昔読んだ本を探しています。(最初に、見つけていただいた方に1000ポイントを差し上げます。)

10数年前に読んだ本ですので、内容があやふやで申し訳ありませんが、わかっているのは、下記のとおりです。
・カバーの表紙は、塔に雷がおちて真っ二つに割れている絵でした。
・おそらくは、外国作品です。(もしかしたら、国内作品かもしれません。)
・ミステリーではありませんが、叙述トリック的なものが使われていた気がします。
・主人公は、男の子だった気がします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/08/30 00:08:38
  • 終了:2009/09/06 00:10:02

回答(2件)

id:chika508 No.1

chika508回答回数190ベストアンサー獲得回数252009/08/31 13:23:28

ポイント35pt

指輪物語の「二つの塔」は違いますか?

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E6%8C%87%E8%BC%AA%E7...

id:mhiro0630

ありがとうございます。

残念ながら、これではありませんでした。

2009/08/31 23:08:33
id:nameress No.2

クロス回答回数61ベストアンサー獲得回数22009/09/01 01:16:16

ポイント35pt

バベル消滅

バベル消滅

  • 作者: 飛鳥部 勝則
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

日本の作品ですが、どうでしょう?


参考になるかは、わかりませんが個人的推測を一つ。

自分は表紙の塔に雷が落ちて真っ二つに割れている絵と

いうのでタロットの塔のカードを連想しました。

だから、タロットカードの関係する物語では無いかと。

ぐぐってみても見つかりませんでしたが、

この線で思い当たることはないでしょうか?

id:mhiro0630

ありがとうございました。

返信遅くなりすいません。

確かにご指摘の通り、タロットカードの絵に似ていたような気がします。

10数年前なので、タロットカードが登場したかまでは覚えていませんが、重要なファクターにはなっていなかったと思います。

2009/09/03 23:40:16
  • id:chinjuh
    タロットカードは10年どころか何十年も前から日本にありましたよ。
    10年前なら、オカルトブームがやや定着した頃なので、
    むしろ積極的にイラストの元ネタとして取り入れられていた時期かと思います。


  • id:mhiro0630
    そうなんですね。
    タロットカードの線は無理そうですかね・・・。

    ありがとうございました!
  • id:MEI-ZA-YU
    mhiro0630さん
    最初からコメント欄開けて下さっていたらもう少し質問できたんですが・・・
    私も検索していたらタロットの画像がよくひっかかっていました。
    そこでタロットに絞って探すと、それらしきものが多く出ます。↓
    http://images.google.com/images?hl=en&rls=com.microsoft:en-US&um=1&q=Tarot+TOWER&sa=N&start=0&ndsp=20

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません