駅ホームの「白線の内側」、あなたにとってはどちら側ですか?

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2009/08/09 09:55:33
  • 終了:2009/08/16 10:00:02

回答(801 / 1000件)

Q01線路に向いて電車を待っているとき……(択一)

(ダミー)10
線路と反対、つまり後方。「白線の内側へお下がりください」がよい。668
線路・電車のある前方。「白線の外側へお下がりください」がよい。80
その他(コメント欄へ)34
(ダミー)9
合計801

集計

×
  • id:vegah
    駅のホームでこのアナウンスが流れるたびに、「どちらにも取れる」と思って聞いています。

    「白線の手前で・・・」というべきではないかと思っています。
  • id:takahiro_kihara
    上に同じ。
  • id:sylphid666
    「白線の内側」とは「白線の線上」ではないかと思いながらいつもアナウンスを聞いています。
    今回の質問の趣旨とは違うかもしれませんが、「白線より内側」が正しい言い方ではないかと思っています。
  • id:kanan5100
    島式ホームの場合はホーム側、相対式ホームの場合は線路側なんじゃないかな……と思ったりもします。
  • id:t95517
    「線路から離れて」といえばいいのに
  • id:takokuro
    昔、
    英語のレッスンで
    日本語の“内外”と
    英語の“in-off”は逆ってことがある例で気づいたことがあります

    こっちへ来るというのも
    goとcomeが
    英語など外来人に多用された言語とは
    日本語訳では逆になったり・・

    英語は
    マッカツ系と交易していたスコットランドが
    ブリテン島で経済力をもち
    政治的にも
    民主主義議会政治をもたらしたウェールズのデヴィッド・ロイド・ジョージが
    宰相になるまでは
    スコットランドやアイルランドの一部が支配的だったため
    英語を
    アリストテレス的な論理性を重視した規則性で習慣づけられてきたのではないでしょうか??
    母国語の人達の中で育った言語は
    文法上で言うと
    一見!無駄に見える繰り返しのヒントや
    その主語が抜けていても
    全然、平気で
    むしろ・・述語や間やイントネーションで
    示唆、暗示され
    直接、言葉で表現するよりは
    ずっと深い、コミュニケーションがされ
    互いの気持ちを考え、
    そのことで自分のことを自覚し
    互いの信頼を一層深く結びつける役割をしてきたのを思います・・??

    言葉で表しきれない気持ちを伝えたのではないでしょうか・・??

  • id:nyankochan
    うちの近くの駅では「白線の内側まで線路から離れてお待ち下さい」とアナウンスされます。
  • id:tetsu_sub
    「線路から離れ、白線までお下がりください」が間違いないような気がするんですけどね。日本語は難しいですなぁ。
  • id:Reiaru
    英語のアナウンスだと behind が使われている様ですね。
    「白線の後に下がって」という意味合いでしょうか。
  • id:naoki24
    線路側でも白線内って思ったことありますよ
    だけど線路内で待ってたら死ぬよね
    最近白線じゃなくて黄色い線の中でお待ちくださいの方が多いと思うよ
  • id:I11
    くだらない質問だな。
  • id:doumoto
    弾かれて回答できん。(´ー`)y-~~。
  • id:matsunaga
    海外の人は投票できないようになっております。(´ー`)y-~~。 失敬。
  • id:coupdesonnette
    この手のアナウンスは何もわざわざ難しく考えなくても、安全な方に下がればそれでいいような気がするんですけど。
  • id:ajapo
    俺もどこが内側なのか曖昧に感じますねぇ。
    言葉としては「白線の後に下がって」がいいかな。「線路から離れて」で十分な気もします。
  • id:aquaflow-t
    複線(線路2本)以上の場合、線路がホームをはさむ場合とホームが線路をはさむ場合とあるから、その時によって感じ方が違うかな・・・
    他の方も言われてますが「白線の後ろ」というのが良さそうですね。
  • id:myogab
    注意しろで十分
  • id:candy63
    線路から離れてって言えばそれで十分だと・・・
  • id:ds1224
    内側だったら、内側
    外側だったら、外側
  • id:takokuro
    日本文化では、
    守られてる方が『内』側で
    危険な方が『外』側という基本的な認識があるように思います

    つまり・・
    自然界の動物たちと共通認識で
    巣(家←“ウチ”とよびますが)づくりは
    卵を産んだり
    子育てをする“安全”な場として
    つくります

    周囲や川の上流、下流との関係でも・・
    数世代では構築できない長い年月の調和の結果出来うる水田文化が
    基本だった日本文化では
    『内』こそが『安全』のシンボルでもあり続けてきたということです・・

    それが・・昭和50年代後半以降、
    非行や『公』を深く大切にする考える文化が
    “ダサい”という文化が
    関空や埋立地政策がすすめられるにつれ
    若者の中に組織的にうながされ?定着しはじめる・・
    阪神大震災以降は、
    電車の中やバス待ちでは
    「袖すりあうも多少の縁」と互いにコミュニケーションをしたものですが
    その時の世間話というのが政治談義が使われたものです・・
    それが・・
    ポケットベルやピッチ、携帯メールが流行させられ、
    親子間、家族内でも
    全くの性別,年齢さえ不明のものらが
    膨大な数の若者に
    一斉に
    親しげや興味を惹くメールを送りつけ、
    若者たちは自分たちがこれまで経験してきた『善意』でその文字列を読み、
    都合のいい解釈をして、
    深みにはまっていく・・
    関空通じ、
    戦前、戦時中に馬族と協力していた韓国の人が
    満州でアヘンを作り、
    支那系の漢人商人にそれを裁かせ
    他方、公安系?内務省と通じた在日韓系商人?巨大資本家(中山太陽堂→日本文具、クラブ化粧品・歯磨き、カテイ石けん、プラトン社等々)が
    大阪では市場を資本で牛耳って
    大阪に早川徳治さんが
    関東大震災(朝鮮人の火付け現場を見たという証言が多く警察に届けられたといい
      現場指揮していた警察責任者が
      本部へ連絡を入れている)で
    妻子ども二人も焼け殺され、工場も家も焼かれ
    地震被害よりも
    火事被害が大変な猛威をふるって
    当時のことを語る話しから受けた印象は
    原爆被害者の灼熱地獄の中をさまよい川へ飛び込むと
    多くの屍体が浮かんで流されていて
    屍体は真っ黒に焼けただれていたそうだ・・
    その横に幼児が弱々しい声で泣いている・・
    つまり・・
    『原爆』の被害者の証言と共通する体験をしてる・・・
    しかも・・
    東京大震災での被害場所は
    行為生きですが特定的であったこと・・
    など・・拝火教や太陽賊系の日蓮関係の在日朝鮮系の人達で
    実は
    満州で馬賊をつかってしたたかに
    中国崩壊と侵略を目論んでいた同じ仲間らが
    ゼネコン工事や土木や山開発と共に潜入し?or潜入させられ(連れてこられ?)
    大変な目に合わせられ、
    その中で抗日意識が高い若者に
    テロ工策を指示・・??・・??

    最終目的は世界征服であり・・
    そのキチガイ的な発想において・・
    宇宙征服がそのあとにくる・・?!?・・??  アホくさ?!?
    愚かな哲学に思われませんか?

    なお・・・
    アヘン専売制での既得権益者?独占者が
     マッカツ政治家の後藤新平(内務相・外相植民地政策の重鎮)に指定されるた地域が・・・
      台湾
      満州、
      関東州(←関東軍カントンーグン 広州部広東カントン省)・・・南シナ海の港湾都市
        別称=粤東(エツ)・嶺南リョウナン
        含、海南島・南海諸島
        アヘン戦以降、オプスデイ勢力を支えた資本基盤・・??
        孫文(1866~1925)の故郷
        1905:孫文、中国革命同盟会、結成し
           自分のマッカツ戦略の基盤を作る
        1908:Ⅱ大谷探検隊:~09
           (マッカツ、橘瑞超、野村栄三郎、参加!
            外モンゴル、ウルムチ、トルファン、ロブ砂漠、楼蘭など歴史改竄を指示・・??
            カシュガル経てインドから帰国)
        1909:田沢義鋪(公明の初代が彼の工作員として
           小学校校長として各校に派遣され
           そこに二代目が姻戚として用務員として一緒に行動するが
           一時、父兄から教育方針に偏りがあるとして
           当時としては珍しく突き上げをされてる・・!?)、       東大政治科卒後、
           内務省のバックアップで
           静岡の安倍郡長に就任し
           議員ではなく
           青年会に力を入れ、
           国家からの独立?反乱?クーデター気運を高め   
           やがては・・日本国家乗っ取りリーダーとしての基盤作りをした・・・??
           『次郎物語』の下村湖人は単純にその解放的で
           組織的な教育に心頭し?
           4巻までは感動をもって書かれてるが
           5巻目までに
           本音がばれたのか
           騙された怒りで書こうとしない
           無理矢理書かされても
           お義理にかいてつまらないものとなってる・・??
        1910:Ⅲ大谷探検隊として橘瑞超、吉川小一郎が参加~14       敦煌、上海、漢口、西安
           橘、後藤らと謀ってシベリアに単独でいってる
       さて・・3回の大谷探検隊はいずれもトルファンを経てる
    仏教遺跡の地・トルファン吐魯蕃・・・中国新疆ウイグル自治区
          天山南路の東北部
           5~7c:漢族の移民、高昌が建国しさかえるが
               のち、唐に併合
            この高氏らの末裔だと思い込んでるマッカツヤローが
            現、高津氏ら拝火教勢力??・・??
            (高津系の美容室で
             いつものオーナーとは違う新顔の人が
             髪の毛に何か
             パーマのような??髪の毛の水分を保護してる表皮を痛める薬剤を掛けたのか・・
             最後に水で流し,定着滲透させ??
             ドライヤーを嫌いといってるにもかかわらず
             しつこく!かけて
             毛髪の外皮?をはがされたような状態・・・??
             髪がパサパサに乾いてチリチリになった!(苦笑)
            皆さん、お気をつけて・・
            なお・・
            マイケル・ジャクソンはじつはミカエル天使長から命名・・??
           オプスデイ系??タレント??
           (モーセがエジプト人を殺害したという理由で
             サタン(龍ドラゴン→マッカツ??)がモーセの遺体をマッカツの習慣で血みどろにして火あぶりしようとして??
             要求したのに対し
             サタンと闘争する天使長・・だそうだ
             誰もが知ってるガブリエルはお告げの天使長)
           なお・・・・
           黒人歌手として対抗馬だったのが
           プロテスタントとして
           ホイットニー・ヒューストン・・??
           ここでも
           マッカツが関与して歪めてるなぁ・・と感じるのは・・
           『ボディ・ガード』で
           大スター歌手(実はマイケル・ジャクソンの私生活の実態を演じてる??)を演じ、
           彼女を守るのが口数の少ない誠実な(つまり・・アンチアリストテレス人間)ケビン・コスナー・・!
            何となく・・デランジェラ神父様が
           聖職者以外の生活をされるなら
           こういう感じの方になられたような気がする・・
          本当の希望はあくまでも一生物として
          大自然に何の傷跡も残さずに
          一生を経ることでしょうが・・
          その大条件は
          大自然が最初に計画した『和』で『民主主義社会が
          あってのことで・・
         きっと!デラ神父の祖先代々、
         その『和』と『(動物、生物・無生物含めた)民主主義社会』を
         マッカツらの侵略と戦ってきた子孫なのかも知れない・・??
        石川ゴルフ少年がいかに平和の大使として活躍しても
        彼のバックに巣食うマッカツどもがある限り
        彼は、
        マッカツのフラッグにすぎない・・??
        安倍氏がヘンな山中正輝だか当時は京大、知事選時には
        阪大教授だったひとと謳ってた虚ろな幻惑に過ぎない『美しい』に喚起する不気味さをかんじてしまう
        石川県・加賀藩・・・金山があり
        聖武帝時代から渡来系仏教勢力が統治支配していた地
        阪神大震災時期に北鮮関係者が入り浸った『もんじゅ』周辺・・
        原発施設・・!?
        石川少年が先だって本当に実力で勝ったと思い込んでること・・・!??
        アレはどう見ても
        二位だった選手が圧倒的な実力を持ち
        わざと、観衆を魅了するように
        スレスレの白熱戦を演出したということが
        彼には見えないんだろうか・・・??・・??
       マッカツ教育で作られる傲慢さの恐ろしさ・・?鈍感さ??
    トルファンの説明に戻り・・・
      6~7c:漢人系高昌国の麴キク王朝(9代499~640)
         クチャ庫車・・・
         中国新疆ウイグル自治区
         天山南麓の都市
         古代亀茲キジ国の地
       つまり・・
       江戸期も元禄ごろから
       菊が盛んに栽培されはじめ
       菊人形、菊合わせが開かれ
       9/9の重陽の節句につかわれるようになったことから・・
       漢の中の正真正銘のまだ韓国系マッカツらに乱される前??
       の高氏らの末裔が
       どうも・・伊賀伊勢系とつながってる江戸期の茶屋四郎次郎勢力が
       江戸幕府乗っ取ろうと
       種をばらまいたマッカツ勢力と
       江戸幕府や皇室をバックアップしていたのではないだろうか・・??
       Nor 太陽賊が自分たちのシンボルとして
       麴王朝を乗っ取って
       後鳥羽上皇(大化の改新後に吉備国を前・後・中と3分割し
             室町時代が来るまでは
             マッカツ系刀工として
             菊氏末裔がいて
             備中、鉄文化で栄え、
             刀には菊紋がつけられた
             マッカツ系の繁田氏に
             『切れもの』(縁を切るを暗示?これからは敵だという意味??)としてもらったのが
             奈良菊一文字の包丁セット・・
            なお・・
            菊花紋は日本では
            菊氏の由来で“菊”花紋として名付けられてるが
        実は拝火教・太陽族らは
        世界進出する際に
        古代オリエントでシュメールの絵文字から作られ
        いわゆる・・太陽信仰に使われるにいたる・・
        江戸期に平氏系マッカツ武士の古くから日本に寄寓する者が
        使った??・・??
        マッカツら薩長・土佐が政権をのっとった明治2年に
        マッカツらが
        差別化をよりわかりやすくすることも兼ね
        実は太陽神を菊として
        天皇・皇族紋とした・・??
       しかし・・
       中国の真性菊氏が愛した菊とは・・・
        女即ジョソク、女華ジョカ(女性の花)、女茎、更生コウセイ(誕生を愛でてる)、陰成インセイ(太陽の“陽”の反対)、
        古代中国では
        “桜”も“菊”も女花であったことからら
        菊氏も女帝文化だったのではないだろうか・・??
        星見草、契草、少女草、百夜草、鞠花マリ、承和(→昭和)の花、
        海でなく河原ヨモギ
        中国の周期にはすでに栽培されていたというので
        恐らく、本ものの神武帝ら周が
        戎マッカツに襲われ、東周へ遷都したときに
        本ものの神武帝の仕えていた周王朝らは
        菊氏となってトルファンに亡命生活をしたのではないだろうか・・??
        となると・・・
        菊氏文化をもつ神武帝とは
        女帝文化(生み育てる神秘『無』ではなく『有』の根本?)で
        大自然を何より大切にする文化を守る武将だとすると・・?
        orだからこそ??!?
        周国と安保を結んでいた女帝文化の倭国に危険を知らせ
        守ろうとして
        卑弥呼の元へ神武帝が使わされ
        日向から桜井にくるときに
        実は、八卦信仰(当時のマッカツは戎賊という名で
         戎賊が信奉していたのが八卦??
         アリストテレス的?ピタゴラス狂的な人為的な判断価値)
        吉備国(←印原産のキビ、忌避)の原型?も経てきたはずで、
        その時に、八卦信仰民族と戦ったのが
        八岐大蛇退治・・(ヘビ←龍などマッカツのシンボル)
         大蛇が女帝文化では大切にされた娘を
        生贄にするのを成敗し、
        吉備国の製鉄や刀剣技術に秀でた剣を得、
        天の叢雲剣(三種の神器のひとつ)と名付け
        卑弥呼へ
        マッカツ退治の状況とともに
        そこの武器文化を実感させ
        献じた・・??・・??
        (吉備国は大化の改新クーデター後、
        3つに分割されるが
        平安期の後鳥羽帝勢力の黒幕として
        源頼朝(東(唐)大寺派)をてなづけ
        源平を戦わせ戦国時代(=春秋時代:結局は春も秋も
         黒幕のボスは同じで互いに殺し合いをさせられてる!??アホ?無駄死に??)にして
        菊紋の刀をドンドン!生産し
        備中が戦時好景気でさかえるが、
        それに釘を刺そうとしたのが
        後醍醐帝・・
        後醍醐帝、多くの武将らにマッカツらの戦争戦略で
        両方を衰退させ漁夫の利で日本ノットリを狙ってると
        臣下に知らしめ、
        結局は
        平氏方の工作員の尊氏(高氏)や楠木正成に
        工策され
        マッカツらの起源である『海』に身投げさせられるが・・??
        臣下たちが一旦、めざめると
       マッカツらも戦争戦略に踊らされる武士もいなくなり
       室町ばくふとなるが
       臣下たちは
       単なる北条氏の買い馬だった尊氏を
       長として
       息子の★
       
        室町には衰退すること)
        関空、阪神大震災以降、急激に日本へ侵入してきてるテロ工策員は
        渡辺氏や伊賀・伊勢・加賀・四国ら満州アヘン栽培していた漢国系子孫ら
        戦前からの在日マッカツ抗日家らと協力し
        日本歴史を改竄した中で
        自分たちが日本人に成りすまして
        日本を乗っ取ろうとしてる・・??・・??
        

        
        1911:孫文、辛亥革命で
           清政府が
            満州での馬賊らと協力してアヘン産業を
            拡大してきた朝鮮系漢人アヘン権益者らを潤し,
            アヘン産業を拡大させる鉄道を
            国内から排除して
            清国内のアヘン権益者のパイプを断ち
            かつ国家財政をしのぐためにも
            社会主義国家のソ連へ売却しようとするが
           在日マッカツの工作員として働く孫文勢力は
           他国へ利権を売却することだとして
           単純頭の目先志向の反国家勢力をつのる
           (この目先志向orあらかじめ敷かれた選択肢通りに
            動いていく・・つまり・・一種の迷路クイズのように・・・
            思い通りに動くロボット人間をつくるのには
            アリストテレス頭を洗脳教育するに限るというわけ・・
            昨今の『聖徳』幼稚園や仏教系幼稚園だかは
            典型的なアリストテレス頭洗脳塾??
           ソクラテス教育の例の一つが
           “本来の”モンテソーリ教育??カトリックの修道会が
           自分たちは子どもを持てないが
           孤児を育てたときの体験で
           体系づけられた教育哲学・・??
           教育者側が
           多弁や説明せずに
           自然環境を整え、結局は手間暇が大変かかる教育・・
           お金だけで解決できない教育法・・
           いかに自然から学ばせるか・・
           自然と共生する日常生活を
           大変な面倒なステップで
           ひとつひとつ、社会のスピードに惑わされずに
           こつこつ、積み上げ
           周囲の情勢に惑わされない大自然への絶対的な確信を
           三つ子の魂の子どもの心に植え付けるか??
           これが破壊された10才までを送ると
           アリストテレス価値観で
           単純にうごいて
           次世代には国家や地域が破壊されていくのにみすみす手を貸すような愚か者に育ってしまう・・??
           つまり・・
          言葉が早い子ほど、
          アリストテレス思考の影響を受けやすいということ!??・・??
          しっかりしたお母さんのもとで育ってる子どもほど、
          言葉が遅く、
          無口であるということ・・??
          自信を持って!ソクラテス思考のお母さんたち!)
       1912:孫文、中華民国を南京に成立させ臨時大統領になり
          清朝を消滅させる 
          そのあと・・・
          “ホワイト”スター汽船のタイタニック沈没事件がしくまれ・・??
         バルカン半島戦争となる・・
         大阪司教区長はオプスデイ系のパリ外国宣教会で
         ジェル・オーグスト・シャトロン
       1916、孫文、軍事政権ののちの関東軍を立ち上げる
           連合国(マッカツ内務省が乗っ取った日・スペインのオプスデイ系に
               のっとられてる英・仏・伊と在米支那資本に突き動かされた米??・・??)が
      「革命軍により囚われたチェコ軍団を救出」という大義名分で
      シベリア出兵し
      (内務相であり外相であり植民地でのアヘン既得権益者を守る後藤新平が
        裏工策)
      無国家/無政府主義(共産主義者を装おうマッカツ勢力)や
      世界銀行設立により(国際的に資本主義国に作らせた国立銀行を
        のち、行天氏らが為替をうごかすことで
        国家財政を自由に不況にしたり好況に出来る夭死する為の組織?)
      世界経済の統制を狙ってるマッカツらがウォーバーグを使って
      ロシア革命を誘発させる・・?
      荒木貞夫、憲兵司令官として
      大川周明や平沼騏一郎・北一輝・井上日召と情報交換、戦略合わせ?
      (つまりは・・日蓮系太陽賊や拝火教と連係・・
        創価学会、石原氏らの流れ??・・??)

    そのアヘン専売制が内務省と後藤新平(1857~1938(81才)、
          満州鉄道を敷いた総裁、内務相、外相、東京市長、
          政治家として植民地経営、震災後のゼネコン、
          対ソ外交、
          この後藤らが福沢諭吉(1834~1901)らとがリンクし
          諭吉は
          新見ニイミ豊前守(宇島ウワシマ港で周防につながる)に
          リンクされ、
          大阪大学は
          元々、阿倍野区の阪南団地前に立っていた大高・・・大阪府天王寺村(現、阿倍野区の王子町のあたり)



    備中の緒方洪庵(1810~63)
     阪大の祖は阿倍野区の阪南団地跡にあった
     大高(旧制大阪高(大高)・阪大一般教養部南校??だと
     子ども自分は聞いていた
     緒方洪庵自身はマッカツ系とは言い難く??(たぶん??未調べ)
     日本のこれまでの朝鮮・中国大陸から易とともに渡ってきた“漢方”医学に
     和的な大自然の価値でアレンジしたものだけれど
     むしろ、西欧人文化の“絶対的視点”つまり・・
     宇宙には起源があり、結果、“無“に帰す滅亡も最終的にはあるという時期を区切らない視点で俯瞰した価値観で
     現時点の一瞬のあるべき姿、目前の行うべきことを
     決しましょう・・という科学論での
     医学をも取り入れましょうとして
     蘭学をも受け入れ、
     手塚治虫のお祖父さんだか曾祖父だかは
     緒方洪庵塾で勉強し、
     江戸だったか・・??天然痘(種痘)の予防摂取をしたとかだった??・・??(ゴメン うろ覚え)
     だけど・・
     この天然痘の菌?で
     孝明帝はマッカツがよこした側室の堀河紀子に暗殺されてる・・!?!・・・
     どうして・・
     マッカツどもが
     手塚治虫を暗殺したのかというと・・
     彼が最後に手がけていた作品内容で
     真実の暴露が危惧されたのではないだろうか・・??
     (弟子や編集者らマッカツらに取り囲まれていたはず!
     漱石自身、そうであったけれど・・
      これまでの日本史でマッカツらがしてきたことを
      幕府の警察?だった父が明治になっても密かに
      大久保利通と連係する西郷隆盛のもとで
      元幕府勢力組織として
      マッカツの拠点などの動向をさぐっていて
      実際、それを妨害しようと
      木戸孝允、板垣退助ら日蓮組織やマッカツ組織らは
      漱石ら一家の生命を絶えず狙っていて
      それで・・
      漱石自身も『金之助』と金氏勢力に因んだ名付けをし
      生後間もなく、
      余程の危機があったか
      母親の千枝が結核で授乳が出来ず??
      (この頃の千家は日本人の味方になっていた・・
       だから・・
       お茶の先生は当時の家元の鵬雲斎氏よりは
      先代(⑭淡々斎)と先々代(⑬円能斎)、先々々代(⑫又妙斎)時代に
      学ばれ、
      よく出たお名前が
      淡々斎先生・・
      当時、先生のお弟子さんや
      その後、社会に出てから入ったお茶の先生たちは
      しばしば、当時の家元(鵬雲斎)では
      先代とは違ったり、
      その都度、違ったりするようなやや避難めいた言葉も聞いたものだが・・
      当時の家元自身は
      殆ど海外遠征ばかりだったはずなので、
      留守を預かってる業躰しなる人が
      すでに、得手勝手なことをしていたのではないだろうか・・??・・??
      現、業躰(行天氏の身内?一族?同一族??の堀田力氏の料亭が
          不況下に一層!投資され羽振りがいいそうですが・・??!)先生なる御仁は
      加賀と伊勢と京都の寺社仏閣をご自身のテリトリーとされてると
      真如苑??だか信者さんにお聞きしたことがあります
      京都で一番好きというよりも
      地理が不得意なので
      苔寺しか思い浮かばないというので
      京都に行くときには苔寺に行くって感じ・・??
      平成になって以降、おかしくなって・・
      雰囲気もおかしいけれど、
      入館料がやたらはねあがって、
      しかも!賑やかになりすぎた・・
     苔寺はひなびた静かなところで
      お寺の中では珍しく!威嚇しないところで居心地が良かったのですが・・
      どうも・・
      今調べると・・・
      田中利休は本当はすでに暗殺され??
      身の危険を感じた利休が実の息子に那須の茶入れを手渡す・・
      千阿弥系利休が
      田中利休を殺して
      那須の茶入れを探すが出てこない
      (濃茶入れの茶入れのお茶のまわして入れるところなど
        実は・・当時、戦果を決した火薬入れを
        アレンジしたもどではないだろうか??)
      つまり・・信長をサポートしていた滝川一益(伊賀に隣接し
      ずっと!搾取され苦い思いをさせられてきた勢州
    (→世襲セシュウ政治で伝承?)が
      カトリック勢力のサポートをバックに
      信長をサポートし
      1578、マッカツ毛利が猛威をふるい
      尼子氏や山中鹿之助らが滅ぼされると
      (なお・・祖父の後妻さんの前の夫との間に生まれた子に
       この26才で戦死した尼子氏の名前をつけ、
       九の一教育には
       自分たちこそがマッカツと戦ってる戦士なんだと思い込ませて
       エゲツないことをさせる・・教育法があるから・・
       自分が、○○帝の子孫だと煽てられてその気になってるタレントが
       多いのも納得??!?・・香取慎吾、草薙剛??← 冷静に見てヘン?不自然? キムタク的な“ナル”シズムではないけれど・・)
      九鬼水軍や
      火薬流通を紹鷗から託された利休を紹介する
      (利休の茶に十字架があるのはその流れ?
       他方マッカツ系スペイン系オプスデイのヴァリニャノは
       有馬氏大村氏らを
       カトリックに成りすました工作員に育て
       天正遣欧少年使節で
       魔女裁判や火あぶりなど拝火教系カルト勢力の成敗に乗り出したグレゴリウス13世を暗殺させ
       煩悩で言いなりになるピウス4世をローマ教皇に即位させ
       カトリック国ポルトガルを占拠したスペインが
       それまでのカトリック権限で
       それぞれの国の文化を守り維持してきた諸国や
       部族らを植民地化し
       その国民を奴隷化させ搾取し
       世界征服につなげていいくスペインに
       口出し、手出しさせないようにする・・
       そして・・スペインを牛耳っていたのがマッカツ・・・
      (そうなると・・滝川氏がマッカツの伊賀に対抗できたのも
       実は背後にカトリック勢力のパイプ(ユダヤ商人)があった?!?)
       つまり・・本能寺の変(1582)が起こされたときに
      利休がマッカツ系の千阿弥系にすり変わってる??・・??
      信長を誘い込むのに
      マッカツ加賀or伊賀忍者が
      備中高松城包囲する秀吉名のSOSをとどけ??
      (秀吉は十代からひでy
      or、


      
       
      滝川一益が神流川の戦いで討たれてから    
      利休の元に
      伊賀?から滝川一益の使いの者として九の一が送られ
      聖人利休を誘惑するがその手に乗ってこず
      ついに!ボスの千阿弥系の成りすまし利休が
      伊賀?or伊賀のボスの加賀?から
      やってきて、
      利休に成りすまし、病気で伏せってると九の一に代弁させ
      軍策を指示・・??
      朝鮮への2度遠征で
      多くのマッカツ系朝鮮人を大量に連れてきて
      人の好い(“日吉”丸←“お人好し”)秀吉は
      彼の企みが
      実はマッカツによる日本乗っ取り計画だったことに気づき、
      天正19(1591)、二条帝屋敷のお隣??の一条通り(本姓=藤原、
      九条道家の子・実経が京都一条に屋敷した)にある家で
      切腹させられてる・・??
      つまり・・
      そこのスパイとして利休を訪れる秀吉を
      罠に掛けたわけ・・・!?
      で。それに気づいた秀吉は
     わざわざ、一条家のそばで切腹させた??
      
      裏千家では
      このことを祝って!毎年、3/28を祝福すると
      と昭和期の本にはある・・!?
     さて・・
     
        )
     助手で来て下さっていた非の打ち所のない行き届いて
      しかも!当時としては走りのIT系のキャリア・ウーマンでもあった千光寺さんを
      今、調べると・・同じお名前のお寺が広島にあるようだ・・??
     さて・・
     
      
      里子にだされる・・
      (8人も子どもがいて、家に引っ込んでばかりはいない性分だが
       結核菌を恐らく!あおってしまった・・??
       よく、マッカツ史観で日本の家は日陰で暗いから
       結核が蔓延したというが・・
       実際の日本家屋は
       開口が大きく、
       空気の流れが良く、夏向けに作られて、
       暗いのは冬場だけ!ウソです!!(怒)
       水道は井戸だから
       くみ水されたのを家人たちは使う・・
       その水に仕込まれたり、
       当時、おとこしやおなごしらにマッカツが入り込み
       調理や衣服、食器に付着させて感染させたのではないだろうか・・??
      マッカツらの裏工作に抗えるほど
      成長するまでは
      うっかり!毒を飲まされたり、
      菌(結核や天然痘や・・諸々)で暗殺されかれないほど
      漱石誕生時の慶応3年1867年の状況が忍ばれる・・
      で・・
      恐らく、同じ江戸時代で
      治安警察のような役割を果たしていた『名主』であった夏目家は  マッカツ嫁?が入った??元々は朝鮮半島系移民たちの集落の庄屋での治安警察仲間であった塩原家へ
      長男がいないというので養子としてあずけ、
      マッカツ攻撃からの身の安全を確保したような切羽詰まった日本人文化のサポート者らの社会風景を感じる・・??  
      主人は
      働き者で思いやりのある朝鮮系文化を引き継ぐお婆さんを
      女中さんとしてやとっていて
      彼女はもらい子で奥さんに自分と同じように当たられる幼い漱石にも
      蔭で支えてくれる・・
      だから・・
      漱石の母が小康状態の時には
      漱石は実家へつれ帰られてる
      が・・いよいよ、マッカツ政権の明治1868年には・・・
      (表のフラッグには薩長がつかわれたが
       黒幕は四国と連係した日蓮系組織??)
      漱石(2)は、塩原家に身を寄せ、
      1874年

      
      主人は漱石の父との約束で教育させ
      母が結核菌でついに!最終的に??
      
      しもた屋にあげたとして育てさせ、
      漱石の見守り役としてのお婆さんに母親がよくよく頼んだし・・
      おそらく・・!??
      周囲でそっと、漱石の父らの仲間が見守って居たに違いない・・!
      そこそこ大きくなって、
      自分が気づくべき危険を理解し、用心深さを持てるようになると  自宅に帰ったが
      その時には母親は結核で病に伏していた・・???
      江戸時代にしてきたことを知っていたからこそ!にはそれを見破る?見抜くだけの
      
     どちらかというと、
     父たちには
     緒方姓の養子がやたらといて
     医家として名門というプライド(マッカツ的セレブリティ?
     日本語でいうと・・選(鮮)民意識??に起源するもの??)
     をもってはる・・ということ
     つまりは・・幕末に、医者という立場での
     長崎の蘭系一派の大阪拠点だった・・??
     それが阪大の起源とするというのがおかしい!
     祖父は『大阪に大学ができんかったのは
      商人が
      商売(店)の跡取り息子が
      大学行って店つがんかったらあかんというて反対したんや
      せやから、次男からは大学行くけど
      長男はいかせんかった」といってましたが
      それも・・
      幕末でマッカツ勢力から国を乗っ取られるのに抗った曾祖父くらいの世代の大阪商人勢力としての真相は・・・
      大学という手前勝手なブランドをつけて
      日本の文化を
      まちがった・・つまり・・マッカツの手前勝手な思惑で
      若者を工作員教育する・・・と判断したからではないだろうか??
      実際、明治期に作られた大学は
      元、幕府の学習所だったところも・・
      マッカツ系(朝鮮半島や中国大陸からきた)末裔らが
      人事権を握ってしまって
      マッkツ系直属にしてしまってる
      (学習院校長は・・漱石が嫌った松岡だったが死ぬまで校長であり続けることを固持したという)




    熊野街道が表通りの時、
     戦前は、
      北畠公園、王子神社の前の道路は
      川だったところで
      戦後は
      馬車で荷物を運ぶのに
      馬用の水飲みや火の用心用の雨水をためたのが
      各店の前にはあったそうです
     北畠顕家親子、、阿倍野神社があって
      阿部清明神社があるが・・
      これは・・明治期に作られたものといううわさを聞いたことがある
      つまり・・
      伊勢神宮が日本の歴史を最終的に改竄編集した結果
      作られた・・??
      昭和50年代には
      王子神社の神主さんの自宅でした・・

      阿部清明は歴史上には実在しない人物・・だと私は確信しています!
     また清明ファンの人に感じるのが
     マッカツ系が価値をおいてるものを基調にしてられる点で
     共通点を感じる・・????
     洗脳されてる??って感じる
     一種の現実逃避やコンプレックスに対する心理的な逃避??・・?



    多摩電の東京三軒茶屋の老舗店主だというはんこ屋さんの顔は
    どう見てもマッカツ臭いし
    話し方が日本人の商人らしい穏やかさ地味さがない・・
    で。。玉を考えてると・・・
    多摩→玉・・・
    玉姫殿や玉の井酢やスーパー玉出・・・
    父を早世し(暗殺され?)
    器量よしというので
    子ども時分、育ててもらった四国の網元の家の一番下の娘を
    祖父の後妻さんはつれてきて
    (この四国出身の税務署長さんの紹介で来られた後妻さんが
     家に来てからは
     亡くなった祖母のときに
     買った家も
     祖母が娘たちの嫁入りに取っておいたものも、
     田舎から呼んだ何人もの人が帰るときにお土産に持たせたり
     田舎から呼んだ人を雇ったりして
     家も不動産を次々売ることになったと
     母が昔、祖父のことを案じたときに
     叔母とこぼしていた・・・
     仕舞いに、居づらくなったのか・・
     四国の黒幕の指示で??
     美容を勉強しだし??
     育ててもらった網元の一番下の瀬戸内寂聴似で
     女学校出の娘を呼び、
     ある日、東京に彼女の子ども時分から親が決めた婚約者が来てるから
     会いに行かねばならないが
     それにどうしても、祖父がついて行くように後妻さんが言い張るし
     本人もそれをお願いしますという・・
     母たちは「あれだけ、ちょくちょく、四国から来てて、
     いくら田舎の人やっても、
     誰か大事な見合いの時に
     ついて行ってあ人もないんやろか??
     なんや、けったいやな・・
     大阪では
      見合いには親がついて行くもんやのにと
     叔母と言ってたら、
     向こうへ行くと、肝心の見合い相手は来ておらず
     結局、祖父とその女性は一緒に一晩過ごす羽目になったという・・
     帰って来たら、
     その女性と女性の実家と後妻さんとで
     祖父に『責任取れ』だの
     後妻さんと兄弟同然に一緒に育った女性は
     ケンカし、
     母が,自分よりも4才上の後妻さんの立場に立って
     自分よりも4才下の女性に、
     まだ若いのだから、ここで一旦、引き下がり、
      新たな人生を歩む方むよう,説得するが
     彼女は後妻さんに,顔をバッグでひっぱたかれたからと言って
     譲らない・・
     後妻さんは詣でていく準備をしていて・・
     そこで祖父が西田辺に借家を用意し、
     そこに住むが、
     最初に店を持ったのが『玉出』!・・・
     黒幕の指示で、『玉出』に出店し、
     仲間に保護されて開店??
     彼女が店の二階で店の二階で仏壇でお経をあげてたのは
     騒々しかったお経だ・・
     (こんなに信心深いのに
      早世した前妻の祖母の法事をしようとしなかったというのも、
      最初から工作員として自覚して祖父の元に来てると言うこと??・・??)
     (この事件の顛末も、
      気がよく、周囲の空気をすかさずに読むのに長けている後妻さんは
      小学校しか出してもらってなくて、
      趣味人の祖父や母たちの信頼も失っていて
      段々、思うように動かなくなったので、
      四国の女学校で
      その後の日本の一部上場企業の重役となって活躍する人の
      奥さんたちになってる人が多く
      彼らは退職後もOEDだか世界開発機構??外務省の支援で
      東南アジアや南米などへ出かけ華々しい人生を送ってる人が多いのですが・・
     そういう経済情報にも長け、
     祖父の歴史的な話題やお付き合いにも
     一緒に出かけられるというので
     バトンタッチを四国の黒幕から指示されていた・・??・・???
     だから・・・・
      その四国勢力は
      “玉”勢力(→パチンコ玉?満州・朝鮮などアヘン栽培資本?)が
      東急(東急の重役も彼女の同窓会仲間だか地元仲間だかだった)の温泉マンションを田辺に建てたときに、
      不況で玉姫殿などは唐っ風が吹いてたはずなのに
      社員保養施設として
      2フロアを買い占め・・
      ペンシルバニアのテンプル大を日本でも開校ささせ
      民営化を強行する際の人材養成の場を作った東力氏も
      和歌山の田辺から公明票で当選している・・
      そのマンションを買ったのは・・・
      本職は神主さんなのに
      不動産や骨董など多くの資格を持って定職に就こうとしない千種さんという人が
      ちょこちょこ昔から思い立ったらという感じで受診されていて
      母と私がいないすきを狙って、ある日、父に不動産の入札を
      見に行こうと誘い、
      上六を小僧寿しと競争して高値で買ったものの・・
      (子ども時分、お昼ご飯を終えると
      父はゴロンと横になり頭を肘で支え、
      テレビを見て休憩する
      昭和期,平成初期には盛んだった専門的で最先端の医学情報番組や
      相撲や野球、松竹新喜劇を見る・・
      チャンネルをまわすとき、競馬をしてるので
      どうして競馬を見ないのか聞くと
      昔から夢中になるから見ないといい、
      しかも!初めから八百長とわかってるのにバカらしい
      と、最初から自分でも自制するほどに
      集中力がある・・子どもの頃は
      父方の祖母は神童て言われと言ってたし
      その祖母も記憶力のいい人だった印象が残ってる・・
     千種さんにはこの時ばかりは母が怒り、
     (マッカツ系の戦略で
      自分たちが仕掛けた罠に相手をはめたとき、
      自分も被害者のようになって、
      相手が罠に気づいたときの対応をして
      自分がしたことを誤魔化すという戦略が常套手段にある??
     この手に乗らないように!
      今、株価上昇してますが・・それも彼らの誘い水??)
     そのおびただしい債権者らがゴミとして残していったものが
     ビル中の天井までの棚に充満され、
     母とそれらの処分からはじまる・・
     トラックで一挙に捨てると数十万すると言うし
     資本主義的な感性では
     それで処分して、
     貸しビルで儲ければいいじゃないかと考えるだろうが
     当時、まだ、創価学会関係の人達の言いなりにはなっていなかった母は
     少しずつ、使い古しでない
     必要な人には便利かも知れない雑貨を
     幼稚園などで使って頂こうともらい手を探すことから始まる・・
    そういう日々が何年かたったとき、
     ある日、いつもと同様、掃除中に
     男の人が、すみませーんと入り口から声をかけ、
     ビルを貸して欲しいという・・
     (それまでも、多くの不動産屋さんが電話やその他、手紙などで
      声をかけてきたが、
      当時は,関空が出来る前で、
      まだ、不動産関係はヤクザと直接関係できるクロウトでないと
      危ないという認識が確立していたくらい!
      ある意味、一般大衆はシロウトとして守られていた・・
      関空以降、シロウトのはずの大衆の中でヤクザ化してる人が大変増えている・・!?
      つまり・・
      そういう不動産業を営めと言う甘い話しには
      両親とも一切、応じない
      むしろ、○○医院の奥さんは
      △ビルを賃貸してはるそうだ、と患者さんから聞いても
      私が今、マッカツ女性に感じるに近いものを感じて
      お付き合いはしなかったものです)
     不誠実には見えないというよりは、
     むしろ、人を騙す人ではない印象を持ち、
     会社が倒産し
     仲間と新会社を設立しその為のビルが必要だという・・
      職種は企業が仕事でつかうおつかいものの取り扱いだそうで
     お仕事はできる人らしい身のこなしと単刀直入な話しぶりと
     あと、服装は会社の不要品を着てらっshあるようで
     新しいけれどチグハグで体裁には無頓着でいらっしゃること・・
     そっと、母とその会社をのぞきに行って、
     入り口でトラックに荷物を出し入れしてる社員さんに
     母は『ここの社長さんてどんな方ですか」と
     一番下の人なら本音が聞ケルト思ったのに
     その青年は
     階段から『社長-!どんな人か聞きにきてはりますよーーっ』と叫ぶもんだから
     社長さんはすぐ駆け下りてこられ、
     スパイ計画は崩れ去って、
     どうも・・
     一番下の人が直接、社長に気軽に話しかけられ
     社長の人柄に
     自信をもっていたことは感じられ・・
     その方にお貸しすることになります
     業績を伸ばされ、
     業界で日本第2番目になり、
     堺に何千坪だかの土地を購入され、
     本社を自社ビルで建てられ、
     その後、ブラックマンデーで暗いニュースの時に
     産経新聞だかが『大阪の元気な中小企業』として
     取り上げられていたのですが・・
     結果から言うと・・
     関空以降・・その会社も巨大組織化するにつれ
     ヤクザが入り込んだ??のではないだろうかとおもう・・??
     業界を征してる収益率の好い中企業は殆ど、
     拡大する途中に
     ヤクザだかが専務?重役に入り、
     書類をやたら増やし、
     ヤクザとのもめ事などで発言権を拡大していき・・
     社長は
     どこでも、ハン捺しの仕事ばかりさせられ、
     書類の不備を追求され、
     不毛な仕事で実権を奪われてしまっていた・・??
     結局!この新聞で紹介された会社も
     全株の権利と共に
     マッカツらにのっとられてる・・?!?
     東力氏ら公明日蓮勢・満州勢力が裏で動いてる・・??)
    千種さん・・・
     日本神話を調べてると・・
    神武帝勢力の中で
     A)のち源氏?・・
       ミレトス学派勢に影響を受けた周から来た一武鑑・神武帝?
       卑弥呼の桜井の境界境の出入り口に
       橿原城をつくって
       お城の前を衛兵??と守って暮らしていた??
       橿原城は卑弥呼の水田のあいだに
       仕切りとしてイネを食べにくる鳥を捕る為に
       鳥モチの木を植え、
       鳥をとって、飼って卵を食べたり
       鳥を食べたりした・・
       橿=鳥モチの木 

     B)素戔嗚尊系・・・
       のち、平氏?藤原氏?
       周を滅ぼした鉄鋳造技術に長けた戎族が
       日本の倭国にまで及び
       Aと戦い、Aが卑弥呼をつれ大山に亡命する際に
       卑弥呼の生まれたての赤ん坊を
       長旅には耐えられないと言うので
       乳母に預けたが、
       戎がその赤ん坊を神武帝としてフラッグに使い
       土木・建築力で
       橿原神宮をたてた
       彼らは字が読めなかったので
       神武帝が名付けた『橿原』をそのままとって、
       自分たちが
       鉄器をつくるのに炭がいるので
       樫の木林をつくるために植林し
       カシノキ(堅カシイい木)との読みをそのまま当てはめて?
       カシハラとした・・??
      幼帝が成長すると戎賊の勢力者が
       こぞって、娘を天皇に差し出して嫁にして、
       姻戚となる・・
       (仲哀帝に押し込み嫁に入ったマッカツ神功皇后の子・応神帝が即位したとき、
        種馬のようにあつかわれ
        多くの身内が出来ることになるが・・
        それら種馬の応神帝の周囲に居た人というのが・・・
        葛城氏
        巨勢氏
        平群氏
        紀氏
        蘇我氏
        だったそうそうで・・・
        曽我ひとみさんが北鮮に拉致されたのは
        その蘇我氏の子孫だということで
        マッカツ社会を作ろうとした為・??・・?
       この中に
       紀伊を伊賀と共に治めたという紀氏があり・・・
       紀子さんの名づけになってる・・??ってことはにあだろうか??・・??
      (彼女が皇室に入って以降、
       それまでは皇室バッシングは英欧諸国のものでしたが
       日本に波及してきている!??
       第一!一子誕生の産室で
       『どうすれば男の子が生まれるか」と尋ねたということ自体が
        神道の哲学とは真っ向から反するし
        彼女はペンシルベニアのマッカツ米拠点から
        工作員として育てられてきたことはないだろうか??・・??心配・・)
      が・・堀川紀子さんは
      孝明帝の娘をもったあと、
      孝明帝を天然痘だか??生物兵器で暗殺・・・

    ミレトス・・・
       マッカツらが金を求めてエジプトに至り、
       マッカナイズされた奴隷制超資本主義独裁国家を作り
       BC9c以降、古代ギリシャもエジプト通じ
       マッカツ人らと交流し、
       最初は誘惑するのに退廃的文化と贅沢で誘われ
       そうこうするうちに、
       古代からのギリシャ神話も改竄され、
       筋が通らなくなってくる・・
     BC6c、古代イオニア都市ミレトスで
       マッカツのサポートの元で
       黒海周辺を植民地とし、
       こんな筋が通らないギリシャ神話という歴史書など無視して
       科学的に論理的にものごとを決しよう・・という動きが出てくる
       これがミレトス学派??
       ただ・・
       ここでも、マッカツらは
       科学的をヒポクラス狂(易、三大要素説・四柱推命・五行説・・・・)へとみちびいて・・
       視点を古代哲学のように俯瞰して絶対的な視点で見つめるのではなく
       限定的に絞った中での法則性、原則を追求させ
       そこから、
       カルト的な弱肉強食、
       自然界を野蛮だと定義し、
       人間の優越性を過度に評価し
       (実際は、人間だけは地球や宇宙の敵になり得る可能性をも洗濯できるという危険性を指摘して
        謙虚さを促すべきだが)
       資本主義化視点へ導き出し
       宇宙が『有』るに至った根源である絶対的な意志?の
       『無』よりも、僅かに!0.00000・・・・1%だけ
       揺らぎにより『有』に可能性が傾いたときに
       ビッグバンが起こされ
       『有』を前提にした宇宙、銀河系、地球ができ
       その地球に月があり、
       水・海がもたらされたこと・・
       つまり・・『有』が普遍的原則の基礎で
       『無』に向かってはならないこと・・
       だからといって、
       人工的に大自然が作らない生命(動物、植物とも)を作ることで
       大自然が作った動物・植物の生命を結果的に
       絶滅の脅威にさらすこともしてはならない・・
       マッカツ学者らは
       自然界を守る為に
       人工的な植物などを作ってるというが、
       どれが普及すると
       自然界で育ってきた植生に影響を及ぼし・・
       又、人が保護保持知る観点からの自然界を大切にしなくなり、
       つまりは・・
       人の欲をさらに拡大させ充足させていき、
       宇宙・地球の『無』へと向かってる・・??
      安さんというヌードとNHK教育と両方をしてるひとの番組で
      取り上げられるのは
      大抵、マッカツ系哲学の研究者のお顔つきの人が多いように感じますが・・
      安さんはマッカツ系仏教信者ではないだろうか・・??
      小泉期によくテレビに出ていたマッカツ占い師のおばさんがいましたが
      彼女がデビュー当時の安さんをサポートしていた印象に残ってる
    ・・??
      悪いことは自分の手ではしてなくても
      それをする人達を許容orサポートしている人に感じる虚無性?
      諦め?のような開き直りを感じる・・??・・??
      日蓮系の激しさはないが
      『虚無』を受け入れた人の冷たさをかんじる・・

        
    でも・・大化の改新で一旦、マッカツ政権になるが
     実際は、多くの良識あるリーダーたちが
     まだまだ、臣下に多くいて、
     社会全体がマッカツ化されてはいない
     ただ・・政権リーダーがマッカツになると
     法律でルール化して
     良識ある人たちの行動を束縛し、
     徐々に、資本主義化社会へと方向付けられてしまっていく・・??
     (資本主義社会もしっかりと!ソクラテス的な大自然の原則,普遍性を傷つけないように
      しっかりとコントロールされた中でなら
      致命的な被害はないが
      そもそもが大自然の所有物であるはずの
      森林、大地、海、山、川を資本で人間が所有することになって
      巨大資本絶対主義社会になると
      大自然の地球や宇宙の寿命を傷つける・・
    というよりは・・
      自然界のバイオリズムが崩され、
      自律神経失調症?のようになる・・??
     
    今回の静岡の大雨事故も
     株で
     ヤマハを支援するマッカツが
     河合を制したということなんだろうか・・??

    or マスコミでさんざんなノリピー報道が
     反面、バックミュージックにノリピーの歌が流され
     まずます!人気が出てると報道されてるが
     バーニング事務所(←拝火教に因む?アヘン系?)と
     サン・ミュージック(太陽賊が覚醒剤系?)との関係を暗示??・・??

    マッカツが政財界を統治すると・・
     こういう風に・・
     周囲の目に見えない圧力で(雰囲気を察しろ!キャンペーン?)
     全然!おもしろくもないしわからないとされることに
     愛想笑いや拍手をして
     『カラ騒ぎ
     (サンマは正直に『カラ(“唐?”)さわぎ』だと
     初めから言ってる・・
     リンゴや桃子は
     カラ騒ぎをしてもらって
     有頂天になってる・・??

    中身のないことに
    反応してると・・で真相は見えなくなる・・
     医療でも
     韓国同様、子供たちの移植手術が許可され
     今後は巨大資本家の為にどういう移植術が
     始まるのか・・
     ヤミでお金の為にどういうことが始まるのか・・
     
     アヘン系マッカツが
     ナチスや731部隊に起源する子孫らが
     選民意識の同じ哲学の元であるからには・・

     犬で言うと・・
     人間が代々、猟師をしていて
     雪山では黒い犬が好いというので
     黒犬同志が一緒におかれ
     黒犬画題大生まれたというような
     自然の摂理に反しないでできた犬種とはちがって・・
     足が短く、
     毛が長い方が可愛くて一緒に歩くと
     自分がスマートに見えるからというので
     人為的に放射線などを当てたり
     親族間結婚を繰り返させたりして
     生物兵器研究の際に得た知識で
     作られた犬種との地球上での存在意義のちがいがあるはず・・・!??

    それが奴隷化された人間で行われることは
    ないとは言い切れるだろうか・・??

    あるいは・・
    指をケガしたときに
    奴隷の指で移植手術をするという感性は
    ナチズムではあり得るのではないだろうか・・??

    とても危険を感じる・・


     
    神武帝勢力をABで大きく分けると・・
    Bがその後も
     乱暴者が乗っ取り争いをし、
     時代的には、
     明治期までは、出雲大社がAの流れを汲み、
     伊勢神宮系は、Bでその後も、ずっと!その時期のマッカツでの
     有力者が歴史改竄しては日本神話をも改竄し続け、
     千種氏なる名前が登場・・??
     それが満州人脈や四国-伊賀-加賀勢力にうまく、
     煽てられ、代々、利用されてきた・・??・・??
    大化の改新で改竄された『紀』・・・
    『紀』ヨリ・・・
    BC666(甲寅)10/5:神武帝(45?)、
      日向の高千穂宮の磐余彦は『東征』はじめる??
    BC662(戊午)2月、神武帝(49?)、船団を出し浪速国に至
     3月、河内国に入り
     4月、龍田へ進軍するが道が険阻で先へ進めず、
         東に軍を向け生駒山を経、中州へ向かう途中、
         『孔舎衛坂で戦い』(長髄彦の軍衆に敗戦)
         兄・五瀬命が流れ矢で負傷
         拝火教の磐余彦、東へ戦うことを避け、
         兵を草香津まで退き、盾津と名付け陣地とす
     5月、磐余彦、船出
        山城水門で兄・五瀬命の矢傷が重くなり、
        紀伊国竃山で死去
    BC663?(戊午)6/1?(乙未朔)、
        クモ池周辺で名草(名草姫)の戸畔トベを討ち、
        頭、胴、足がバラバラにされ
        民は頭は宇賀部神社(別名おこべさん)、
        胴は杉尾神社(別名おはらさん)、
        足は千種神社(別名あしがみさん)に埋葬され
        紀氏が統治し紀伊とす
        熊野を経、
        再び船出し暴風雨に遭う
        陸海とも進軍が阻まれ
        兄の稲飯命と三毛入野命が入水
        磐余彦は息子の手研耳命とともに
        熊野の荒坂津に進み
        丹敷(姫)の戸畔女を討つが、
        土地の神の毒気を受け軍衆は倒れる
    BC660:2/11神武帝即位 
     
    千種氏の名前は
     大変におどろおどろしい記述の中にあらわれ、
     私が子ども時分、聞いた話や
     周囲で故事を話してくれる大人から受ける印象は
     のびのびとして,大らかで清々しいことと
     大自然を大切にする文化というのが
     根幹にあって

     おそらく・・
     このおどろおどろしい記述は
     子ども時分の日本人には
     想像をすることさえ、嫌なことで
     
    大方は・・
     明治期か江戸期にか改竄されたのではないだろうか・・??
    『足は千種神社(別名あしがみさん)に埋葬され
     紀氏が統治し紀伊とす』
    ピタゴラス狂の方向性としては・・
     岸←喜志(河内長野の近鉄線)←紀氏ってことで・・
     孝明帝に何だか無理矢理小作りに押し込んでる印象のする女御?継室?の堀川紀子さん、
     孝明帝、暗殺後、疑われてそそくさといとまごいをしてる・・

    紀子さんは和歌山だと言うが・・・
    実は・・・
    伊賀の九の一系列で
    どこかで・・日本人になったから
    彼女の祖父だか曾祖父は
    アヘン利権で景気のいい戦中の朝鮮半島総督の次官として
    大阪市長辞任後、
    出発・・??
    彼は・・ヒョッとすると・・
    朝鮮語が話せたので・・??
    朝鮮育ちだか満州育ちだかの関一氏を10年間、
    自分が市長の間、助役として指導し、
    自律して市長ができるようになれば、
    朝鮮半島へ出かけた・・??
    1927~池上四郎、
      朝鮮総督府政務総監;
      満州でのアヘン耕作で
      小作法を制定??

    で・・・・
    最近の沖縄人も沖縄人らしくない・・
    奄美大島人も奄美大島人らしくない・・??

    昔、東大阪で整形外科を

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません