日本の株式会社の「個人株主数・株式総数」と「法人株主数・株式総数」が解るでしょうか。調べていただきたい。個人イノベーションと法人イノベーションがおぼろげに解るのではと推測しています。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/06/15 18:51:48
  • 終了:2009/06/21 18:55:22

ベストアンサー

id:matsunaga No.1

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872009/06/15 20:55:08

ポイント75pt

東証 : 株式分布状況調査

日本の5証取によるデータが毎年6月に発表されているようなので、今年も間もなく発表されると思いますが、とりあえず平成19年度の資料がこちらで公開されています。

「要約版」でも、

  • 個人株主数(延べ人数)の推移
  • 最近10 年間の上場市場別個人株主数(延べ人数)の推移
  • 最近10 年間の投資部門別株式保有比率推移

などが統計的に示されています。特に、「所有者別株主数」と「投資部門別株式保有状況」が、株主数・株式総数の所有者別のデータとして、お求めのものに近いのではないかと思います。

所有者別持株比率の表で見ますと、平成19年度においては、「金融機関」「事業法人」「外国人」「個人」がそれぞれ20数パーセントで拮抗していることがわかります。「政府・地方公共団体」と「証券会社」は少ない割合にとどまっています。

id:kirin_k

適切な回答ありがとうございました。

2009/06/16 07:13:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません