ダムは必要なのでしょうか

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/09/05 23:47:43
  • 終了:2009/09/10 11:55:27

ベストアンサー

id:miharaseihyou No.14

miharaseihyou回答回数4453ベストアンサー獲得回数5462009/09/06 23:20:35

ポイント18pt

この質問には矛盾があります。

 

先ず、現在稼働しているダムは大勢の住民に利益をもたらしています。

従って、「必要か?不必要か?」という二択の設問では「必要である。」に決まっています。

 

「これ以上ダムを作り続ける必要があるのか?」という設問でも、部分的な必要性は計画されている全てのダム建設に存在します。

 

それでは「この質問が意図するのはどういう事か?」と考えてみると「コストパフォーマンス」だと判断せざるを得ません。

 

現在の財政状況にあっては政治が支出するお金の原資の過半は借金であり、将来の税金の負担をより大きくするものです。

そういった状況で、更に少子高齢化社会を迎えている(国全体の将来の稼ぎが減る)という事情を勘案して、尚かつ、造った方が、総合的に見て、自然環境に与えるマイナス要素も差し引いて、「総合的、歴史的に社会的な負担を軽減する」・・・というのであれば造るべきでしょう。

 

これは公務員の給与から外郭団体の維持や公共事業の実施、社会福祉政策の改変に至るまで全ての分野の政治的な支出について言える事です。

 

<結論>

現時点で、そこまでの必要性を認められる新規物件、計画物件は皆無であると思います。

既にあるダムで現状の需要はほぼ満たされている。

将来の人口減を考えれば、需要は減少すると考えるべきでしょう。

全ての案件を既に使った予算をも勘案して精査し直すべきと主張します。

案件によっては稀には将来の必要性、コストパフォーマンス、中止した場合のマイナス効果などなど、全ての条件をクリアするモノもあるでしょう。

しかし、エネルギー多消費型社会が縮小する中で、借金の利子分のマイナス要素までを差し引いた上で、明確な必要性を求められる計画は、それほど多くないと思われます。

それに、日本国内で効率の良い場所には既にダムが建設済みでもあります。

効率の良い場所から建設していったのだから当然です。

今、残っているダム計画は、理想的な地点での計画ではありません。

水力発電の成果にも建設に要するエネルギーを差し引くと疑問符が付くのです。

id:surippa20

かんぺきですねしまりました

ありがとうございました

2009/09/10 11:55:15

その他の回答(13件)

id:afurokun No.1

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/09/05 23:49:00

ポイント13pt

ある程度は必要でしょう。

生活に水は欠かせません。

id:surippa20

たしかにそうです

2009/09/06 11:22:51
id:azuco1975 No.2

azuco1975回答回数613ベストアンサー獲得回数162009/09/05 23:55:26

ポイント13pt

ダムは必要ですが、景気のいいときにやるべきです。

確かにダムを作ることで雇用ができたり、その地域が潤いますが

50年後、100年後のことまで考えてできる財政状況ではありません。

id:surippa20

これもそうですね

2009/09/06 11:23:15
id:kyokusen No.4

きょくせん回答回数824ベストアンサー獲得回数862009/09/06 04:08:51

ポイント13pt

 福井水害を例に。

http://www.kkr.mlit.go.jp/kuzuryu/press/kiji/pr040719.html

 平成16年7月18日の福井水害では、真名川ダムが大きな治水効果を発揮しました。もし、足羽川ダムがあったら福井水害は起きなかっただろうとも言われています。

 ただ、これは足羽川の治水計画がそもそも足羽川ダムが存在しているという前提の下に組まれていますので、その想定がない治水を行っていたらどうだったかという事まではわかりません。

 昔は遊水地や水田への緊急放水が行われ、水害を防いだとも聞きます。現在、これらの土地は宅地になったり商用地になったりで使用できなくなっているそうです。

 ダムは、水害に関して言えばあった方がいいのでは、とは思います。ただこれはダム建設地にのみ大きな負担を強いる治水計画であるともいえましょう。

 水源としてのダムは、随分古い給水計画の下に造られていますので、再検討はなされてしかるべき、とも思います。

id:surippa20

治水と給水ですね、治水はピンとこない人はおおいように思うのですが

2009/09/06 11:24:39
id:adlib No.5

adlib回答回数1834ベストアンサー獲得回数1052009/09/06 04:36:43

ポイント18pt

 

 ダムは眠らない ~ 水を飲む人 呑ませる人 そのまた水を運ぶ人 ~

 

 犯罪学では、利益を得る者を疑うのが原則です。

 したがって、水を飲む者、農耕者、土木労働者、失業者はともかく、

建設業界の談合から、行政との癒着のような犯罪が派生するのです。

 

 古代文明では、水利・治水を制した者が尊敬されました。

 清盛も治めることができなかった鴨川も、ついに25歳の工学博士が

疎水工事に着工したのです(彼らを治水四傑と呼ぶべきでしょう)。

 

 空海 上人 弘法大師 07740727 讃岐 08350422 62 /宝亀 5.0615~承和 2.0321/灌漑事業

 平  清盛 太政大臣 1118‥‥ 伊勢 11810320 63 /元永 1.‥‥~治承 5.0204閏

 田辺 朔郎 土木工学 18611202 京都 19440905 83 /文久 1.1101~/1886-琵琶湖疏水

 中田 正一 農林技官 1906‥‥ 兵庫 19911027 84 /NGO「風の学校」創設/井戸技術

 

 かつて、経営の神様の持論は「金とダムは貯めて使え」でした。

http://plaza.rakuten.co.jp/tenshino/diary/200908160003/

── 松下 幸之助《21世紀の日本 7 ダム経営編 197701‥ PHP文庫》

 

 彼は経営者として成功したので、経済哲学に通じていたわけではなく、

比喩としてのダムをイメージしたのでしょう。

 ダムに埋もれた村の《五木の子守唄》には、いまも心うたれます。

 

(未完草稿より)

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19740802

 転生伝説 ~ 不空から空海 ~

 

id:surippa20

哲学てきというか文化てきなにおいのするご回答で、とってもうれしいです。ありがとうございます。あとでゆっくり拝見いたします

2009/09/06 11:25:59
id:suppadv No.6

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682009/09/06 08:39:51

ポイント18pt

必要か不必要かで考えれば、必要だと思います。

水不足なども起こりますし、水力発電は、クリーンエネルギーです。


しかし、費用対効果も考えあわせて、今のダム建設のような費用をかけて、なんか利権が絡んでいるような臭いのプンプンする状態で作る必要があるかと考えると、まぁ、必要はないという感じですね。

id:surippa20

そうですね、ここですね、利権が絡んでいるようにみえるから、利権の固まりのような建造物にみえるのかもしれません。そりゃいやですよねだれだって。

完全に利権がないことが証明され、だれもが、これはクリーンで地元や地域のためになる。。

これなら、だれも文句はいいませんワ

2009/09/06 11:28:12
id:tibitora No.7

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022009/09/06 08:49:36

ポイント12pt

ダムは必要だと思います。

あまり雨が降らない地域などはダムがないと困ると思います。

水がないと生きていけません。

id:surippa20

たしかに

でもそれほどまでひっ迫するような地域のダムはもうできていると思うのですが

2009/09/06 19:52:57
id:rafting No.8

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762009/09/06 09:12:41

ポイント12pt

化石燃料の有限性、中東依存度を上げないという国際政治のリスクヘッジからも発電リソースの多様化は維持すべきだと思います。

また揚水式の水力発電では、深夜電力を使ってダムに水を上げて、昼間の需要時に放水して発電するという方式を取っています。

火力・原子力発電においては、出力の調整はエネルギーのロスにつながりますので、需給ギャップを埋めるための方策として重要であるといえます。

id:surippa20

たしかにこれは重要ですね

やはり、利権があることに怒っているのであって、ダムそのものとは関係ないのかもしれないですね、規模というかお金がちがいますから

利権が大きいから、大きいものを作りたがっているように見えてきましたが、どうなのでしょう

2009/09/06 19:54:46
id:meizhizi87 No.9

meizhizi87回答回数781ベストアンサー獲得回数142009/09/06 12:35:17

ポイント12pt

ダムは必要だと思いますが、

・脱ダム論が広まる中、ダム建設を強行すれば政府への批判がますます高まる

・環境への影響が大きすぎる。下流の生態系などが激変する可能性がある

・建設に伴う自治体への資金的な負担が大きい

・立ち退きが必要な住民が出てくる

などのデメリットもあるので、作ると決まったら必ず作ればいいと思います。

八ッ場ダムのように、ダムの建設が白紙になることによって、また費用が莫大にかかることを考えるならば、途中でやめないで建設すればいいのにと思うからです。

id:surippa20

たしかにそうですね

感情論も一説では大変重要なもののようなので、なんともいえないところもありますが

2009/09/06 19:56:48
id:worldabu No.10

worldabu回答回数35ベストアンサー獲得回数62009/09/06 14:53:39

ポイント12pt

今、計画されているダムのなかには立案が30年以上前の物が多数あります。

計画当時は工業用水利用量が右肩上がりに増えていましたが現在では節水等の技術が進み

当時の計画ほど水を要求していません。

そのため、水が余り各自治体が「水はそんなにいらないので負担金を減らせ」と言っています。

それなのにダムを作る計画を進めるために、後付で治水の理由がつけられている事が

非常に多くなっています。

そこまでしてもダムを造ろうとするのは、当然ながらそれによる利益を得られる人たちが

いるからで、そういう人たちのためのダムは要りません。

id:surippa20

たしかに、そういう人たちの為にはいりませんね

なんだか、システムというかフローというか、決まり事というか、そういうものに縛られてしまう、パターンで、これから抜け出すのは、やはり難しいのでしょうね

2009/09/06 19:58:26
id:mandoto57 No.11

mandoto57回答回数850ベストアンサー獲得回数372009/09/06 16:43:47

ポイント12pt

「脱ダム」宣言

 数百億円を投じて建設されるコンクリートのダムは、看過(かんか)し得ぬ負荷を地球環境へと与えてしまう。更には何れ(いずれ)造り替えねばならず、その間に夥(おびただ)しい分量の堆砂(たいさ)を、此又(これまた)数十億円を用いて処理する事態も生じる。

 利水・治水等複数の効用を齎す(もたらす)とされる多目的ダム建設事業は、その主体が地元自治体であろうとも、半額を国が負担する。残り50%は県費。95%に関しては起債即ち借金が認められ、その償還時にも交付税措置で66%は国が面倒を見てくれる。詰(つ)まり、ダム建設費用全体の約80%が国庫負担。然(さ)れど、国からの手厚い金銭的補助が保証されているから、との安易な理由でダム建設を選択すべきではない。

 縦(よ)しんば、河川改修費用がダム建設より多額になろうとも、100年、200年先の我々の子孫に残す資産としての河川・湖沼の価値を重視したい。長期的な視点に立てば、日本の背骨に位置し、数多(あまた)の水源を擁する長野県に於いては出来得る限り、コンクリートのダムを造るべきではない。

http://www.pref.nagano.jp/doboku/tisui/sengen.htm


場合よってはいらない。

id:surippa20

んん、少し読んでみます

2009/09/06 19:58:53
id:lancer13 No.12

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/09/06 19:01:59

ポイント12pt

ダムについて「ダムの必要性と役割」

http://tatsumi-dam.jp/about/role.html




ダムの必要性と効果について

http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/dam/gaiyou/panf/damu/...

id:surippa20

ダムには、やはりダムの機能はあるんですね

2009/09/06 19:59:53
id:miharaseihyou No.14

miharaseihyou回答回数4453ベストアンサー獲得回数5462009/09/06 23:20:35ここでベストアンサー

ポイント18pt

この質問には矛盾があります。

 

先ず、現在稼働しているダムは大勢の住民に利益をもたらしています。

従って、「必要か?不必要か?」という二択の設問では「必要である。」に決まっています。

 

「これ以上ダムを作り続ける必要があるのか?」という設問でも、部分的な必要性は計画されている全てのダム建設に存在します。

 

それでは「この質問が意図するのはどういう事か?」と考えてみると「コストパフォーマンス」だと判断せざるを得ません。

 

現在の財政状況にあっては政治が支出するお金の原資の過半は借金であり、将来の税金の負担をより大きくするものです。

そういった状況で、更に少子高齢化社会を迎えている(国全体の将来の稼ぎが減る)という事情を勘案して、尚かつ、造った方が、総合的に見て、自然環境に与えるマイナス要素も差し引いて、「総合的、歴史的に社会的な負担を軽減する」・・・というのであれば造るべきでしょう。

 

これは公務員の給与から外郭団体の維持や公共事業の実施、社会福祉政策の改変に至るまで全ての分野の政治的な支出について言える事です。

 

<結論>

現時点で、そこまでの必要性を認められる新規物件、計画物件は皆無であると思います。

既にあるダムで現状の需要はほぼ満たされている。

将来の人口減を考えれば、需要は減少すると考えるべきでしょう。

全ての案件を既に使った予算をも勘案して精査し直すべきと主張します。

案件によっては稀には将来の必要性、コストパフォーマンス、中止した場合のマイナス効果などなど、全ての条件をクリアするモノもあるでしょう。

しかし、エネルギー多消費型社会が縮小する中で、借金の利子分のマイナス要素までを差し引いた上で、明確な必要性を求められる計画は、それほど多くないと思われます。

それに、日本国内で効率の良い場所には既にダムが建設済みでもあります。

効率の良い場所から建設していったのだから当然です。

今、残っているダム計画は、理想的な地点での計画ではありません。

水力発電の成果にも建設に要するエネルギーを差し引くと疑問符が付くのです。

id:surippa20

かんぺきですねしまりました

ありがとうございました

2009/09/10 11:55:15
  • id:meizhizi87
    参考を忘れました。すみません。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1330148153?fr=chie-websearch-1&k=njEZpun.70mDBFXy5wLnH8zS.ipmteNlMM.eQwr5tplIpFFywqLt3BjvWa0d6n8UJ90uvj4vphrc7A._FTaYKj4rXaRhwK0UyeSLXx8Rfh3rc.qg.mKVZ8JKOo7HgugVeeGThndxNcEJN5piK_NM7qOU.1eZNin.QYYSV9wj1W.JOGM5USm5oJoTtPGyWONfefNz8RKEWOyKmq3t.YAPhjB0mMH0rRJFt7gM4wfqESyGbkk7LT2f37r8p0QkIJgbnoRtVqpGJ2LdBqn93O6TJurVMITkIIG9c3VabfaA5PW.ilG8FQFKQf14lbuhfhHscsumg5QproT2WR2NQPeXZ6nTCRseBHrNYN.oyCAw4dI6XrFm4l3TR16q93mV3BNzV1g52AwzKg--
  • id:surippa20
    ありがとうございます
  • id:surippa20
    このページに、ダム工事のアドワーズ広告がでていました

    ダム工事の常識www.radcon.co.jp
    特許取得数5件の実力! ダム工事ならラドコン
    http://www.radcon.co.jp/alkaline/

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません