IBMが最初のPCを開発する際、何故インテルのCPUを採用したのか、

その理由が分かるサイトや文献をご紹介下さい。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/06/08 07:10:04
  • 終了:2009/06/08 13:05:20

ベストアンサー

id:zzz_1980 No.1

zzz_1980回答回数492ベストアンサー獲得回数642009/06/08 09:23:26

ポイント100pt

なぜIBMは、IBM-PCに8088を選択したのか?あたりでどうでしょう。

id:denno

ありがとうございます。大変参考になりました。

ほぼこれで私の望みはかなっています。

万が一、更に違う視点等の情報をいただければ

ありがたいので、もう少し他のお答えもお待ちし

ます。

2009/06/08 09:29:49

その他の回答(1件)

id:zzz_1980 No.1

zzz_1980回答回数492ベストアンサー獲得回数642009/06/08 09:23:26ここでベストアンサー

ポイント100pt

なぜIBMは、IBM-PCに8088を選択したのか?あたりでどうでしょう。

id:denno

ありがとうございます。大変参考になりました。

ほぼこれで私の望みはかなっています。

万が一、更に違う視点等の情報をいただければ

ありがたいので、もう少し他のお答えもお待ちし

ます。

2009/06/08 09:29:49
id:ShinRai No.2

ShinRai回答回数488ベストアンサー獲得回数212009/06/08 12:01:34

ポイント35pt

HPではないですが、この『ブルーマジック』は、IBM PC誕生の舞台裏を描いた大変に興味深い、興奮する内容の本です。


http://books.livedoor.com/item/949919

ブルーマジック―IBM ニューマシン開発チームの奇跡 (リュウセレクション) (単行本)

ジェイムズ クポスキー (著), テッド レオンシス (著), 近藤 純夫 (翻訳)

IBMの恐るべき子供

小型コンピュータ市場を狙え

アップルに照準を定めよ

最初に選ばれた男

純血主義の厚い壁

ついに勝ちとった最終的承認

俺を「ドン」と呼んでくれ

新マシンに「特徴」はいらない

IBMからの突然の電話

ビッグブルーは文句をいわせない

契約締結に向けての最後の仕上げ

私はIBM一筋の人間だ

千載一遇のチャンスか命取りか

会社のイメージを塗り変えろ

このチェス計画に後退は許されない

ボカラトンの反乱

議長を置かないある会合

緊急作戦部隊出動

ビッグブルーが魔法をかけた

成功に醒めやらぬ興奮

ドンを見る目が変わった

手渡された一輪のバラ

称賛の手応えは確かだった

誰がエストリッジを変えたのか

緩やかな官僚主義への道

ジュニア計画はなぜ失敗したのか

さらばIBM

ビッグブルーの誤算

忍び寄る企業介入の影

新しい最高経営責任者

エストリッジの転勤

ダラスに訪れた暗黒の日

そして皆、去っていった

[要旨]

それはかつてない極秘計画だった!その特命を受けた12人の男たちの執念、苦悩、挑戦、謀反、勝利、そして…。本書は500時間の証言に基づき、遂にIBMの仮面を剥ぎとった初のインサイド・ストーリーである。

id:denno

ありがとうございます。面白そうな本ですね。

これにて終了します。

ありがとうございました。

2009/06/08 13:04:53
  • id:ShinRai
    いるかありがとうございます。

    ついでですが、「エデンの西」はご存知ですか。
    これも面白かったです。

    エデンの西―アップル・コンピュータの野望と相剋〈上〉 (単行本)
    フランク ローズ (著), 渡辺 敏 (翻訳)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません