プロ野球観戦中にファウル直撃 男性が楽天など提訴

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090407/trl0904071713005-n1.htm
この件について、感情的に「自己責任」という人が多くて驚いています。

自己責任ということ自体には決して反対ではないのですが、挙げている理由が「規約に書いてあるから」とか「よそ見するのが悪い」とか「全部にネットをつけなきゃいけなくなる」など、まるで子供のような理論ばかりです。

この事件の論点としては、
1.野球ほど観戦が危険なスポーツは他にない。
2.距離の近い内野席へのライナー性の当たりに限定した話。
3.ネットを中途半端に取り付けていたという事実。
4.規約を作れば法的責任を無視出来るわけではない。


ご意見お待ちしてます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2009/05/26 23:31:29
  • 終了:2009/06/02 23:35:02

回答(49件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
野球をプレーした事のある人が少なくなっている。 miharaseihyou2009/05/28 23:33:22ポイント5pt

数十年前なら、三角ベースとかで、誰でもタマの行方には注意を払うだけの基本的な常識を持っていました。

現在ではプレーできるスペースは有料だし、規則が付いた状況でしかプレーできない。

本来のオープンスペースの一角を使った球技ではなくなっているのですが、プレーヤーサイドも観客サイドもそのことが解っていない。

ついでに言うなら、怪我をしてとしても「余所見している方が悪い」というのが昔の常識でした。

私も余所見する方が悪いと思います。

プレーしたことなくちゃ見に行っちゃいけないんですか?(笑) tommax2009/05/31 09:03:33ポイント6pt

件名は強調したかっただけなので、これで怒らないでくださいね。

確かに、昔の常識=今の非常識になってきているところがあるのでしょう。草野球も気軽にプレイできなくなってきているんですね。ちょっと残念。

でも、プロ野球がビジネスとしてある以上、増え続ける素人に対しての対策が必要だと思います。「よそ見したら怪我するで+その時は自己責任」では、廃れていく一因になりかねない、かも。野球をわかってない人が増えるのは、もはや自然の流れとなっていて、それを非難するだけで、怪我しかねない素人は見に来るな、では、ジリ貧ではないでしょうか。

長くプロ野球を愛していらっしゃる方からこそ、怪我された方へのフォローを期待したいです。

論点が変わりますが、たぶんなんで悪いのですが、訴えるぐらいなので、自分のよそ見を考慮した上でも、それ以上に運営側の対応が悪かったのかも。怪我された方を怒らせるような対応をしたのではないのでしょうか?または、弁護士のポリシーによるのかもしれません。この場合は訴えた方がいいですよー、みたいな。つまり別の理由により訴えている可能性があると思っています。

この辺りを調べたくても、情報を見つけられませんでした。ネットの限界を言い訳にしてすいません。

運営側がそういう姿勢ならいいんですけどね konkonTV2009/06/01 05:33:28

運営側は「気軽に見に来て欲しい」という姿勢を見せています。

もしこれが「野球をしたことのあるファンだけが来てくれ」という姿勢だったら何も問題はありません。


「気軽に応援に来て欲しい」と誘っているのに「よそ見して怪我したら自己責任」というのは矛盾していますよね。

同感+反対 JKZ2009/05/31 17:49:38ポイント4pt

草野球についてです。昔は空き地などでできたらしいんですが、今じゃ土地なんて、そうそうありませんし・・・(同感)

野球を見るなら危険を覚悟して行ったほうが、絶対いいと思う・・・(反対)

でもこの意見はあくまで私の意見です。気にするも気にしないもあなたの勝手ですから怒らないで下さい。

観客がデッドボールを喰らったらどうなるか? miharaseihyou2009/05/31 21:36:08ポイント2pt

プレーヤーと観客の距離が開くばかりでは野球は廃れると思います。

ゴルフなら、タマの直撃を受けたら「痛い」ことくらい知ってる人も多い。

実感がないままに、現実から遊離した空間での試合は魅力に欠けます。

だからこそのクレームだとも思いますし、エンターテインメントなんだから、楽しませてくれない時間に余所見するのは当たり前になるのでしょう。

当面の対策としては自治体などが所有したまま使い途の決まってない土地を、自由に使う許可を積極的に出してくれれば良いと思います。

野球は本来広くて困るほどの空間でプレーするために産まれた球技です。

売れ残って困っている工業団地や住宅団地などを自己責任で好きに使う許可を出したらプレーしたい人が集まるでしょう。

すべてを危険にする必要は無い konkonTV2009/06/01 05:39:32

単純に安全な席と危険な席を用意すればいいだけのことです。


誰もが近い距離で見たいと思ってるわけではないし、

野球なんかしたことなくても見たいと思ってる人はたくさんいる。


と、論点がちょっとズレてきてますね。

そもそも「痛い」のと「後遺症が残る」のは問題が桁違いです。

野球だって痛いことぐらいはみんな知ってます。


しかし後遺症が残るほどのスポーツ観戦は他にほとんどありません。

あってもゴルフのように補償されるスポーツだけです。

ですから野球も補償するのが当然でしょう。

以前の事例や判例はどうなのでしょうか? miharaseihyou2009/06/01 21:23:55ポイント1pt

私の知っている範囲では、当座の入院先での治療費用ぐらいは負担しているようです。

ただ、後遺症が残った場合の保証はどうなっているのでしょうか?

人気商売なんだから、それなりの事はしているような気がするのですが。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません