緊急保障制度とセーフティーネット貸付はちがうんでしょうか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/07/27 23:47:34
  • 終了:2009/08/03 23:50:02

回答(2件)

id:sk_kls No.1

sk_kls回答回数26ベストアンサー獲得回数12009/07/28 00:18:01

ポイント35pt

「セーフティネット貸付」と「緊急保証制度」 :政府広報オンライン

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200903/4.html


簡単にまとめると・・・


====緊急保障制度============================================


【融資機関】

  金融機関から中小企業への融資

【利率】金融機関所定の利率

【メリット】

  信用保証協会が100%保証

【デメリット】

  0.8%以下ながら、保証料あり

  事業所所在地の市区町村での認定と、金融機関または保証協会への申込みが必要


====セーフティネット貸付====================================


【貸付機関】

  政府系金融機関である日本政策金融公庫(日本公庫)が資金を貸し付ける

【利率】(中小企業)1.95%、(小規模企業)2.40%

【メリット】

  長期固定の低金利

  中小企業なら、貸付限度額が7億2,000万円

【デメリット】

  不明

id:buyout

大変わかりやすい回答有難うございました!

2009/07/28 09:29:12
id:nekomanbo56 No.2

nekomanbo56回答回数1138ベストアンサー獲得回数342009/07/28 04:48:12

ポイント35pt

信用保証料率が違うのではないでしょうか。

据置期間1年と2年の違いがあります。

http://www.miyagi-shinpo.or.jp/index.cgi?cid=15


緊急保障制度の方は期間が平成22年3月末までです。

http://www.miyagi-shinpo.or.jp/index.cgi?cid=102

id:buyout

有難うございました!

2009/07/28 09:29:29

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません