鋼材を組み合わせて上にタンクなどを載せる四脚の台を作ります。その台の水平枠(梁部)をABCDとし、例えばAB=CD=50、BC=AD=100、ちなみに脚の長さを150とします。

今、ABに垂直の方向からこの台に対しての水平荷重が働いた時、台底部の転倒モーメントを「(台高さ+積載物重心高さ)×水平荷重」で求めるとして、このモーメントによる柱1本当たりの軸力(台の鉛直方向力)はM/L×1/2で求められるかと思うのですが、この時のLはAD(=BC)=100という事で、AB(=CD)=50ではないという理解で合っているでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/23 19:19:31
  • 終了:2009/05/30 19:20:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません