以前テレビの番組で「ゴリラかサルと違い、人間は家族を作り子供を育て教育

する。そのため、繁殖期以降も長生きするのだ。人間はそうやって相互扶助をして
生きてきた」といったような(うる覚えです)内容のことをやっていました。

おそらく、NHKサイエンスZERO 「ヒトを探る」シリーズ」②生活史から探る"不思議のサル"
で山極壽一先生が説明されていたか、③実験で解き明かす!心に潜む仕組みだったと思います。
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp234.html
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp238.html

この辺の内容について、ホームページより詳しい説明が欲しいです。
番組を視聴されていて、かなり憶えている方であればその内容をご説明頂ければ幸いです。
参考となる図書、ホームページがあれば、それも(それだけでも)教えて頂ければ更にうれしいです。

ちなみに山極壽一先生の図書を現在何冊か中身を調べているのですが、それらしき内容が
見当たりません。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2009/05/30 15:43:58
  • 終了:2009/05/31 20:45:57

ベストアンサー

id:fut573 No.1

fut573回答回数195ベストアンサー獲得回数542009/05/31 04:21:13

ポイント150pt

『実験で解き明かす!心に潜む仕組み』は見ておりませんが、『生活史から探る"不思議のサル"』は録画しています。。

番組のHPに書かれていないことを中心に箇条書きで要約します。

コメントに付いては、僕は専門家ではないので参考程度にしてください。

以下要約


  • 乳児期 赤ん坊が乳を必要とする期間(殆どのサルが排卵しない)
    • ヒト1年←乳児期が短く、人間は乳児がいても排卵をする場合がある。←年子が生まれるほど出産間隔が短い
    • チンパンジー5年
    • ゴリラ3年

注)番組では取り上げられてない事ですが、殆どのサルは、子供が死亡すると発情するようになります。

一部のハーレムタイプの群れを作るサルの中には、群れを乗っ取ったオスが、前のリーダーの子(乳児)を虐殺するという現象が観察されています。

これについては、子殺しによりメスが発情するようになり、自分の遺伝子を効率良く残せるからである、と解釈されているようです。

cf 杉山幸丸さんの『子殺しの行動学』や『サルの生き方ヒトの生き方』などが参考になると思います。


  • 子供期(ヒト特有
    • 乳離れしたが、大人と同じ物を食べられない時期←ここで母親以外の助けが要る(食の分配)

注)番組では取り上げられてませんが、ボノボや一部のサルでは食料の分配が観察されています


  • 双子
    • ゴリラは、乳児を抱えたメスの食事を他者が助けない→栄養状態的に双子を育てられるほどの量の母乳を出すのは困難
    • 人間は繁殖期を過ぎたメスがムスメの子育てを助ける場合がある(おばあちゃん仮説)
      • 健康状態が改善して寿命が延びても、閉経の時期が遅くなるではなく、老年期が増えた
      • おばあさんが自分のムスメの子育てを助ける事は、自分の遺伝子を残す効果がある(おばあちゃん仮説)
      • 生殖能力を喪失後、生物的価値が低いと考えられていた年代の人が、実は自分の遺伝子を残す為に役に立っている

注)こちらについては研究者の著作を読んだ訳ではないのでコメントできません。「おばあちゃん仮説」で検索してみてください。


  • 共感 HPに書いてない事を箇条書きすると以下の通りです。
    • 殆どのサルの眼には白目がなく、黒目だけ。眼の動きを利用したコミュニケーションを取り難い
    • 殆どのサルは食事中に眼を合わせる事をタブーとしている
    • そのため、群れで食事を取っていても、お互い眼を合わせずに栄養補給をする

共食による共感を持ちにくいということです。

  • 教育
    • サルの群れにも文化や道具の使い方など、文化があるが、それを他者に教える事はない

サルの場合、周りを見て勝手にまねをするだけで、知識がある固体が他の個体を積極的に教育するのは人間の特徴との事です。


こんな感じです。

少し古いですが、立花隆さんがサル関係の研究者に対して行ったインタビュー集『サル学の現在』も参考になると思います。

id:kan37

本当にありがとうございます。

fut573様に書いて頂いた内容で、少しずつ思い出しました。

「生活史から探る"不思議のサル"」が、私が見た番組だったと思います。

参考図書まで挙げてくださり、ありがとうございます。

2009/05/31 08:30:06

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません