【国語】文春文庫「剣岳」327ページより。「業を海嶽の険に遣るの却て与みし易くして、内業を民舎裡に展するの甚だ苦慮多きに辟易するの際なりき」この全文読み、および全文現代語訳をお願いします。「業」「海嶽」「険」「与みし」「内業」「民舎」「展する」「際なり」すべてわかりません。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/06/03 11:02:33
  • 終了:2009/06/10 11:05:03

回答(1件)

id:mododemonandato No.1

mododemonandato回答回数760ベストアンサー獲得回数772009/06/03 11:39:05

ポイント60pt

「なりわいをかいごくのけんにやるのかえってくみしやすくして、ないごうをみんしゃりにてんするのはなはだくりょおおきにへきえきするのさいなりき」

 「仕事を海や山のような危険な所にやるのは却ってやりやすい、内職を民の家に広げるのは苦しみが多くてうんざりする程である」

 業 なりわい、仕事

 海嶽 海と山

 険 山などのけわしいこと。また、その場所。難所。

 

 与みし易い 相手として扱いやすい。相手として恐れるに足りない。

 内業 内の生業 内職

 民舎 民の家

 展する 展開する、広げる。

 際 物事の程度。ほどあい

 

id:neyorawa

ありがとうございます。

2009/06/04 00:16:27

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません