三井生命保険の「ベクトル」という保険商品に入っています。

今までは親が払っていたので、自分で払うように変更する予定です。
(現在33歳で、26歳のときからかけていたようです。その分、33歳現在から新しい保険に入りなおすよりは多少安いのだと思います)

どうせだから他の保険も検討したいと思いますので(外資系がいいのかなと思ってます)、「ベクトル」の特徴、また他のオススメ保険(長所・短所)など教えてください。特約がどうこう、などの理解が無いので、小学生でも分かるくらい簡単に具体的に金額ベースで教えてください。

理想を言えば、掛け金が安く、障害や病気時の保険金が高く、利回りが高くて積み立てできるものがいいです。
お願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 登録:2009/06/30 15:32:54
  • 終了:2009/07/07 15:35:02

回答(2件)

id:chinya No.1

chinya回答回数566ベストアンサー獲得回数202009/06/30 17:02:46

ポイント35pt

http://www.mitsui-seimei.co.jp/products/vectorx_nyuinhos.htm

を見ましたが、やはり証券を見ないとよく分かりません。

保険商品としては悪くない保障内容です。


保険商品を見るポイントをお伝えします。


○定期保険(掛け捨て)の満期はいつでしょうか?

⇒60歳~70歳に設定されていれば、即刻解約です。

 人間の平均寿命が70歳~80歳であれば、60歳~70歳に死ぬ確率は低く、70歳~80歳に死ぬ確率が高まります。

 つまり、掛けてきた保険料は終身保険料分だけですべてパーになります。


○がん保険の入院特約はついていますか?

⇒死亡保障で安心してはいけません。実は、人間はがんで死にません。

 抗がん剤治療などでカラダの免疫が落ちて、風邪をこじらせて肺炎で死ぬのが一般的です。

 つまり、死因は“がん”ではなくなり、風邪とか肺炎となるので、がんの死亡保障は支払われません。


他にも色々ありますが専門家を呼んで、unagiinuさんにとってベストなプランを出してもらってください。

掛け金が安くて保障内容が手厚い商品を探すより、優れたFP(ファイナンシャルプランナー)を探すほうが

賢明と思われます。ここで解説した内容の10倍20倍もunagiinuさんに親身になって相談やアドバイスしてくれます。


そこでお勧めは・・・

----------------------------------------------------------------

■1.プルデンシャル生命(設計に優れる)

 http://www.prudential.co.jp/prudential/jp/index.jsp


■2.オリックス生命(設計に優れる)

 http://www.orix.co.jp/ins/index.htm


■3.アメリカンファミリー(がん保険をはじめとする医療保険に優れる)

 http://www.aflac.co.jp/

----------------------------------------------------------------

個人的には、プルデンシャルとアメリカンファミリーがお勧めです。


絶対にア●コはやめておきましょう。経営危機だったというのもありますが、

高い格付けを謳い文句にするなんて、入りと出では圧倒的に入りが多く出が少ないんです。

掛け金を徴収するだけ徴収して、怪我したり病気したり死亡しても難癖つけて保険料を・・・

ここまで言えば分かりますよね?

id:unagiinu

すばらしい回答ありがとうございます!

プルデンシャルは仕事上の知り合いに営業の方がいて名詞を貰ってますので、聞いてみようかなと思います。プルデンシャルは皆さん評価が高いですね

ちなみに

定期保険は「定期保険特約」で「終身払」が「60歳」と書いてあります。満期というのは書いてありません。

また、がんの保険は1~4日目5000円、5~124日目10000円、124日目~5000円(日額)とありました。

2009/06/30 17:25:36
id:chinya No.2

chinya回答回数566ベストアンサー獲得回数202009/06/30 18:25:14

ポイント35pt

コメントにしようと思いましたが、受け付けていないのでこちらですみません。

http://q.hatena.ne.jp/answer


定期保険は「定期保険特約」で「終身払」が「60歳」と書いてあります。満期というのは書いてありません。


うーん。60歳で支払いを終えてあとは終身(死ぬまで)保障と捉えていいのだとは思いますが、

詳しくは、お知り合いのプルデンシャルといった生保の営業担当に聞いてみてくださいね。


あと書き忘れましたが、入院保険の入院日額の設定が、法改正により見直すときにきています。

病院側が国から保険料を受け取れなくなるので、患者を退院させようとしているらしいです。

がん患者にも同じ扱いのようです。


つまり、自宅医療の切り替えを奨励する傾向にあるので、長い入院保険で高い掛け金の商品は必要なくって

むしろ保障期間が短くて安い入院保険に切り替えたほうが無難だったりするんです。


保険商品の作り方も(好みではありますが)

----------------------------------------

●終身保険をベースに入院保険特約で1本

●定期保険※をベースにがん保険1本

※お子さんが20歳になるまでにかかる費用分を定期保険で上乗せカバーするなど

↑プルデンシャルには養老保険の一種でリタイアメントインカムという月々保険料が支払われる

 優れた保険商品があります。

----------------------------------------

といったように、複数に分けておいたほうが、いろいろな法改正に対応できるといえるでしょう。

20年先にがん保険は克服されていて、終身保険の特約にしていたら解約できないーなんて

もったいない話になるとイヤですものね?


いずれにせよ、お知り合いの生保担当者に聞いてみてくださいね。

すみません。はてなではこれが限界です(苦笑)


蛇足で、ご存知でしょうが、相互会社系の保険は絶対にやめてくださいね。

相互会社系への加入者=株主扱いですので、経営破たんしたとき、責任をとる=掛け金を丸ごと損する

のは加入者ですから、株式会社にしておいたほうが無難です。そういう意味では三井生命は大丈夫ですね。

id:unagiinu

あーなるほど…

法改正もなども見据えた方がいいんですね。

確かに長期間に係わる商品だから、後から変更できずに現実的に意味の無い保険になってた、なんてことになったら怖いですね。

フレキシブルな変更の効く商品、という視点でも選びたいと思います。

アドバイスありがとうございます。

やっぱりプルデンシャルがいいんですかね

2009/06/30 18:35:13
  • id:itarumurayama
    ニッセイのおばちゃんにだまされて新入社員の際に保険に入らされましたが、
    元上司がプルデンシャルに転職し、その人に勧誘されてプルデンシャルに乗り換えました。

    やはりプルデンシャルは社員の質は高いと思います。
    「遺族年金が受け取れるのだから、その分保障金額を圧縮した方がいい」等のアドバイスを受けましたが、
    ニッセイの際はそのような説明は一切なかった。
  • id:chinya
    確かにプルデンシャルはいいですが、FPと合う合わないかだと思います。
    複数の株式会社系生保会社から資料を取り寄せ、いろいろなFPと会ってから
    一番信用できると思えるところと契約すればいいと思いますよ!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません