古今集の、この和歌の訳を教えてください。


まきもくの あなしの山の山人と ひともみるがに 山かずらせよ
(纏向の穴師の山の山人と人も見るがに山かづらせよ)

巻第二十の、神遊びの歌で1076です。

ある資料に使うのですが、いろいろ調べたところどうもこの歌だけ訳が無かったりして困ってます。
どうか詳しい方、教えてください!

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/08/13 14:50:32
  • 終了:2009/08/17 17:28:13

ベストアンサー

id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4729ベストアンサー獲得回数7482009/08/13 19:23:58

ポイント45pt

こうでしょうかね

纏向の穴師の山の山人と人も見るがに山かづらせよ


纏向の          まきむく(巻向)の (1.地名 以下参照) 

穴師の山の        穴師山の (2.山名 以下参照)

山人と人も見るがに   山人と人も見るだろうから (がに 接続助詞)

山かづらせよ       山かづらをしなさい (3.ヤマカズラ=ヒカゲノカズラで作ったカツラ)

http://homepage1.nifty.com/uraisan/47/4704makimuku.html

1)纏向(まきむく)遺跡は奈良県桜井市の三輪山の北西麓に所在する広大な遺跡


http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/area/kinki/nara/yamanobe.htm...

http://www2.odn.ne.jp/cbm54970/29makimuku.html

2)穴師山 位置関係


http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%83%A4%E3%83%9E%E3...

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/pteridophyta/lycopodiaceae/h...

3)ヒカゲノカズラ ツル性のシダ植物



1.の回答はこれから?↓

http://eva.genji.cc/log/tree155.html

>1076 纏向の穴師の山の山人とひとも見るがに山かづらせよ

   /マキモク /アナシ /ヤマヒト

【語釈】《句切れなし、七五調》

纏向の穴師の山=桜井市穴師、三輪山の北方、『万葉集』に詠まれる

ひとも見るがに=〔よその人も見るほどに〕、「がに」は語源不明の接続助詞

山かづらせよ=「葛」に髪飾りの「鬘」を掛ける、〔葛を鬘として飾りなさい〕

id:rushuout

返事が遅くなり申し訳ございません。

それにまつわる詳しい資料を出して頂き、とても感謝しています!

このように照らし合わせると「なるほど」とこの歌を読むことができますね。

これを参考に、この歌資料には注訳をつけていきたいと思います。

本当にどうもありがとうございました!

2009/08/17 17:12:05

その他の回答(2件)

id:youyan73 No.1

youyan73回答回数7ベストアンサー獲得回数02009/08/13 15:06:14

ポイント27pt

桜井市穴師、三輪山の北方の 山人であるように よその人も見るほどに 葛を鬘として飾りなさい

id:rushuout

ありがとうございます。

うーん、難しいですね。

年齢が比較的若い人たちの資料なので、出来るだけ簡単に、と思っています。

噛み砕いて言うとどのような訳になるのでしょうか?

私もこのあたりにあまり学がなく、理解できずに申しわけないです…。

2009/08/13 15:44:54
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4729ベストアンサー獲得回数7482009/08/13 19:23:58ここでベストアンサー

ポイント45pt

こうでしょうかね

纏向の穴師の山の山人と人も見るがに山かづらせよ


纏向の          まきむく(巻向)の (1.地名 以下参照) 

穴師の山の        穴師山の (2.山名 以下参照)

山人と人も見るがに   山人と人も見るだろうから (がに 接続助詞)

山かづらせよ       山かづらをしなさい (3.ヤマカズラ=ヒカゲノカズラで作ったカツラ)

http://homepage1.nifty.com/uraisan/47/4704makimuku.html

1)纏向(まきむく)遺跡は奈良県桜井市の三輪山の北西麓に所在する広大な遺跡


http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/area/kinki/nara/yamanobe.htm...

http://www2.odn.ne.jp/cbm54970/29makimuku.html

2)穴師山 位置関係


http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%83%A4%E3%83%9E%E3...

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/pteridophyta/lycopodiaceae/h...

3)ヒカゲノカズラ ツル性のシダ植物



1.の回答はこれから?↓

http://eva.genji.cc/log/tree155.html

>1076 纏向の穴師の山の山人とひとも見るがに山かづらせよ

   /マキモク /アナシ /ヤマヒト

【語釈】《句切れなし、七五調》

纏向の穴師の山=桜井市穴師、三輪山の北方、『万葉集』に詠まれる

ひとも見るがに=〔よその人も見るほどに〕、「がに」は語源不明の接続助詞

山かづらせよ=「葛」に髪飾りの「鬘」を掛ける、〔葛を鬘として飾りなさい〕

id:rushuout

返事が遅くなり申し訳ございません。

それにまつわる詳しい資料を出して頂き、とても感謝しています!

このように照らし合わせると「なるほど」とこの歌を読むことができますね。

これを参考に、この歌資料には注訳をつけていきたいと思います。

本当にどうもありがとうございました!

2009/08/17 17:12:05
id:youyan73 No.3

youyan73回答回数7ベストアンサー獲得回数02009/08/13 21:27:47

ポイント28pt

 1です。時間がなかったので訳にもならない文章になっていました。

 「纏向の」は万葉集に出てくる言葉で、本来は枕詞としての意味があったようですが、詳しいことを私は知っておりません。次の「穴師の山」と併せて序詞的に使われていると思われます。現在の奈良県桜井市、三輪山を指しているのだろうと思われますが、この三輪山は古来、神の宿る地とされています。

 まとめると、

 その、古代人にとって特別の意味を持つ(神の住む)山の人間(=山人)として見られるには、山かづら(=”葛”のことです)をしなさい、というニュアンスになります。かづら(葛)は、ここでは鬘(かつら)との掛詞になっています。

 上手く訳せませんが、

 纏向の穴師の山にいるという 山人に見られるには 葛を髪飾りとして 頭に飾りなさい

 とでもなるでしょうか。

 元々が神遊びの歌ですから、滑稽味のあるものとして解釈すると、なんとなく歌の世界が分かるかもしれません。

id:rushuout

お忙しいところ回答を頂いて、とても感謝いたします。

何度も申し訳ありません…!

枕詞として用いられるのは、youyan73さんに回答頂いてから、それを参考に

自分なりに調べたところ分かりました。

これが枕詞になるのだから、奈良のほうでは代表的なものだったのですね。

こうしていろいろと想像してみますと、なんだかいたずらげに

この句を読んでいる人々が思い浮かびます^^

詳しい解説を、どうもありがとうございました!!

2009/08/17 17:15:56
  • id:chinjuh
    1の回答の人は
    http://eva.genji.cc/log/tree155.html
    ここの書き込みを読んで直したっぽいですな。
  • id:rushuout
    chinjuhさん

    色々なところや、過去の知識を
    思い出して頂いたり、調べて頂き回答いただけるのは、とても感謝すべき事ですね。
    私も探し方が間違っていたのでしょうか?
    ネットでは検索できなかったものでこちらにお願いしたのですが、
    このようなページがあったのですね。

    自分でも少し知識があれば皆さんの回答にもすぐにお答えできたのに、と
    反省しております。

    質問をご覧頂きありがとうございました!
  • id:rushuout
    回答ありがとうございました。

    今回は、たくさんの資料を添付して頂きましたMEI-ZA-YU さんに
    いるか賞を付けさせて頂きました。

    youyan73 さんの回答も、とても参考になりましたし、新しい解釈も
    得る事ができました!

    ほんとうにありがとうございました!
  • id:chinjuh
    たぶん、わからないのは山人のあたりだと思うんですが、
    おおざっぱに言うと仙人か神様みたいなイメージだと思います。
    その、山人に見えるように、頭に葛をかざりなさいよ、という歌ですよ。
    なぜ仙人のコスプレをしなきゃいけないのかは想像の域を出ないのですが、
    そういう格好をして踊ったり、歌ったりして、神憑りする儀式だったのかもしれないです。


    便宜上、神や仙人のようなもの、と説明しましたが、
    もとは穴師というのは山に籠もって製鉄業かなんかに従事していた人たちのことなので、
    神様というほど清浄なイメージではないかもしれません。
    古代人にとって、山は次元の違う神仙の世界でしたから、
    人里から離れて山で暮らす人たちを、不思議な存在として見ていたようです。

    http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/18406_14349.html
    >八 山のことほぎ

    穴師部のことを兵主部(ひょうすべ)とも言うそうですが、
    そういう名前のカッパのような妖怪がいますね。
  • id:rushuout
    なるほど、おもしろいですね。

    >そういう格好をして踊ったり、歌ったりして、神憑りする儀式だったのかもしれないです。

    山に入ったら、もののけや動物を避けるために、山の者のフリをするのか、とも思いました。
    そんな風に、この歌一つで色んな想像が広がるのは、本当におもしろいですね。
    chinjuhさんのコメントで、山人がどんなモノで、どんな解釈なのかがわかりました!

    兵主部(ひょうすべ)、見てみましたらなんだかおじさんのような…;
    カッパだとか、食物の神だとかもああるんですね。
    そうとう毛深いそうで、これも山にいた山人に由来しているんじゃ、なんて想像をしてしまいます。

    ポイントによるお礼が出来ず申し訳なく、残念です。
    おもしろくためになるコメントをありがとうございました!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません