【英語の5文型の原書】を買いたいと思います。ネイティブの先生と話していて詳しく説明が出来るようになりたいと思いました。


1) An Advanced English Syntax 1903 BY Onions, C T
 (1) この本が原書だと言うのは正しいでしょうか?
 (2) 以下のURLが該当の本でしょうか? プレビューのP.6 から5文型の説明があると思います。
  http://books.google.co.jp/books?id=6UoVAAAAIAAJ&printsec=frontcover&as_brr=3
 (3) この本は買えるでしょうか? 再販はされているでしょうか?

2) MODERN ENGLISH SYNTAX by Onions, C T
 (1) この本は, 上記の本の新版でしょうか?
   >New edition of an advanced English syntax
とは書いてあったのですが。

3) 他にネイティブが書いた5文型の本はないでしょうか?

 本の発注はしています。
 英会話学校の先生に5文型の説明をしようとして、とても自分の理解では説明できないなと思いました。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/24 13:02:48
  • 終了:2009/05/31 13:05:03

回答(1件)

id:TeX No.1

おやまあ回答回数827ベストアンサー獲得回数912009/05/30 11:36:27

ポイント10pt

1) An Advanced English Syntax 1903 BY Onions, C T

 (1) この本が原書だと言うのは正しいでしょうか? 

日本で教えられている5文型の起源が、オニオンズのAn Advanced English Syntaxです。

「そのような問題がある5文型がなぜこれ程広く日本の英語教育で教えられているのでしょうか? これは今からもう100年以上も前に、C. T. Onions(オニオンズ、1873-1965)という学者がAn Advanced English Syntaxという本の中で書いたことに始まるのですが、それを細江逸記(1884-1947)という大正・昭和初期の有名な英語学者(法や時制の見解は 21世紀の我々の目から見ても鋭い指摘が数多くある学者です)がその著作の中で紹介していったことが、日本にこれだけ5文型が広く流布した原因だと思われます。」http://www.wako.ac.jp/bungaku/teachers/nomura/nomura007.html

(2) 以下のURLが該当の本でしょうか? プレビューのP.6 から5文型の説明があると思います。

オニオンズは述部の形式(forms of the predicate)を5つに分類しましたが、それから派生したのが5文型といわれるもののようです。6から9ページまでが該当する説明です。

(3) この本は買えるでしょうか? 再販はされているでしょうか?

http://www.amazon.com/advanced-English-principles-requirements-G...

古書であるようです。新しいのは手に入りにくいかもしれません。

2) MODERN ENGLISH SYNTAX by Onions, C T

 (1) この本は, 上記の本の新版でしょうか?

新版の6から9ページが述部の分類(5文型と同じ)に該当します。

3) 他にネイティブが書いた5文型の本はないでしょうか?

wikipediaの「動詞型」より

「例えば、また、「5文型はジャパンローカル(和製英語)でグローバルには通用しない」などという批判があるが「ジャパンローカル」という言葉が和製英語であるという事実以上に全くでたらめである。先述の通り、A.S.Hornbyによる25動詞型や[A4]、安藤の基本8文型[B7]のように、結合価の考え方に基づいた動詞型の分類は、基本5文型の拡張と考えられている[B1,B2,E1,F1-F4]。その意味で「基本5文型」をベースとした動詞型の分類が世界的に受け入れられていて、いくつかの権威ある辞書において積極的、国際的に採用されている。実際、語法解説に定評あるOxford Advanced Leaner's Dictionary[A4]やジーニアス英和辞典[A1]等、いくつかの英和辞典、英英辞典では基本5文型(あるいはその細分化)が「動詞の語法の分類法」あるいは「動詞の語法解説」として活用されている。このことは、「殆ど全ての動詞の動詞型は、5文型の理論を運用すれば説明できることが実証されている」ことと、「5文型の理論に基づいた動詞型の説明は、海外においても充分通用する理論である」ことを意味する。」

文型の分類の仕方はいろいろありますので、以下の本をあたって比較してみるとよいかもしれませんね。

英文法に関する書物、解説記事、論文(英文)

* A. Onions, C.T.(1904, 1971): 5動詞型(forms of the predicate)

* B. Palmer, F.R.(1974) : 27動詞型(verb patterns)

* C. Hornby,A.S.(1942,1954,1975):25動詞型

* D. Baker, C.L.(1989, pp.68-95): 18動詞型(minimal verb phrases)

* F. Hoekstra et al.(1980, p.129): 21動詞型

* G. Quirk et al.(1985, p.53): 7文型(clause types)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E8%A9%9E%E5%9E%8B_(%E8%8B%B1%E8%AA%9E)

  • id:pascal7
    1番の本は絶版だと連絡が入りました。
    後は2の本に5文型の説明があるかどうか。

    Quirk et al.と言う先生が1985年に7文型と言うのを提唱しておられるようなので
    先生の本が手に入るか? 読みやすいかと言う感じになると思います。
  • id:pascal7
    ありがとうございます。
    しばらくこないうちに終わってました。
    まだ動詞型は理解してませんがおもしろそうだなと思います。
    >「そのような問題がある5文型がなぜこれ程広く日本の英語教育で教えられているのでしょうか?
    日本の文型教育は問題があると思ってますが。
    ここでは何も言ってないですよ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません