私の実名を含む虚偽の名誉棄損情報が、あるブログのコメント欄などに投稿され続けています。

これについて、当該ブログの管理者は名誉棄損とは考えない、として、削除することを拒絶する意思を表明しています。
この場合、管理者を名誉棄損の幇助または共同正犯として罪に問うことは可能でしょうか。
また、その場合、量刑または罰金等はどの程度になるでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/07/30 12:09:51
  • 終了:2009/08/06 10:04:35

回答(14件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/07/30 12:29:53

ポイント17pt

名誉毀損で訴える前に、プロバイダ責任制限法に基づき、リンク先に示されている手続きにより、送信防止措置(削除)依頼をブログ管理者に求めます。同法では「プロバイダ等」となっていますが、ブログ管理者もこれに含まれます。それが明らかな名誉毀損であれば、ブログ管理者は削除に応じなければなりません。

応じないのであれば、裁判で争うことになります。争点はプロバイダ責任法違反です。


裁判になることを想定し、依頼手続きは内容証明郵便で行うことが望ましいですが、おそらくブログ管理者の実名・連絡先は明示されていないでしょう。

その場合は、当該ブログを提供するプロバイダに対し、同様にプロバイダ責任制限法に基づき、ブログ管理者の情報開示を求めます。開示申請は冒頭のリンク先にある通りです。

ここでプロバイダが情報開示拒否をした場合は、そのプロバイダを相手に裁判を起こします。さすがにプロバイダの責任者、住所は明示されているでしょうから。

id:matsunaga

プロバイダ責任法では難しいような気がするのです。

2009/07/30 14:43:47
id:winbd No.2

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432009/07/30 13:50:24

ポイント17pt

まず、名誉毀損というのは法律上、民事と刑事の両方があります。

名誉毀損罪は刑事であり、それを判断するのは警察です。

ですから罪に問うことが出来るかどうかは警察に聞いてみないとわかりません。

もし警察が名誉毀損罪にあたると判断すれば、当事者だけではなく管理者も幇助として罪に問うことが出来るでしょう。

法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金です。


民事訴訟であればどちらに対してでも自由に訴えることが出来ます。

http://q.hatena.ne.jp/1248923390

id:matsunaga

カネがほしいわけではないし、名誉棄損を金銭に換算する気もありませんので、刑事を念頭に置いています。

2009/07/30 14:35:53
id:Newswirl No.3

Newswirl回答回数210ベストアンサー獲得回数242009/07/30 14:02:46

ポイント17pt

はてな利用規約でも同じですが、ブログを開設する際やユーザー登録する際に、管理者がブログ開設者に対して、利用規約に同意するように促すわけですね。そこには「当事者間の諸問題による損害は、当社(運営者)の故意又は重大の過失による責がない限り、その損害は賠償はし兼ねる」という主旨のものが大抵載っているかと思います。

サーバー運営者は、第三者の個人情報を流出させ、または、誹謗中傷を企てるユーザーに適当な方法で、注意・警告・削除等々を行うように努力することを求められていますが、極端に酷くない限り、ユーザーが第三者に負わせた損害について賠償する立場には無いようです。早急な対処を行わないことが不作為であるか否かは客観的にわかりにくいようなので。

運営者側に、苦情を行って、記事の保管・削除、又は、ユーザーの停止を要請するのが望ましいでしょう。

2ちゃんねるの書き込み削除命令 名誉棄損で山形地裁 - 47NEWS(よんななニュース)

id:matsunaga

賠償は別にいらないのです。名誉棄損行為を放置することで自らの手を汚さずに名誉棄損行為を続け、それでいて自分が名誉棄損されたと虚偽の宣伝をし続けている人間に、自分のやっていることを理解し、理解できないのなら刑事で罪を償ってほしいと思っているだけです。

2009/07/30 14:39:36
id:hamster006 No.4

hamster006回答回数283ベストアンサー獲得回数32009/07/30 12:53:58

ポイント17pt

名誉棄損はデリケートな法律で、適用には慎重な動きがあります。

ブログにコメントを寄せた人に対してはできるでしょうが、その管理者に悪意があるとかでなければ適用は難しいでしょう。

名誉棄損にあたるか、信用棄損に当たるか、侮辱罪にあたるかで、量刑や罰金は変化します。

今回のケースが刑事事件に該当する名誉棄損か、民事で考える名誉棄損かによっても罪に問えるかどうかが分かれます。

ただ、量刑や罰金や慰謝料などは、微々たるものと考えたほうがいいでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8...

id:matsunaga

管理者が、その投稿を正しいと認めるかのような発言をしている場合、あるいはその投稿を受け入れるという意思表明がある場合は、悪意があるとみなされないでしょうか。

罰金や慰謝料が微々たるものであるかどうかはどうでもいいのです。カネなんか払ってもらっても、汚らわしいとさえ思います。

たとえ執行猶予付きでもかまいませんから、「有罪」という前科をもって、自らのなしたことを償ってくれればよいのです。


どうでもよい話ですが、別の悪質不良回答者hamster00x氏と同一人物かと思って回答を開くのをためらってしまいました。すみません。

2009/07/30 21:51:55
id:moechara No.5

moechara回答回数29ベストアンサー獲得回数22009/07/30 16:31:51

ポイント17pt

警察に直接相談に行かれることをお勧めしますが

恐らく名誉棄損として掲示は難しいです。


放置するか、放置が我慢ならない場合は

プロバイダ責任法でとことん追っていくことになります。

http://www.npa.go.jp/cyber/

id:matsunaga

放置していると、私があたかも何か違法行為を行なっているかのような風説が広められ続けるので、困っています。

訴えられてもいない裁判に関係しているかのように言い広められていたり。

それをまた鵜呑みにして広める人たちもいます。

プロバイダ責任法というのもあまり当てにならないように思います。

警視庁の情報セキュリティ広場の電話番号はいつかけてもつながりません。

2009/07/30 19:58:59
id:oike2006 No.6

麻鈴音回答回数49ベストアンサー獲得回数02009/07/30 20:15:18

私の場合は、某掲示板に、とても不快な書き込みされました。

実名でないのですが、ハンドルネームで、わかる人にはわかるのです。

それで、その掲示板のトピ主や、書いた人に抗議のメールをしても無視でした。

そういうのは、たくさんあるようです。

http://d.hatena.ne.jp/oike2006/

id:matsunaga

はい、たくさんあるかもしれませんが、何でしょうか?

質問への回答をお願いします。

2009/07/30 21:52:30
id:saToshi No.7

saToshi回答回数54ベストアンサー獲得回数02009/07/30 20:17:29

ポイント1pt

管理者を名誉棄損の幇助または共同正犯として罪に問うことは可能でしょうか。

また、その場合、量刑または罰金等はどの程度になるでしょうか。


理論的になら充分可能だと思いますが、弁護士費用などを考えると難しいのでは?

それに安住してやりたい放題な管理者の側が、ネット使用者たる人々から声にならない批判を浴びているのが現状です。

ですから、あまり心配には及ばないと思います。

かえって反宣伝をしている「バカ」とくらいに軽視するほうがスマートではあります。

しかしながらご心配や不愉快は、ごもっともです。

まずはネットに詳しい弁護士に相談するのが一番の対策です。

阿久 篤http://www.tv-aichi.co.jp/bp/aku/index.php?p=106

上のような方にメールなりでコンタクトをとってみてください。

現場を見てもらうことが先決です。

id:matsunaga

まあ、バカにして済めばいいのですが、彼らのディスインフォメーションを信じ込んだ人物がアマゾンのレビューでそのウソを堂々と広めたりしているような実情もありまして……。

ネットユーザーのリテラシーに期待できる範囲を超えています。


民事はほとんど考えていないので、弁護士費用より、地検に起訴してもらえるかという方が気になるところです。


で、えーと、この「ブログ名:弁護士 阿久 篤」って、実在する弁護士ではなく、テレビ愛知の企画するブログの名前ですよね?

コンタクトのとりようがないようです。

2009/07/30 21:54:42
id:IlO10l0Il No.8

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/07/30 21:22:13

ポイント16pt

>この場合、管理者を名誉棄損の幇助または共同正犯として罪に問うことは可能でしょうか。

不可能ではありませんが、現実的ではありません。

名誉毀損のように客観性が難しい事例で、一人の主張を管理者が受け入れなかったからといって幇助罪が適用されるのならその辺のブログに誰かが「名誉毀損だ」と文句を言っても全部削除しなければいけないことになってしまいます。

警察や司法が名誉毀損だと判断し、警告をしたうえで削除に応じなかったのなら幇助罪が適用されるでしょう。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:matsunaga

つまり、「名誉棄損に該当すると司法が認めた書き込みを放置し続けた」という場合には、その段階でようやく幇助となるということですね。

そういうコメントを寄せ集めておきながら「放置得」みたいなのは、どうも納得がいきませんが……。

2009/07/30 21:50:49
id:fuk00346jp No.9

潮澤 昴回答回数1140ベストアンサー獲得回数542009/08/01 04:55:24

管理者を名誉棄損の幇助または共同正犯として罪に問うことは可能でしょうか。

  • 不可能です。刑事訴追は検察専権事項です。あなたに権限は在りませんから民事にて争って下さい。

 

カネがほしいわけではないし、名誉棄損を金銭に換算する気もありません

賠償は別にいらないのです。

  • であれば民訴も却下されますのでお開きです。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%A8%B4

id:matsunaga

不適切な回答です。

まず、刑事事件に関しては、被害届を出す等の「告発」が可能なはずです。「親告罪」という言葉をご存じでしょうか。あなたの屁理屈を敷衍すれば、検察が「あなたの著作物が権利侵害されていますので被害届を出してください」と言ってこないかぎり、著作権法違反は刑事事件となることがない、というばかげた回答になります(通常は、著作権侵害の被害届を出すことで、権利者が最初に動きます)。「そのような行為は罪に問えるかどうか(すなわち、犯罪要件を構成するか否か)」を聞いているのであって、起訴という限定された行為を私ができるかどうかなど聞いてもいません。「この場合は共同正犯または幇助という罪は成り立ちますか?」という質問です。わかりますか?


そして、民事においては確かに金銭換算することが求められる場合もありますが、カネがほしいわけではないというのは本音であって裁判上は「名誉棄損内容の公開差し止めならびに謝罪広告を求める。賠償金は1円」というような形で行なう民事訴訟自体は可能なはずです。


あなたは質問の趣旨を完全にはき違えています。


#あー、やっぱり、それなりに回答数があるにもかかわらず「受け取り率90%未満」の回答者は開かない方が身のためですね……。

2009/08/01 07:07:27
id:ajc No.10

ajc回答回数12ベストアンサー獲得回数02009/08/01 07:14:52

ポイント32pt

松永英明さんですか?大変ですね。


まだまだ件数は多くないようですが、名誉毀損幇助ないし正犯として掲示板管理人が刑事責任が問われた事例があります。詳しくはURLを掲載しておきましたのでご確認いただきたいと思いますが、今回の事例であればブログ管理人が削除依頼を拒絶する意志を示したという事なので、名誉毀損幇助の責任を問う事は比較的容易なのではないでしょうか。いずれにせよ警察がどう判断するかですので、一度相談に行かれる事をオススメします。


なお岡田論文にあるとおり、判例がまだありませんのでどの程度の量刑、罰金になるかは不明です。


http://www.senshu-u.ac.jp/School/horitu/publication/hogakuronshu... (とくに「おわりに」)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2007/11/22/17611.h...


ご参考までに。

id:matsunaga

・明らかにブログ記事本体でコメント内容を引き写している。

・削除してほしいという要請に対して、「その投稿が名誉棄損に当たるとは思わないので、削除しない」というコメントを行なっている。


こういった見解を表明している場合は、幇助の可能性もあるということですね。ありがとうございます。

警察はなかなか反応が鈍いですね、インターネットというだけで。ネットをわかっていなかったり、サイバー犯罪窓口は電話が全然つながらなかったり。

2009/08/01 08:07:02
id:yofukaci No.11

yofukaci回答回数306ベストアンサー獲得回数102009/08/01 22:44:53

ポイント8pt

ブログの管理人というのはここではどの人をいうのですか?

たとえば

(1)はてなダイアリーを書いてる人本人

(2)(株)はてな

プロバイダ責任法では、(2)に削除依頼を出せば、削除させると思います。

出なければ(2)を訴える。

刑事訴訟はよほどのことがなければ無理でしょう。

うまく誘導して殺人予告でも書いてもらうと、警察も動いてくれるかも。

>たとえ執行猶予付きでもかまいませんから、「有罪」という前科をもって、自らのなしたことを償ってくれればよいのです。

うーん、前科なんて最近の社会通念では何の意味ももたないと思われます。あなたの満足をみたすかもしれません。

○○えもんも、何もなかったかのようにブログかいてますよね。

京都のサイバー犯罪対策は、よいかもしれません。

http://www.pref.kyoto.jp/fukei/anzen/seiki_h/cyber/index.html

id:matsunaga

(1)の意味です。

(2)を相手にして訴えることはまったく考えていません(そのブログ管理人をそそのかしているとかでない限り)。


ちなみに、ホリエモンはまだ刑が確定していないですよ。逮捕されるだけで犯罪者扱いというのはどうかと思います。

前科どころか逮捕だけでも社会的地位は失墜するといえるでしょう。


京都は……悪名高いですね、Winny逮捕とか。

2009/08/02 10:15:16
id:kumonoyouni No.12

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312009/08/04 01:18:37

ポイント16pt

内容見てないので何ともコメントし難いですが、例えば、侮辱罪の可能性はどうですか?

インターネット上の匿名同士の会話で侮辱罪は成立する? | なっとく法律相談 - 法、納得!どっとこむ


ネットではありませんが、個人的に侮辱罪として印象深かったニュースは

侮辱罪で拘留29日の実刑判決!−スナックで「デブ」と言ったことに対し - 弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記

時事ネタ。刑事の。: 「デブ」発言で侮辱罪、最高裁が大月市議の上告棄却

があります。

(ところで、ご自身は大丈夫ですか?反論などで不適切な表現を用いたりしてませんか?)


それ以外でご参考になりそうなサイトをピックアップしてみました。


解説関連

弁護士紀藤正樹のLINC/名誉毀損の法理

ネット上の名誉毀損に関する判例と解釈

名誉毀損とプライバシー

→次頁以降も参考になります。


ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その1) - ニュース - nikkei BPnet

ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その2) - ニュース - nikkei BPnet

ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その3) - ニュース - nikkei BPnet

ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その4) - ニュース - nikkei BPnet

ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その5) - ニュース - nikkei BPnet

ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その6) - ニュース - nikkei BPnet

ネット社会の情報リスク:「ネットでの誹謗・中傷への対応」(その7) - ニュース - nikkei BPnet


判例

ネットによる侮辱・名誉毀損に関する判例集

→「7 東京地裁判平成14.6.26判例時報1810号78頁」

「8 東京高裁判平成14.12.25判例時報1816号52頁」

 あたりがご参考になるかと思われますが、「裁判所Web判例集」リンク先を見れば、判決全文が見れます。

名誉毀損で泣き寝入りしないために


ご参考になれば幸いです。

id:matsunaga

いろいろ参考になります。

掲示板管理人の一人ですが、まぐまぐから発行している有料メルマガについて、実際にはまぐまぐにて特商法の記載があるにもかかわらず、特商法の記載をしておらず違法であるかのように印象づけるようなブクマコメントをしています。これは虚偽の風説を流布し、もって信用毀損をなしたものと解釈できそうですね。

最後のリンクを見ると、完全に名誉毀損罪の構成要件を満たしているように思われます。

まあ、実際の運用上は名誉棄損で立件されることは少ないようですが。

2009/08/04 22:41:36
id:samasuya No.13

samasuya回答回数314ベストアンサー獲得回数112009/08/04 05:09:57

ポイント16pt

ご質問への直接の回答ではないですが、スマイリーキクチさんの件では名誉毀損で起訴されてるようですから、

可能ケースもあるんじゃないでしょうか?

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009032700381

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A...

id:matsunaga

本当だと思って書き込んでも名誉棄損が成立するわけですね。

コメント欄に投稿している人は、ほとんど病院送りではないかというくらい事実認識が事実とかけ離れているので、措置入院か起訴の二者択一でしょうか。

2009/08/04 22:42:33
id:kia_44 No.14

きあ回答回数396ベストアンサー獲得回数302009/08/04 21:50:48

ポイント16pt

紹介だけになりますが、

ネットにおけるプライバシーの侵害について具体的な対応が書いてあるページがありますので良ければご一読ください。

http://www.iajapan.org/hotline/consult/board/board-a1.html

下記のアドレスはプロバイダ責任制限法について書いてあるサイトです。

http://www.isplaw.jp/

このページはちゃんと送付用の書式まで用意してますね

http://www.isplaw.jp/p_form.pdf

こんな感じで。

使えそうなら使ってください。

id:matsunaga

法務省人権擁護局に相談したときは、人権擁護局から削除依頼しても何の強制力もないといわれました。

最後の添付用の書式、「ネット上では、ハンドル名を用い、実名及び連絡先は非公開としているところ、私の意に反して公表され」とありますが、当該管理人は私が非公開としている実名を記載あるいは実名を含むページ名のページをあえてブックマークするような嫌がらせもやっていますので、この辺は強気に出られそうです。

もっとも、削除してもらえばそれで終わりというわけでもないのですがね……。

たとえば、bloggerなどはどこに連絡したら苦情を言えるのかすらわかりません。

2009/08/06 10:03:17
  • id:fuk00346jp
    被害届は民事であって告発、告訴に影響無しです。
     
    >あなたの屁理屈を敷衍すれば、検察が「あなたの著作物が権利侵害されていますので被害届を出してください」と言ってこないかぎり、著作権法違反は刑事事件となることがない、というばかげた回答になります
    ・そういう「ばかげた回答」は告訴と起訴をごっちゃにしてるよっぽどのお方でしょうな。
    告訴と起訴は違います。「親告罪」の場合(権利者/被害者)が告訴状を添える形になります。"刑事起訴"は検察が判断します。
     
    >「そのような行為は罪に問えるかどうか(すなわち、犯罪要件を構成するか否か)」を聞いているのであって、起訴という限定された行為を私ができるかどうかなど聞いてもいません。「この場合は共同正犯または幇助という罪は成り立ちますか?」という質問です。わかりますか?
    ・分かりませんなぁ、権限の無い者がいくら成立すると言ったところで「絵に描いた餅」なわけですよ。
    「量刑判断」は裁判官がする事、その前の「起訴判断」は検察がする事なので。
    「絵」が欲しかったんですかな。
     
    >そして、民事においては確かに金銭換算することが求められる場合もありますが、カネがほしいわけではないというのは本音であって裁判上は「名誉棄損内容の公開差し止めならびに謝罪広告を求める。賠償金は1円」というような形で行なう民事訴訟自体は可能なはずです。
    ・謝罪広告求めたら求めたら賠償金求めんでいいでしょうな。「謝罪広告に掛かる費用」という形で賠償額出ますから。
    とまぁよたは置いといて
    本音か建前かは知りませんが「権利放棄あるいはそれに類する事」を言うとそこを一点突破で抜かれると思います。
    一円訴訟知ってはるならややこしくする偽善は書かなきゃ良いのに。と思います。
     
    >あなたは質問の趣旨を完全にはき違えています。
    【模擬裁判】とでも書いときゃいいのに
     
    >#あー、やっぱり、それなりに回答数があるにもかかわらず「受け取り率90%未満」の回答者は開かない方が身のためですね……。
    喉元過ぎれば何とやらのようですね^^
  • id:matsunaga
    「被害届は民事であって告発、告訴に影響無しです」という一言で、何もご存じないことがよくわかります。民事に被害届は必要ありませんね。


    なお、私が自称右翼暴力団員による恐喝未遂事件の被害者となったとき、告訴状・告発状は書いていませんが、起訴するには被害届があったほうが検察としても起訴しやすいので被害届を出してほしいと警察から依頼されました。繰り返しますが、私は告訴・告発しておりません。しかし、刑事事件として相手方は起訴されました(恐喝罪は親告罪ではないのでこういうことも可能なのですね)。


    そもそも「罪に問うことは可能か」と聞いているのです。
    「電車の中で痴漢に遭いました。こういうことをした人を罪に問うことはできますか」という質問に対し、「あなたは検察官ではないから起訴できません。民事訴訟の意思がないなら、終了」と回答したら、やはりおかしいでしょう。「はい、警察に被害届を出せば、その後は警察・検察の判断にもよりますが、相手が罪に問われる可能性はあります。その場合の罪名は○○罪となるでしょう。実例はこれこれ」という回答こそ、「質問に答えている」ということになります。


    「犯罪要件を構成するか否か」の質問に対して、「検察が起訴するか、裁判官が有罪に定めるかは検察・裁判官次第なのでわかりません」などという回答は、いかがなものでしょうか。今回の回答のうち、一定割合で「それはプロバイダ責任法のほうでは?」という回答があったわけですが、それなら話は通じています。

    「ややこしくする偽善」とか書かはらへんほうがよろしいんやおまへんやろか。

    「喉元過ぎれば……」とか、全然意味がわかりません。
  • id:fuk00346jp
    すんませんなぁ、一行目誤爆った。
    ×民事
    ○告知
     
    >そもそも「罪に問うことは可能か」と聞いているのです。
    あなたには不可能ですから「警察」へどうぞ。民事訴訟の意思がないなら、終了
    「被害届けだしても(警察が動いてくれんから)泣き寝入り」になる理由がコレでしょうな。
    刑事事件の捜査主体は警察ですから。
     
    可能性を問うているのであれば別の回答は出て来ますがね。
    質問文中のは「可能でしょうか。」は後ろに「不可能でしょうか」と続き二択で考えているととりました。
     
    >「喉元過ぎれば……」とか、全然意味がわかりません。
    気付いてないなら良いよ

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません