クラシック音楽に詳しい方、教えてください。


以前朝比奈氏が指揮するブルックナーのCDを聴いたのですがジャケットには「ハース盤」と書かれていました。この「ハース盤」とは何なのでしょうか?語源由来含めまして明細を知りたいとおもっています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/07/29 17:49:31
  • 終了:2009/08/05 17:50:02

ベストアンサー

id:peach-i No.1

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932009/07/29 20:22:02

ポイント35pt

http://www.salon.kotenha.com/aquarius777/archive/40/0

<2つの原典版 ~ハース版とノヴァーク版>

初演時に出版された楽譜は、いずれも改訂版(改悪版)によるものが多く、ブ

ルックナーの死後、1930年代になり、国際ブルックナー協会が設立され、ロバ

ート・ハースを中心に、ようやく本来のブルックナーの原典版が出版されまし

た。これがハース版です(3番はエーザー、9番はオレルとの共同)。

しかしハースの復刻作業は、ブルックナーの意図に従いつつも、各曲の決定版

を創ろうとしたため、作曲者自身の第2稿や最終稿をベースにしながらも、第1

稿からも、魅力的な箇所や、惜しくも削られたところを、つなぎ合わせたりし

たものもあり、学究的には、オリジナルではなく、折衷稿となってしまいまし

た(2番と8番)。

1950年代に入り、後任のノヴァークは、こうしたハースの姿勢を批判し、ブル

ックナー自身による最終稿である第2稿(曲によっては第3稿)を中心にこれを

"決定稿"と見なし、出版しました。しぶしぶであったにせよ、ブルックナー自

身による最終稿を決定とする立場。これが一般的に言われるノヴァーク版です。

このハース版(第1次批判全集)と、ノヴァーク版(第2次批判全集)を総じて

「原典版」と言っています。また近年になり、ノヴァークは、第1稿、第2稿を、

それぞれそのままの形で出版していき、問題作であった3番、4番、8番の第1稿

がついに、陽の目をみることとなったのでした。

整理すると、制作年代は、第1稿、第2稿と続き、第3稿、あるいは改訂版とな

りましたが、楽譜の出版は、これと全く逆の順でされたわけです。

その他の回答(4件)

id:peach-i No.1

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932009/07/29 20:22:02ここでベストアンサー

ポイント35pt

http://www.salon.kotenha.com/aquarius777/archive/40/0

<2つの原典版 ~ハース版とノヴァーク版>

初演時に出版された楽譜は、いずれも改訂版(改悪版)によるものが多く、ブ

ルックナーの死後、1930年代になり、国際ブルックナー協会が設立され、ロバ

ート・ハースを中心に、ようやく本来のブルックナーの原典版が出版されまし

た。これがハース版です(3番はエーザー、9番はオレルとの共同)。

しかしハースの復刻作業は、ブルックナーの意図に従いつつも、各曲の決定版

を創ろうとしたため、作曲者自身の第2稿や最終稿をベースにしながらも、第1

稿からも、魅力的な箇所や、惜しくも削られたところを、つなぎ合わせたりし

たものもあり、学究的には、オリジナルではなく、折衷稿となってしまいまし

た(2番と8番)。

1950年代に入り、後任のノヴァークは、こうしたハースの姿勢を批判し、ブル

ックナー自身による最終稿である第2稿(曲によっては第3稿)を中心にこれを

"決定稿"と見なし、出版しました。しぶしぶであったにせよ、ブルックナー自

身による最終稿を決定とする立場。これが一般的に言われるノヴァーク版です。

このハース版(第1次批判全集)と、ノヴァーク版(第2次批判全集)を総じて

「原典版」と言っています。また近年になり、ノヴァークは、第1稿、第2稿を、

それぞれそのままの形で出版していき、問題作であった3番、4番、8番の第1稿

がついに、陽の目をみることとなったのでした。

整理すると、制作年代は、第1稿、第2稿と続き、第3稿、あるいは改訂版とな

りましたが、楽譜の出版は、これと全く逆の順でされたわけです。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 pahoo 5960 5695 633 2009-07-29 18:21:51
2 rsc 4398 3783 403 2009-07-29 18:28:49
3 owada 159 141 25 2009-07-29 19:16:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません