その商品の呼び方が分からないものを買うことの出来る通販サイトはありますか?


例えば「タオルにふんどしのようなヒモが付いてて、頭にバンダナのように巻くのが簡単に出来るようになっているもの」なんてのを買いたいとき、それが何という名前なのか分からないので探せないということがあるようです。

こういう、商品名が分からないものネットで買う方法がある通販サイトはありますか?尚「はてなで聞けば」という回答はご遠慮願います。また「ヒモの付いたタオルの名前」も聞いていませんので悪しからず(後者は一応ポイントは若干差し上げます)。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/06/11 14:54:42
  • 終了:2009/06/16 22:30:30

ベストアンサー

id:cohal No.2

cohal回答回数49ベストアンサー獲得回数132009/06/12 23:12:24

ポイント52pt

商品のイメージはあるが名前が分からないという場合には、サイトのサポートに問い合わせるとたいてい案内してもらえます。

ですので、商品についての問い合わせ窓口を公開している通販サイトであれば、どちらでも希望の商品を探せると思います。

また、たとえばDELLにはチャットサポートがあり、リアルタイムに問い合わせに応答してもらえます。

http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/sales_chat_...


問い合わせせずに自力で探せるサイトとなると、自然文検索のようなアプローチが考えられますが

納得のいく検索結果が得られることが少なく精度も低いため、まだ「探せる」というレベルにはなっていないと思います。

たとえばIKEA(通販サイトではないですが)にはAnnaという会話文で検索できるアシスタント機能がありますが、

あまり複雑な質問や一般的ではない質問だと的確な答えが返ってきません。


例:

http://193.108.42.79:8080/ikea_jp/ikea-jpja.cgi で「折りたためるベッドを探しています」と質問すると

「デイベッド&ゲストベッドはこちらのページからご覧いただけます。」という答えが返ってきて

折りたためるベッドがデイベッド&ゲストベッドというカテゴリーに属していると知ることができます。

しかし、「紐のついたタオル」で質問すると、ギフト包装のページを案内されてしまいます。

id:yamazakura

詳細な回答ありがとうございます。

今のところ、人の脳みそを使うのが一番の早道なのかもしれないですね。あるいは検索するときの言葉の入れ方のコツというか技術みたいなものを確立させるとか。いずれにせよ、名前の分からない商品を買えるようにするかどうかで、通販サイトの機会損失って相当減る気がします。でもそうなると新たな疑問、例えばアマゾンとか楽天とかがその対策をしてないように思えるのはなぜなのでしょう?もっと熱心にしてもいいと思うのに。

2009/06/13 00:13:01

その他の回答(1件)

id:psycho24 No.1

psycho24回答回数586ベストアンサー獲得回数512009/06/11 17:36:03

ポイント18pt

何かしら名前が付いちゃってることが多いので難しいですが

例えに出ているタオルなら「アイディア商品 タオル」とかで検索ですかね

http://www.konna.jp/shop/

id:yamazakura

回答ありがとうございます。

ただそのタオルの検索の仕方を聞いているわけではありませんので、ポイントは低めになる点ご了承ください。

2009/06/11 18:05:58
id:cohal No.2

cohal回答回数49ベストアンサー獲得回数132009/06/12 23:12:24ここでベストアンサー

ポイント52pt

商品のイメージはあるが名前が分からないという場合には、サイトのサポートに問い合わせるとたいてい案内してもらえます。

ですので、商品についての問い合わせ窓口を公開している通販サイトであれば、どちらでも希望の商品を探せると思います。

また、たとえばDELLにはチャットサポートがあり、リアルタイムに問い合わせに応答してもらえます。

http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/sales_chat_...


問い合わせせずに自力で探せるサイトとなると、自然文検索のようなアプローチが考えられますが

納得のいく検索結果が得られることが少なく精度も低いため、まだ「探せる」というレベルにはなっていないと思います。

たとえばIKEA(通販サイトではないですが)にはAnnaという会話文で検索できるアシスタント機能がありますが、

あまり複雑な質問や一般的ではない質問だと的確な答えが返ってきません。


例:

http://193.108.42.79:8080/ikea_jp/ikea-jpja.cgi で「折りたためるベッドを探しています」と質問すると

「デイベッド&ゲストベッドはこちらのページからご覧いただけます。」という答えが返ってきて

折りたためるベッドがデイベッド&ゲストベッドというカテゴリーに属していると知ることができます。

しかし、「紐のついたタオル」で質問すると、ギフト包装のページを案内されてしまいます。

id:yamazakura

詳細な回答ありがとうございます。

今のところ、人の脳みそを使うのが一番の早道なのかもしれないですね。あるいは検索するときの言葉の入れ方のコツというか技術みたいなものを確立させるとか。いずれにせよ、名前の分からない商品を買えるようにするかどうかで、通販サイトの機会損失って相当減る気がします。でもそうなると新たな疑問、例えばアマゾンとか楽天とかがその対策をしてないように思えるのはなぜなのでしょう?もっと熱心にしてもいいと思うのに。

2009/06/13 00:13:01

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません