【第二回】<絶対にネタバレを見てはいけない小説>を教えて下さい。

以下の条件すべてを満たしての回答をお待ちしてます。

★途中やラストに何がしかの真相が明かされ、怒涛の展開・どんでん返しがあるためネタバレを先に絶対に知ってはいけないと思われる小説であること。

★この作品、絶対おもしろいから読んで欲しい、もちろんネタバレ見ずに読んで欲しい、そして驚いて欲しいと回答者が強く思う作品であること。

★ミステリー小説はあえて除外してください(ごめんなさい)。ホラー作品ならミステリ要素あってもOKとします。それ以外のジャンルももちろんOKです。

★回答者様のお言葉での作品の紹介や感想(もちろんネタバレはなしで)もお願いします。

★【第一回】のときにお勧めいただいた作品をコメント欄にUPしておきますのでその作品は避けてください。

参考:【第一回】http://q.hatena.ne.jp/1189506760

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/07/11 19:43:53
  • 終了:2009/07/18 07:16:01

回答(9件)

id:dabloger No.1

dabloger回答回数54ベストアンサー獲得回数32009/07/11 20:03:43

ポイント18pt

谷間のゆり (岩波文庫)

谷間のゆり (岩波文庫)

  • 作者: バルザック
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

「谷間のゆり」この作品はなにもいわずとにかく最後まで読んで欲しい作品です。(うかつに書けない)先に最後を読んでしまうと面白さが減ると思うので。

闇の傀儡師(カイライシ) (上) (文春文庫 (192‐8))

闇の傀儡師(カイライシ) (上) (文春文庫 (192‐8))

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • メディア: 文庫

闇の傀儡師(カイライシ) (下) (文春文庫 (192‐9))

闇の傀儡師(カイライシ) (下) (文春文庫 (192‐9))

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • メディア: 文庫

「闇の傀儡師」伝奇時代小説なので、好き嫌いがあると思うのですが、私はそのまま読み続けて、あっ、と思った作品です。先にあらすじ知ってるとこれも面白みが減るように思います。

発狂した宇宙 (ハヤカワ文庫 SF (222))

発狂した宇宙 (ハヤカワ文庫 SF (222))

  • 作者: フレドリック・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

「発狂した宇宙」ミステリーではありませんが、あるいみ謎解きな部分はあるので、ネタバレはしないほうが面白く読めると思います。

id:lunlunlun

おお、さっそくの回答をありがとうございます!

個人的に、谷間のゆりがめっちゃ気になります。

人妻との恋・・・(・∀・)イイ!!

「発狂した宇宙」については、いえいえ今回はミステリ対象外ですのでありがたいです!

これもありがとうございます★

2009/07/11 20:09:17
id:tako-steak No.2

tako-steak回答回数12ベストアンサー獲得回数02009/07/11 20:55:29

ポイント18pt

宇宙戦争 (創元SF文庫)

宇宙戦争 (創元SF文庫)

  • 作者: H.G. ウェルズ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

SF小説です。けっこう意外なラストです。

こんな感じのことが実際に人間の身に起きたりして…とか思っちゃいます。


羊をめぐる冒険

羊をめぐる冒険

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア:

これは「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」に続く三部作の完結編です。

「風の歌を聴け」から読んでいただきたいです。

自分は読んだあとちょっと凹みました。

でも自分の最も好きな小説のひとつです。


華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

親子喧嘩です。

これは自分の中では衝撃で言ったら一番です。

長いですが読まれてなかったら是非読んでいただきたいです。^^

id:lunlunlun

前の第一回のときにも思ったのですが、意外とどんでんがえし小説がSFに多いというのは驚きですね。

ご紹介をありがとうございます!

華麗なる一族への説明「親子喧嘩です」には笑いました(笑)

詳しくは知らないのでどんでん返しにわくわくしつつ読ませていただきます!

2009/07/11 21:01:39
id:goldwell No.3

goldwell回答回数502ベストアンサー獲得回数612009/07/11 22:17:47

ポイント18pt

SF

タイムスリップもの。

いわゆるタイムパラドックスによってどのような結末が訪れるか、あるいは長年歴史上の謎とされていたのがタイムスリップによって明かされるってやつですね。ただし感が鋭い人ならば途中で結末が読めてしまうのが弱点なので、そのへんでちょっと悩みました。

まず『マイナス・ゼロ』を挙げようとしたら第1回に出ていましたので、それを上回ると思う作品をお薦めします。

ロバート・J.ソウヤー『さよならダイノサウルス』

恐竜絶滅の謎を探るために白亜紀にタイムスリップした科学者二人。そのアイデアも含めてタイムスリップものの中では衝撃度はかなりのものでした。

さよならダイノサウルス (ハヤカワ文庫SF)

さよならダイノサウルス (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ロバート・J. ソウヤー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

↓簡単な紹介とレビュー(若干途中のネタバレ有り・ラストはネタバレ無し)

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20090509/1241869469



ホラー

実は○○だった結末が怖い系。最後に明かされた衝撃の事実により、途中不審に感じた点に納得がいくと同時にぞわーっと怖さを感じます。

吉岡暁『サンマイ崩れ』

朱川湊人『白い部屋で月の歌を』

サンマイ崩れ (角川ホラー文庫)

サンマイ崩れ (角川ホラー文庫)

  • 作者: 吉岡 暁
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • メディア: 文庫

白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫)

白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫)

  • 作者: 朱川 湊人
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

同じラストでも『サンマイ崩れ』はなぜか納得を、『白い部屋で月の歌を』は物悲しさを感じましたね。

↓簡単な紹介とレビュー(ネタバレ無し)

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20080818/1219069039

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20081005/1223214064


サスペンス

コニー・ウィリス『航路』

航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: コニー ウィリス
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • メディア: 文庫

航路 下 (ヴィレッジブックス F ウ 3-2)

航路 下 (ヴィレッジブックス F ウ 3-2)

  • 作者: コニー・ウィリス
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • メディア: 文庫

人間は臨死体験時に見るイメージは何を意味するのか。新開発の薬によって自ら臨死体験を試みようとする主人公。

とにかく前半がまどろっこしいくらい長く感じますが、核心に迫る頃から怒涛の展開。

最後まで読み終えたか、途中で断念するかでこの作品に対する評価は極端なほど変わると思います。

id:lunlunlun

たっぷりですね!!

タイムスリップものはあんまり読んだことがないわたくしですから、非常にありがたいです。

航路のほうは、前から気になっていたのですがまだ読んでいなかったのでこれを機会に読みたいと思います!

がんばって最後まで読むです!

2009/07/11 22:27:02
id:paluko No.4

ぱる子回答回数147ベストアンサー獲得回数212009/07/11 22:20:34

ポイント18pt

失われた時を求めて〈1 第1篇〉スワン家のほうへ (ちくま文庫)

失われた時を求めて〈1 第1篇〉スワン家のほうへ (ちくま文庫)

  • 作者: マルセル プルースト
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

厚めの文庫本で全10巻。世間で言う「ネタバレ」とは

ちょっと違うかもしれませんが、最終巻の半分を過ぎたあたりで

それまでの読書体験にはなかった、「人生そのもの」に通じる

ような驚きを感じました。1巻目の半分までは読み進めるのに

相当の忍耐力を要しますが、そこを越えてしまえば案外すらすらと

興味本位で読み続けられます(社交界のゴシップ描写など多いので

週刊誌に通じるような感覚も)。お時間のあるときにぜひ。


オズワルド叔父さん

偶然の出来事から、老若男女とわず誰でもたちまち「発情」

させる力のある生薬(ブリスター・ビートル)を発見した

オズワルド伯父さん。もちろんこれでひと儲けを考えるわけ

ですが…その後の展開に「二回転半」くらいのひねりが

入ってます。ダールは短編でも一筋縄ではいかない作品が

いくつもあって、オススメです。

id:lunlunlun

おお、長編のお勧めもあるのですね。

オズワルド叔父さん、二回転半くらいのひねりという説明が非常に気になります(笑)

ご紹介をありがとうございます★

2009/07/11 22:29:16
id:sylphid666 No.5

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902009/07/12 00:37:16

銀河英雄伝説

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

二人の主人公を中心に銀河系で行われる最善の専制君主制対最悪の民主政治の戦いを各人の思いを込めながら全10巻で描かれる長大なスペースオペラです。

個人的には2巻と8巻の展開がそう来るか、と思った記憶があります。

他にはミステリーは除外と言うことなので、対象外になりますが、「葉桜の季節に君を想うということ 」という作品は面白いです。

前回の質問を拝見させていただいたところ、ハサミ男を読まれているようでしたので、あの作品を楽しまれた方であればこの作品も楽しめると思います。後者はご参考までに。

id:lunlunlun

既読です。わたしとしてはどんでん返しやネタバレ不可な印象はあまりなかったような気がしますが、たしかに楽しめる作品でした。わたしはミーハーなので同盟軍より帝国軍派です(笑)



引き続き皆様からの「どんでん返し・ネタバレ絶対不可小説」をお待ちしております★

2009/07/12 05:39:27
id:shinok30 No.6

shinok30回答回数143ベストアンサー獲得回数102009/07/12 10:46:15

ポイント17pt

「ミステリー小説はあえて除外してください」

とのことですが,それでもあえてミステリー小説です

ロートレック荘事件 (新潮文庫)

ロートレック荘事件 (新潮文庫)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

紹介文に「前人未到のメタ・ミステリー」とあるように,

ミステリーだと思って読み進めると騙されますから

    

ミステリーじゃないと思って読んでもやっぱり騙されるんですけどね

 

 

もう一つは

影が行く (ハヤカワ・SF・シリーズ (3161))

影が行く (ハヤカワ・SF・シリーズ (3161))

  • 作者: ジョン・W・キャンベル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 新書

に収録されているジョン・W・キャンベルの「盲目――Blindness」

 

新しいエネルギー発見のために太陽を探査した博士の話なんですが,

強烈な太陽光線のために視力を失った博士が,

地球に戻った時,待っていたものは予想外の賞賛と落胆だったというラストです

  

 

あと,この作品は創元SF文庫

影が行く―ホラーSF傑作選 (創元SF文庫)

影が行く―ホラーSF傑作選 (創元SF文庫)

  • 作者: フィリップ・K. ディック ディーン・R. クーンツ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

の方には収録されていないので注意して下さい

id:lunlunlun

>>「ミステリー小説はあえて除外してください」とのことですが,それでもあえてミステリー小説です

お気持ちはわかりますが、条件を守っていただけると助かります。きっと、ミステリーをOKにしたらこの質問にはもっとたくさんの回答がつくことは質問者も承知の上での条件設定なのです(^^;)


「盲目――Blindness」のほうは、これって印象としてはSFになるのでしょうかね?ラストが楽しみです(^^)

2009/07/12 23:11:08
id:trivial No.7

trivial回答回数18ベストアンサー獲得回数02009/07/12 22:09:06

ポイント17pt

長篇と短篇それぞれ1篇ずつ挙げておきます。

まず『ハローサマー、グッドバイ』。

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)

  • 作者: マイクル・コーニイ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • メディア: 文庫

これは地球人とよく似た異星人の登場する青春恋愛SFです。

読んでいるほうが気恥ずかしくなるほど甘酸っぱい恋愛模様が繰り広げられます。

そして……ああ、この先は決して書くことができません!

ぜひご一読を!

もうひとつは「可哀相な姉」。

戦前の名作探偵小説短篇として知られており、アンソロジーにもよく収録されています。

「ミステリー小説はあえて除外してください」という条件に違反するかもしれない、と

一瞬思いましたが、この小説が探偵小説にカテゴライズされたのは、

作者が「新青年」の編集者であり(この作品自体の初出誌も「新青年」です)、

当時の探偵文壇と縁が深かったことなど、作品外の事情によるところが大きく、

現代の読者が予備知識なしに読んだときに、ミステリだと思う人は少ないでしょう。

現に非ミステリ系の名作集にも採られています。

短篇礼讃―忘れかけた名品 (ちくま文庫)

短篇礼讃―忘れかけた名品 (ちくま文庫)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

また、青空文庫でも読むことができます。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000020/files/195_26091.html

id:lunlunlun

>>青春恋愛SF

キターーーという感じです(笑)これでなおかつネタバレ不可とかものすごく美味しい作品な予感が!必ず読みます。


>>ミステリー小説はあえて除外してください

ミステリ系統は犯人とかが存在するので基本どれもネタバレ不可小説になるという理由から条件外にしています。

ただ、ミステリなのかどうなのかカテゴリーに悩む方もいらっしゃることも重々承知しております。お気遣いありがとうございます。


前の第一回でも書きましたが、、アマゾンの紹介文のみが私の判断基準なので条件内か条件外か正しく判断できているかどうか不安です。ある程度は大目に見てください、申し訳ないです。


一応参考に、ウィキペディアのミステリの定義を載せておきます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A...

2009/07/12 23:19:24
id:yu_to No.8

回答回数2ベストアンサー獲得回数02009/07/13 18:40:41

ポイント17pt

百年の孤独

百年の孤独

  • 作者: G. ガルシア=マルケス
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 単行本

ガルシア・マルケス『百年の孤独』は如何でしょうか。

ミステリ好きの自分もラストで驚愕しました。

マコンドの地に移り住んだブエンディア一族の百年に渡る物語です。


夜市

夜市

  • 作者: 恒川 光太郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

恒川光太郎『夜市』

著者のデビュー作で、日本ホラー小説大賞受賞作です。

表題作以外に『風の古道』という中編が収録されています。

どちらのストーリーも「こうなるんじゃないかな?」という予想を

良い方向に見事に裏切ってくれました。

文庫版([asin:4043892012])も出ているようです。


自分もこちらの質問を参考に読みたい本を探したいと思います♪

id:lunlunlun

百年の孤独キターーー!

前から気になっていて、本屋さんでも前半だけちらっと読んだことがあります。かなり分量は多かったように記憶していますが、驚愕があるのであれば読むべきですね!読みますv


夜市、アマゾンの紹介文にやられました。ホラー大好きなので楽しみたいと思います。


>自分もこちらの質問を参考に読みたい本を探したいと思います♪

おお、ぜひぜひ★

2009/07/14 05:27:28
id:nameress No.9

クロス回答回数61ベストアンサー獲得回数22009/07/14 01:25:38

ポイント17pt

12月のベロニカ (富士見ファンタジア文庫)

12月のベロニカ (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 貴子 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • メディア: 文庫

一人の少女を守る為騎士になった少年の物語。

正統派ファンタジーでありながらこの展開は巧いと思いました。

戦場ならではの男臭い友情が良いです。

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 乙一
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

短編集。

映画化もされた恋愛ファンタジー。

ミステリーのイメージが強い作者ですが、初めて読んだのが

この作品で一番好きです。

桐原家の人々 (1) 恋愛遺伝学講座 C・novels fantasia

桐原家の人々 (1) 恋愛遺伝学講座 C・novels fantasia

  • 作者: 茅田 砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 新書

ほのぼのホームコメディ。

ある悩みを抱える高校生が家族の秘密を暴こうとします。

家族とは何か?と考えさせられます。

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))

  • 作者: 時雨沢 恵一 黒星 紅白
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • メディア: 文庫

ファンタジーというか童話というか。

しゃべるバイクと旅をする主人公がいろんな国でいろんな人と

出逢い、いろんな物を見て、いろんな経験をする。

あらすじを書くと本当に只それだけ何ですが。

読んだ後に何とも言えない気持ちになります。

冷たい方程式 (ハヤカワ文庫 SF 380 SFマガジン・ベスト 1)

冷たい方程式 (ハヤカワ文庫 SF 380 SFマガジン・ベスト 1)

  • 作者: トム・ゴドウィン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

短編集。

表題作はSF古典の傑作と言われていて、自分もそれで読んでみたの

ですが、結構ブルーになりました。

これはあらすじを書くだけでネタバレになりそうなので

書きません。

id:lunlunlun

おおっ、たくさんの紹介をありがとうございます。

ライトノベル系ももちろん大歓迎ですよ!

冷たい方程式は短編集なのですね。


>これはあらすじを書くだけでネタバレになりそうなので書きません。


この紹介文がたまらんです。必ず読みますね!


引き続き皆様からの回答をおまちしてます!

2009/07/14 05:26:26
  • id:lunlunlun
    【第一回】でお勧めしていただいた絶対にネタバレを見てはいけない小説の一覧です。
    以下の作品の回答はお控えください。

    死者の書

    我らが影の声

    蜂工場

    闇に待つ顔

    星を継ぐもの

    マイナス・ゼロ

    イニシエーション・ラブ

    十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)

    亜空間要塞の逆襲

    瓶詰地獄

    リング

    らせん

    ループ

    ハリーポッターシリーズ

    アクアリウムの夜

    アルジャーノンに花束を

    悪童日記三部作

    繰り世界のエトランジェ

    ナポレオン狂

    ようこそ地球さん

    玩具修理者

    大地をわたる声を聞け

    氷と炎の歌シリーズ

    パイの物語
  • id:lunlunlun
    5の回答者様、こちらのミスでポイントが送れませんでした。
    申し訳ございません。
    直接ポイントをお送りさせていただきたいと思います。
  • id:sylphid666
    ご配慮いただきありがとうございます。
    個人的には2巻でキルヒアイスが、8巻でヤンが死ぬという展開が読んでいて衝撃が大きかったので、ネタバレなしという意味で書かせていただきました。
    ヤンは題名にも魔術師還らずとあったり皆殺しの田中という異名を知るに従ってあるかなと思っていたのですが、序盤でキルヒアイスという重要人物を殺すのは読んでいた当時は驚きが大きかった記憶があります。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません