論も歓迎いたします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2009/05/20 11:40:59
  • 終了:2009/05/25 00:03:57

回答(4件)

ただいまのポイント : ポイント3 pt / 100 pt ツリー表示 | 新着順
う~ん seble2009/05/20 12:19:20ポイント2pt
て感じなので適当に、、 市場での価格高騰による実需への影響では少し前のプラチナ、パラジウムの関係が一つの参考になると思います。 プラチナは貴金属以外に工業製品、特に自動車の排ガス触媒に必須でかなりの量 ...
大事な点ですね RON2009/05/21 13:54:33
一番目は、特定の素材がレアなものだとしても代替品が出てきて、それにシフトするだけの価値があれば、特定の素材の価格は結果的に安定する、ということですね。 二番目は、特定の素材の価格が上昇すると、採算のあ ...
そうですね ラージアイ・イレブン2009/05/20 19:52:11ポイント2pt
質問の趣旨は、レアメタル市場における通貨価値と素材価値の価格バランスの評価方法ということでよろしいですか? 専門的知識を求める質問は極力人力検索で質問してください。またいわしあであっても、適切な回答に ...
あまり RON2009/05/21 13:47:13
私が短く書いているところを、むつかしい言葉で改めてご説明くださりありがとうございます。最後の「結論として」以降で、大量に扱う場合は市場外取引があるということで納得しました。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません