【日本語サブドメイン】


日本語でサブドメインを作ろうと思っています。

例えば、
http://日本語.example.com/
の場合、
http://xn--wgv71a119e.example.com/
となるわけですが、
http://xn--wgv71a119e.example.com/
に直接アクセスされたときに、
http://日本語.example.com/
と表示させたいので、.htaccessに
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(xn--wgv71a119e\.example\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) http://日本語.example.com/$1 [R=301,L]
とやってみたのですが、うまくいきません。

リダイレクト後の日本語の部分が、url encodeっぽくされているみたいです。(そりゃそうか)

http://xn--wgv71a119e.example.com/
に来たときに、
http://日本語.example.com/
に移動させたい(ブラウザのアドレス欄に表示させたい&Googleなどのロボットに日本語で覚えさせたい)場合は、
どのようにすればいいでしょうか??

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/07/14 16:19:20
  • 終了:2009/07/14 17:19:48

ベストアンサー

id:y-kawaz No.1

y-kawaz回答回数1420ベストアンサー獲得回数2252009/07/14 16:52:31

ポイント60pt

ホスト名の Punycode 部分を実際に日本語表示をしたりするのはブラウザの役目ですので基本的には全て Punycode 表記にしておけば良いです。


今試してみましたが、以下のブラウザは全て Punycode URLにアクセスするとアドレスバーが日本語表示になりました。またリンクのマウスオーバー時にもステータスバーに表示されるURLも日本語になるようです。

  • IE 8
  • Firefox 3.5
  • Google Chrome 3.0.193.0
  • Opera 9.64
  • Safari 4.0.2

また、GoogkeやYahoo等のロボットもPunycode表記のリンクを解釈して、検索結果にきちんと日本語ホスト名が出ることが確認できますよ。

id:keijiro

ありがとうございます。

ロボットは、Punycode表記、解釈してくれるんですね!

あと、こちらの環境で試してみたところ、分かったのが、

firefox 3.0系だと

日本語.example.com

だと

xn--wgv71a119e.example.com

と表示されますが、

日本語.example.jp

だと、日本語がきちんと表示されるみたいです。

2009/07/14 17:19:19
  • id:keijiro
    【追記】
    IE8で
    http://xn--wgv71a119e.example.com/
    にアクセスしたら、
    http://日本語.example.com/
    とアドレスバーに表示されました。

    Firefox3.xは、
    http://xn--wgv71a119e.example.com/
    にアクセスしても、
    http://日本語.example.com/
    にアクセスしても、
    http://xn--wgv71a119e.example.com/
    と表示されちゃいます。
  • id:JULY
    Firefox の場合、デフォルトでは、トップレベルドメインによって、punycode を逆変換するかどうか決まります。

    Firefox の URL を入力する欄に「about:config」と入力し、「おい!、注意しろよ!」という警告の先に進んで(この警告は Ver 3.5 以降からだと思う)、フィルタの欄に「idn」と入力すると、「network.IDN.whitelist.なんちゃら」というのがたくさん出てきます。「なんちゃら」のところがトップレベルドメインに該当しますが、このエントリが存在していて、かつ、値が true となっていれば、逆変換して表示します。

    参照:
    http://null.michikusa.jp/config/config_n.html

    なぜこんなことをしているかというと、UNICODE で表示できる文字によっては、見た目が紛らわしい文字があります。この紛らわしい文字を使うと、一見、正式な URL に見えるけど実は詐欺サイト、というのが作る事ができます。

    参照:
    http://日本語.jp/access/phishing.html

    このような紛らわしい文字を使ったドメイン名を登録されないように、レジストラがちゃんとチェックしていると Mozilla.org が判断したものが、先の「network.IDN.whitelist.なんちゃら」として登録されていることになります。つまり、jp を管轄する JPRS ではちゃんとチェックしていて、com を管轄するレジストラでは、ちゃんとチェックできているか怪しい、と、Mozilla.org は判断していることになります。

    Mozilla.org の判断基準が具体的にどのようなものか、というところまでは調べていませんが、おそらく、「network.IDN.whitelist.com」というのを自分で作成して、true とすれば、「日本語.example.com」でも、punycode を逆変換して表示すると思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません