上司にへつらうゴマすりが昇進していくとよく言われています。実際はどうなんでしょうか? 企業風土などの実証的研究で調べたものがあったら教えてください。回答は、意見ではなく学術的、もしくはそれに準じる人事制度に詳しい専門家の論文、書籍、ブログ等でお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/27 08:22:22
  • 終了:2009/06/03 08:25:02

回答(2件)

id:bg5551 No.1

bg5551回答回数1184ベストアンサー獲得回数802009/05/27 09:01:25

id:isogaya

うーん、もうちょっと学術的な実証研究があったらいいです。

2009/05/27 09:47:53
id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682009/05/27 21:30:30

ポイント35pt

人事考課は、一般的に次の順序で進められます。



本人考課

設定された基準に沿って、達成されているかどうか、本人自ら評価する。(本人考課は、必ずしも実施しなければならないものではない。)


一次考課

直接の上司が行う。日常の仕事を管理する立場にある上司が行う評価は『人事考課のなかでもっとも重要な位置を占める。』


以降、2次考課へ続きます。

http://www13.plala.or.jp/S-Kawamura/jimu/JINJIKOUKA.html


考課する上司がきちんと考課できない状況が蔓延しているので、その点が問題です。

半数の企業で考課者訓練が不十分と解答している実態

http://granaile.jp/column/grading.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません