進化の総合説について詳しく書いてあるサイトあるいは本,論文を教えてください。ただしありきたりのサイトでは駄目です。教えて頂いたサイトから単純に検索して出てきたサイトと判断させていただいた場合はポイントは上げられません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/09/20 19:45:32
  • 終了:2009/09/25 06:23:33

回答(3件)

id:yokoyamatakumi No.1

たくみ回答回数7ベストアンサー獲得回数02009/09/20 21:07:21

進化論 - Wikipedia

やっぱWikipediaは、わかりやすいと思います。

id:photos

これはだめです。

2009/09/20 23:37:39
id:iynet No.2

iynet回答回数11ベストアンサー獲得回数02009/09/22 21:51:19

お近くの図書館のレファレンスサービスをご利用することをお勧めします。

http://www.library.metro.tokyo.jp/index.shtml

id:photos

これも駄目です。

2009/09/22 21:55:42
id:U-tan No.3

U-tan回答回数64ベストアンサー獲得回数102009/09/24 22:59:21

ポイント80pt

進化の総合説,の定義として,自然選択について遺伝子レベルから個体生理・行動・生態系レベルまでを総合して考える進化論とします.

C.R.Darwin『On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life』(1859初版).『種の起源』(岩波文庫等). http://darwin-online.org.uk/ではダーウィンの全著作が閲覧可能です.ダーウィンの著作の洞察は分子遺伝学より以前のものだが優れています.

N.A.Campbell,J.B.Reece『Biology』(2007第八版)『キャンベル生物学』(丸善,2007原著第七版).キャンベルの生物学は分子・細胞・生理・行動・生態について進化を中心的なテーマに一貫した視座を与えます.

この二冊は特におすすめです.

Rob Phillips, Jane Kondev, Julie Theriot『Physical Biology of the Cell』(Garland Science,2008)進化が主題ではありませんが,物理学の方法での細胞生物学のモデルの定量的な記述につき詳しいです.細胞機能についての定量的な感性が磨けます.

id:photos

どうもありがとうございました。

2009/09/24 23:26:48
  • id:U-tan
    Martin A. Nowak『Evolutionary Dynamics』(Belknap Press of Harvard University Press,2006).『進化のダイナミクス 生命の謎を解き明かす方程式』も.
  • id:U-tan
    『進化―分子・個体・生態系』http://www.amazon.co.jp/dp/4895926214/が最近出版された翻訳書です.http://www.amazon.co.jp/dp/0879696842/が原著です.

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません