ある小説を探しています。


■あらすじ
中世頃?昔のヨーロッパの農家(?)が舞台。
ある家で雇われている少女は、毎日朝から晩まで家事や赤ん坊の子守など休む間もなく働き続けている。
一日中何かしらの仕事を言いつけられているため少女に寝る時間はない。
「寝たい」という欲求と闘い、朦朧とした意識の中で必死に働き続けるが、
ある日赤ん坊をあやしながら「この赤ん坊さえいなければぐっすり眠れる」と思い立ち…。

■手がかり
・恐らく海外の小説で、短編です。
・何らかの短編集で読みました。その作家単独の短編集ではなく、色々な作家の作品が集められた本だったと思います。
・タイトルが「眠たい」とか「寝たい」とかだったような気がします。(違うかも知れません)
・ラスト(オチ)はよく覚えていませんが、はっきりと描写せずにぼかした感じで終わっていたように思います。


作家・作品のタイトル・作品が収録されている書籍を明記してご回答頂いた方にポイントを差し上げます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/08/10 17:56:48
  • 終了:2009/08/11 09:39:25

ベストアンサー

id:practicalscheme No.1

practicalscheme回答回数157ベストアンサー獲得回数422009/08/11 09:25:28

ポイント150pt

チェーホフの短篇「ねむい」が条件にぴったり一致すると思います。

書籍は手元にないのですが、いくつかのチェーホフ全集や短編集に収められています。

下のリンクは岩波のものです。

http://d.hatena.ne.jp/asin/4003262352

  • id:saekiemi
    すみません。
    人力検索に慣れておらず、質問を終了したら回答への返信が出来なくなってしまいましたのでこちらで失礼します。

    まさしくそれです。確かにチェーホフでした!
    明快なご回答ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません