選挙も近づいてきましたが、「衆議院の議席の3分の2」を1党だけで超えた場合には、どのようなことが起きるのでしょうか?


そのメリット・デメリット・予想されることを教えてください。


以下の記事を見て、質問させていただきました。よろしくお願い致します。

Yahooニュースを見ていたら、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000577-yom-pol

「風の強さは小泉旋風の比ではない。このまま推移すると、史上初めて1党だけですべてを決めることができる(議席の)3分の2を超える可能性も出てくる」と危機感をあらわにした。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2009/08/25 22:12:51
  • 終了:2009/09/01 22:15:03

回答(8件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/08/25 22:28:19

ポイント17pt

衆院を通過し参院で否決された法案について、再び衆院議員の3分の2以上の賛成があれば法律として成立するという、いわゆる「3分の2ルール」(憲法第59条2項で規定)を適用することが可能となり、すべての法案を可決する力を得ます。

現在、参院(定数242)のうち、民主党が持っている議席は110、自民党は84(公明党と合わせて105)しかなく、いずれも絶対多数にはなり得ません。このため、いずれが政権を取っても参院で否決されるケースが予想されます。しかし、衆院で3分の2以上の議席をとれば、参院の意思を封じ込めることができるわけです。

id:com111

なるほど。ありがとうございます。

2009/08/25 22:36:45
id:yofucasi No.2

yofucasi回答回数102ベストアンサー獲得回数32009/08/25 22:35:06

ポイント17pt

憲法改正に踏み出すんじゃないでしょうか?

id:com111

憲法改正って、「衆議院の議席の3分の2」だけで出来ましたっけ?

2009/08/25 22:37:08
id:IlO10l0Il No.3

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/08/25 22:37:29

ポイント16pt

いわゆる一党独裁というデメリットがあります。

どんな無茶な政策でもその政党が提案したものはほぼ100%成立します。

衆議院可決→参議院否決となってもその後に衆議院の3分の2の賛成で可決となりますからね。

そうなると、連立している必要も無くなりますから、連立している他党の声すら聞かなくなる可能性があります。


メリットは、「国民が選んだこと」なので諦めがつくというところでしょうか。

小泉政権も強引な形が多かったですが、批判は少なかったですよね。

ただ、あくまでもマニフェストに嘘が無いことが前提であって、もし提言しているマニフェストを裏切るようなことがあれば大批判は避けられないでしょうが。

id:com111

なるほどですね。ありがとうございます。

2009/08/25 23:39:58
id:winbd No.4

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432009/08/25 22:42:08

ポイント16pt

デメリット:すべての法案を可決出来る。

憲法改正だろうと外国人参政権だろうと増税だろうとすべて可決されます。

民主党と組んでる共産党は憲法改正に反対ですが、民主党は賛成なので連立政党すら無視して改正することも出来ます。

4年間は民主党の思うがままの日本を作れるわけです。

id:com111

回答ありがとうございます。

2009/08/25 23:40:18
id:WATAO71 No.5

WATAO71回答回数319ベストアンサー獲得回数172009/08/25 22:59:25

ポイント16pt

小泉政権のときも言われましたけど、要するに「独裁政権」ですよね。

小泉政権の場合は公明党の意見も取り入れなければいけませんでしたが、一党で3分の2を超えた場合は他の政党をすべて無視することが可能になります。


憲法改正については国民投票が必要なので大丈夫・・・と言いたいところですが、その国民投票法案すら改正されてしまえばそれまでです。

いわば王権国家のように、民主党が王様で、王様が黒いと言えば白いものも黒く出来るわけです。

id:com111

デメリットの方がやっぱり多いのかな?

回答ありがとうございます。

2009/08/25 23:40:47
id:nibomp No.6

鈍音符回答回数52ベストアンサー獲得回数02009/08/26 07:41:11

ポイント16pt

既に他の方が回答している通り、3分の2ルールで連立相手の反対すら押し切って法案を通してしまうというデメリットがあります。ただし、この手は福田内閣が乱発して支持を失った手段ですし、民主党中心政権が出来た場合は他党の連立離脱を招きかねない、民主党にとってもリスクのある手段です。連立離脱する党が出ること自体が政権担当能力を疑われ支持を失うことです。また現在の民主党の場合は参議院で過半数の議席を持っていないので来年の参院選までに社民党や国民新党が離脱すると参議院の過半数の議席の維持すら出来なくなります。しかしそうなると国民の声が届かないところで政界再編(自民党と大連立など)となる恐れがあります。

なお、憲法改正は参議院で3分の2の賛成を得るには民主党単独では無理で最低でも自民党の賛成が必要です。これは現状と変わりません。

今回の総選挙で民主党が3分の2を超えた場合、こうしたデメリットを抑えるには、来年の参院選で民主党が過半数を獲得することがないように、民主党中心政権支持の人なら他の与党か共産党、野党支持の人ならそのまま野党へ投票することでしょう。

id:com111

なるほど。来年には参院選があるのですね。ありがとございます。

2009/08/26 16:45:05
id:bg5551 No.7

bg5551回答回数1184ベストアンサー獲得回数802009/08/26 09:36:15

ポイント16pt

全ての法案が成立させることができます。

2大政党がくずれることによって、1党独裁政治となります。

メリットとしては素早い政府の決断が来たり、法案の通過が可能になりますが、

その反対にデメリットとしては、その政党に都合のよい法案や国民に不利益と

なる法案までもが可決されてしまいます。

現時点ではどの政党も3分の2以上の議席を獲得できそうなところはないですね。

id:com111

ありがとうございます。

2009/08/26 16:45:17
id:azuco1975 No.8

azuco1975回答回数613ベストアンサー獲得回数162009/08/26 22:01:46

ポイント16pt

Hi,com111

次の参議院選挙があるので、それまでは独裁政権状態で世の中が進むかもしれません。

独裁政権になった時点で、前から言われている2院制は無駄だとかいってたので、

1院制にしてしまうかもしれません。

そうすれば、独裁政権は10年ぐらいは続きます。

  • id:Yoshiya
    日本国憲法 第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

    憲法の改正には衆議院で320人(定数は480人)、参議院で162人(定数は242人)の賛成が必要です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません