リコーのカラーレーザープリンタIPSio SP C710についての質問です。ベルトユニットの寿命が残り1%になりました。IPSiO安心サポートパックに入っているのですが、定期交換部品は含まれないので、ネットで安く購入して、自分で交換できないかと考えております。トナーやドラムはネットで購入したこともあるのですが、ベルトユニットはネットで販売しているのか分かりません。ご存じの方おりましたら、宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/07/09 14:29:08
  • 終了:2009/07/15 10:51:39

回答(3件)

id:nekomanbo56 No.1

nekomanbo56回答回数1138ベストアンサー獲得回数342009/07/09 15:00:20

ポイント14pt

純正では製造していないのではないしょうか。

http://www.ricoh.co.jp/IPSiO/spc/710/support/supply.html

id:suzufumi

今でもドラムユニットやトナーは純正を購入してます。上のHPはあくまで、本体の製造が中止ということだと思いますが・・・。それに、サービスセンタに電話すれば、料金はとられるけど、純正をつけると思います。

2009/07/09 16:22:04
id:kn1967 No.2

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012009/07/09 18:11:07

ポイント40pt

転写ベルトユニットの交換パーツは出回ってないようですし、

トナーやドラムなどの消耗品と違って、ユーザーでの交換は、

考慮されておらず、サポートでないと交換不可だったと思います。


プリンタ本体は生産終了品ではありますが、

まだ在庫を抱えている店舗も多数あるみたいなので、

ベルトなどの定期交換部品を交換するよりも、

新規購入を考えるほうが安上がりかと思われます。

http://kakaku.com/item/00603211180/

(ドラムやトナーなども新品が手に入るわけですし・・・)


nekomanbo56 さんと同じページですが一番下に価格が載っています。

新規購入と比較してみてください。

製品情報 / IPSiO SP C710 | Ricoh Japan

転写ユニット 51,300円 約80,000ページ毎に交換

価格には、カスタマーエンジニアによる交換作業・訪問料金が含まれます。

転写ユニット=ベルトユニット=転写ベルトユニット。

このあたりの用語は統一しておいて欲しいですよね。


※大量印刷する場合は交換部品費も含んだサポートがお得なので、次回からは・・・。

id:suzufumi

有難うございます。新品でも4万円で購入できるのですか・・・。

確かに、買った方が安いですね。ただ、このレーザープリンタはリコーの5年リース品で先月で2年目を迎えたところなのです。

勝手に替えてしまってもいいものなでしょうか?

2009/07/09 19:28:34
id:niwa-mikiho No.3

niwa-mikiho回答回数508ベストアンサー獲得回数382009/07/10 12:03:09

ポイント26pt

故意な破損でもありませんし、(枚数は若干多いかもしれませんが) 普通に使っててそうなったワケですし、

リース品であれば、リースの保証内で出来るはずですよ。

それに、カウンタ料金に故障時の補償金も含まれているはずなので、あんしんサポートとか

そういったサポートの前にリースするときに窓口となった会社 (例えば リコー販売 さんなど) に

お電話して聞いて下さい。


そういったところで難色示すようであれば、代理店そのものを変更すべきかと思います。



うちの会社でも使ってますが、リコー販売はおすすめですよ(笑

http://dummy/

id:suzufumi

カウンタ方式ではありません。

リコーのサービンセンターに問い合わせたら、51,300円もかかると事。

ネットで調べたら、新品でも39800円(送料込み)(消耗品込み)で買えます。

プリンタに、ベルト交換のメッセージが出ても、印刷品質が低下するだけで使えないことはないそうなので、ギリギリまで使って、どうしようも無くなったら、新品に交換しようと思います。

2009/07/13 14:17:21
  • id:nekomanbo56
    nekomanbo56 2009/07/09 16:49:42
    他社、他の機種ではベルトユニットで機種によっては販売していますが。
    こちらに関しましては見つかりませんでした。
    お力になれなくてすいません。
  • id:kn1967
    リース品を勝手に交換することは出来ませんから、追加購入という事になりますね。

    50-80万くらいするコピー機などでも3年リースくらいが妥当だと思うのですが、
    発売時の希望小売価格が16万円程度のものを5年リースにしたのは痛いですね。

    しかしながら、転写ベルトユニットの交換時期に達するほど使ったのであれば、
    元は取れているかもしれません。5年間のリース総額を「購入金額+ローン金利」だと、
    考えると判りやすいでしょう。元が取れていれば、あとは動かなくなるまで使って、
    ローン残高を返すというような感覚でよろしいのではないでしょうか?

    追加購入については、
    ユニット交換と、トナーやドラムなどの消耗品を一度に買ったと思えば高くないと思います。

    問題点があるとすれば、置き場所を取るという点ですが、テレビ台などとして、
    売られている背丈の低いメタルラックなどを使うと安価で済ませられます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません