■心理英語■訳して下さい。お願いします。

Erikson's vision mostly skipped over and left undeveloped the major dimension along which the other principle post-Freudian schools of psychoanalytic theorizing developed.

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2009/07/31 13:02:21
  • 終了:2009/08/07 13:05:03

回答(5件)

id:mandoto57 No.1

mandoto57回答回数850ベストアンサー獲得回数372009/07/31 14:54:40

ポイント20pt

エリクソンの展望は、大部分で精神分析に理論立てる他の原則ポストフロイト派の学校が発達した大きな局面を飛び越えて、未発達のままにしました。

id:Hafiz No.2

Hafiz回答回数283ベストアンサー獲得回数92009/07/31 15:57:32

ポイント20pt

エリクソンの考察というのは、後フロイト学派の学究達が精神分析学的理論化で以って、発展・展開させてきたモウ一方の原理・考えに沿った主要な側面については、殆んど当たらず、触らずだった。

id:heptagon

the other principle post-Freudian schoolsは一つのまとまりなのでしょうか?

the other principle とpost-Freudian schoolsのあいだにwhichが省略されているってことはないですよね?

すいません。

2009/07/31 18:31:51
id:Hafiz No.3

Hafiz回答回数283ベストアンサー獲得回数92009/07/31 21:00:40

ポイント20pt

君の質問の which が省略されてるのかとの問いに対しては、Yes と言ってイイと思う。

つまり、the other principle は、(S) post-Freudian schools of psychoanalytic theorizing + (V) developed の目的語といってイイと思う。

唯だ、それなら、ソノ直前の ( along ) which は、何故必要ナノカ、必要ないではナイカという疑問が出てくるだろう。

コノ which は当然のように、一番最後の developed から掛かってくると思われるからだ。


コノ principle が principal (主だった、主要な)なら、よりスッキリとした訳になるんダガ!!!!!!

id:heptagon

そうなんですよね。principleが見直してもprincipalではなかったんですよ。

2009/07/31 21:11:27
id:matsunaga No.4

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872009/07/31 23:26:40

ポイント20pt

誤字脱字はないと思います。

単に、学者らしいこねくりまわした文章に思えます。

少々固めですが原文にある程度沿った訳を以下に。


精神分析理論化におけるポストフロイト派の発展させてきた別の主要な原理によるならば重要とされる様相について、エリクソンの見解では、ほとんどすっ飛ばしてしまい、深めることなく放置していた。


構文的には、

[Erikson's vision](主語) [mostly skipped over and left undeveloped](動詞) [the major dimension (along which the other principle ((post-Freudian schools of psychoanalytic theorizing) developed))](目的語).

という感じになると思います。

要するに、ポストフロイト派の理論だったら外せない重要なことがらをエリクソンは思い切りすっ飛ばしちゃったよ、ってことだと思います。

id:Hafiz No.5

Hafiz回答回数283ベストアンサー獲得回数92009/08/02 12:57:08

ポイント20pt

じゃ、皆で考えてミヨウじゃナイカ!!!!!!

文章の意味は、全員が掴めていると思うので、自分ならドウ書くか!?

勿論 matsunaga の様に、ソノママでO.K.と言う人間も居るだろうが、オレならコウ書くゾって感じで。


オレならコウ書くナ!!!!!!!!!!!


Erikson's vision mostly skipped over and left undeveloped the major dimension of the other principle which post-Freudian schools that major in psychoanalytic theorizing developed.

又は、もっと簡略に、post-Freudian 以下を

post-Freudian schools of psychoanalytic theorizing groups developed.

  • id:meefla
    principle もそうなんですが theorizing も構文解析しにくいです。
    出典はどんな文書ですか?
    フランス人とかのラテン語系の人が書いた英文なのでは?
    typo(ミスタイプ)の可能性は?
  • id:heptagon
    「Freud And Beyond: A History Of Modern Psychoanalytic Thought」です。過去問なのでページ数はわかりません。

    http://www.amazon.co.jp/Freud-Beyond-History-Psychoanalytic-Thought/dp/0465014054
  • id:matsunaga
    ちょっと補足です。上記回答で、「別の主要な原理によるならば」という部分は、principle=「主要な原理」と訳しています。
  • id:Hafiz
    >誤字脱字はナイと思います。by matsunaga

    って、質問者でもナイのに言うなヨ!!!!!!!!

    meefla 君の言うように、何故 theory ではナク theorizing としたのか、恐らくヨリ理論化するという動的なスタンスを著者は強調したかったのだと思われるが、それにしてもお世辞にも美しい英語とは言い難い!!!!!!


    特に、( along ) which の部分は、文法的に非常な疑問符が付く!!!!!!!!!!!!


    フロイトがオーストリア人・ドイツ語圏の学者なので、ソノ周辺の人間が書いたモノだとすると、ネイティブじゃナイ可能性は高い。


    文章自体の意味の概要は、オレや matsunaga が言った内容でイイと思う。
  • id:matsunaga
    いやいや、Hafizさん。(^_^;)←こんな顔でお答えします。

    「お世辞にも美しい英語とは言い難い」っていうのは同感ですが(「学者らしいこねくりまわした文章」と書いたのはその意味です)……。とりあえず、原文ママでも訳して意味が通じるようにはできる。その結果を踏まえて、「誤字・脱字とはいえない」と考えて上記のように書きました。

    ちなみに、上記Amazonページから調べてみると、本書はStephen A. MitchellとMargaret Blackの共著です。書籍概略がありましたので転載しておきますが、どうも英語圏の人のように思われます。ですから、著者たちはネイティブであっても、原文に引きずられたということはあるかもしれません。

    >>
    Mitchell and Black bring clarity to the complex, confusing world of contemporary psychoanalysis. More specifically, they outline the development of what Mitchell, an analyst at the William Alanson White Institute in New York City, has elsewhere called ""relational concepts"" in psychoanalysis. That is, they trace the shift from Freud's drive-based theory, in which relationships with other people are secondary to one's internal wishes and needs, to more recent theories in which the impulse to relate to others is seen as primary. Ego is privileged over id and analysis is viewed as a joint, subjective effort by patient and analyst, rather than as objective interpretation by the analyst alone. Mitchell and Black (of the National Institute for Psychology) offer a lucid discussion of many major psychoanalytic thinkers, using case histories to illustrate the application of their ideas. Melanie Klein offers a dark view of life as an attempt to balance aggressive and libidinal impulses. Object-relations theorist D.W. Winnicott highlights the role of parenting in the development of an authentic sense of self. Erik Erikson considers the cultural context for ego development, and Heinz Kohut the need for the analyst to understand the patient's internal state of mind. Even the obscure work of French analyst Jacques Lacan becomes almost comprehensible in the authors' capable hands. Mitchell has covered much of this material elsewhere (most powerfully in Hope and Dread in Psychoanalysis, not reviewed). And one should be wary of the subtitle: Given the ""relational"" perspective here, much is omitted, such as Jungian thought, and as important a thinker as Karen Horney is mentioned only in passing in a brief overview of feminist critiques of psychoanalysis. So this volume is by no means comprehensive. But it is an excellent starting place for anyone unfamiliar with the radical shift psychoanalytic thinking has undergone since Freud.
    <<
    http://books.google.com/books?id=4ODr9mxI53oC&dq=Freud+and+Beyond:+A+History+of+Psychoanalytic+Thought&printsec=frontcover&source=bn&hl=ja&ei=UgB0Sp6wAsGLkAXX38SfDA&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=5

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません