auのデーター通信(W05K)からe-mobile(D12HW)に乗り換えました。使用感としては、auの方が金額6000円に対して、安定した接続が(何処でも繋がる)保障されているとの感想です。しかし、通信速度が不満な点です。e-mobileに乗り換えたときは、金額の安さ(3000円程度)に対してauほど接続は望めないため、不満なところがあります。速度には満足しています。さて、将来性を考えたとき、e-mobileを続けていくべきかどうか迷っています。安定した接続感はモバイルに不可欠な要素だと思っています。ソフトバンクやFORMAのデーター通信も視野に入れていますが、今後のデーター通信の行方を占った上、将来性のある会社を教えたいただければと思います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人10回まで
  • 登録:2009/06/16 22:41:02
  • 終了:2009/06/23 22:45:02

回答(5件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/06/16 22:57:28

ポイント20pt

NGN時代に備え、携帯電話、モバイル通信、固定電話(有線ネットワーク)を統合したサービス戦略を用意しているのはNTTループとKDDIだけなので、キャリアとして残るのはこの2社だけのような気がします。

イーモバイルは、NGN上のアプリケーション・プロバイダとして残るかもしれませんが、NGNキャリアへ利用料を支払わなければならないので、いまより料金的な魅力は小さくなるでしょう。


直近の動きとしては、auはWiMAXのエリアを積極的に広げていくと思います。

現在、コンシューマ向けにWiMAXサービスを提供しているUQコミュニケーションズは、auの出資会社です。

id:SSRK

auのデーター通信に戻ることについてはどのように考えますか。

また、そのために、auは、将来を見据えたために、現在の通信速度の改善に積極できでないといった考えは成り立つのでしょうか。

2009/06/16 23:24:11
id:kntr1 No.2

kntr1回答回数82ベストアンサー獲得回数142009/06/17 01:00:05

ポイント20pt

DoCoMoが7月1日より新料金プランを導入するようです。

2年の契約を約束することになるそうですが、1パケットあたり0.0126円の3,465円~5,985円と1パケットあたり0.042円の1,000円~5,985円となる

新料金プラン『定額データプラン HIGH-SPEED バリュー』と『定額データプラン スタンダード バリュー』が導入されます。

emobileの1パケットあたり0.042円の1,000円~4,980円

と価格差が1,000円となります。

auのシンプルコース5,985円とは同じ金額になります。

関連記事

ドコモの新料金

新料金に対応したスマートフォンT-01A

という結果を見ると、何処のキャリヤも価格という意味では同じ価格帯になると思われます。

料金的に見れば、安くなっても、違約金を払うと、どんな月額料金が安くてもマイナスになることも考えられるので

2年ごとに一番安くていいものにするしかないような気がします。

エリアの問題については、emobileもかなり頑張ってきたと思います。

質問者様が移動するエリアが圏内ならemobileのほうが安定した速度で使えると思いますが

今後、出張が多いなど使えないエリアに行くのであれば、AuやDoCoMoという選択が必要かもしれませんね。

Next Generation Network(NGN、次世代ネットワーク)の動向は確かに気になりますが、方式も変わる為、対応端末に変えなければいけないという意味では、NGNが登場してから選択するぐらいでいいのではないでしょうか?

id:v_i_e_w No.3

v_i_e_w回答回数160ベストアンサー獲得回数42009/06/17 02:21:54

ポイント20pt

>e-mobileを続けていくべきかどうか迷っています。

e-mobileを続けるべき

>速度には満足しています

速度には満足してるという点で、現状ある欠点をカバーできる可能性があるから。

一番、確実でリスクが低いのは、FORMAのデーター通信です。

ただし、値段が高いんですね。

ソフトバンクはいい加減なので、現状の品質を維持していけるのかも不明。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:pahoo No.4

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/06/17 07:34:59

ポイント20pt

auのデーター通信に戻ることについてはどのように考えますか。

5年程度の中期スパンで考えた場合、トータル・コストで安く抑えたいのであれば、妥当な選択肢だと考えます。

これからポスト3Gへの移行期に入り、NGNが定着するまでの間、さまざまな高速通信サービスが登場していくるでしょう。その時点で最速の通信速度を求めるのであれば、次々に乗り換えていくべきですが、端末機の費用や新規契約料が発生するため合計コストは高く付きます。


au携帯は、今年の春モデルから「WIN」のロゴが消えました。⇒(参考)auケータイから消えた“WIN”のロゴ

上記記事によると料金体系が統一されたからという理由とのことですが、WIN が目指した "We Innovate the Next" に到達したと見ることもできます。


KDDIは次世代(3.9G)の通信方式として、DoCoMoと同じLTEを導入することを発表しています。これが実現すると、下り100Mbps以上/上り50Mbps以上のモバイル通信が可能になるとされています。

とはいえ、電波の割り当てや、バックボーンであるNGNの普及を考えると、今後1~2年でサービス開始するのは難しいとも言われています。

そこで、現行のデータ通信速度の遅さによるユーザー離れを回避するため、WiMAXにも投資しているようです。

auの傘下でWiMAXサービスを開始したUQの田中社長は次のように語っています。

WiMAXは無線LANの延長線上、LTEは電話の延長線上の技術であり、その違いがサービスの違いになる
id:pascal7 No.5

pascal7回答回数582ベストアンサー獲得回数982009/06/17 23:53:06

ポイント20pt

直近の性能で言うとWiMAXかWILLCOM CORE XGPでしょう。

でも、Eモバイルも8月に21Mbpsを始めますよ。

現状は、WiMAXが一番有利そうですが

来年の夏以降は、HSPA+を採用する携帯がE-モバイル以外も現れると思われます。

(ATTもHSPA+考えているそうな)

AUも来年(秋か冬?)はマルチキャリア化 EV-DO Rev.Aで増速します。

3.9Gの時代はドコモ、AU、E-モバイル、ソフトバンク全てLTEになりますので

(開始時期を除き同じになります)

ドコモが2010年12月から2012年月までに実施される予定です。

.

ドコモが2010年と言っているのはほんとに間に合うのかなと思うのですが。

遅れても2011-2012年には3.9Gが始まります。

と言うことは2年縛りで考えると機種変の時期に3.9Gが立ち上がっているかが

不安な点になると思います。

WiMAXかWILLCOM CORE XGPで、3.9Gの開始まで我慢して

3.9Gが始まったらまた買い換えると言うのが良いのでは?

.

7/1日より40 DL/10 UP Mbps

>UQコミュニケーションズ株式会社 --GET WiMAX GET FUTURE

http://www.uqwimax.jp/

>サービスエリア

http://www.uqwimax.jp/service/area/

http://ja.wikipedia.org/wiki/WiMAX

>UQがMVNO向けのモバイルWiMAX料金を公表,月額料金は実質4000円台に

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081107/318715/

.

>ウィルコム、27日から「WILLCOM CORE XGP」実証サービスを開始

>法人限定で山手線内の一部エリアで開始。個人利用は10月以降

>会場デモは下り18Mbps、上り12Mbps前後を計測

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/04/22/23245.ht...

.

>イー・モバイル,21Mbpsの通信サービスでWiMAXに対抗

>HSPA+(high speed packet access plus)方式のデータ通信サービスを8月上旬に開始

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090608/331526/

.

>KDDI、マルチキャリア化によりEV-DO Rev.Aを高速化――LTE導入までの競争力を確保

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0904/23/news100.html

>LTE、商用化へ前進――総務省、4キャリアに3.9Gの周波数帯割り当て

>各キャリアの基地局開設計画(総務省資料より)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません