ある学習塾が「近年、国語力の低下が深刻です。国語は算数や理科を学ぶ重要です。」という広告をみました。


 1980年頃から国際化が叫ばれ出し、2000年頃五木寛之氏が「そろそろ難解な漢字を使った本にルビをふる時代が来たのではないか」という旨の発言をされています。

 皆さんのご意見は1.賛成、2.反対、3.一部賛成、いずれでしょうか?理由も付してお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2009/09/22 20:12:18
  • 終了:2009/09/23 06:38:56

回答(14件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
1.賛成 todo_todo2009/09/22 23:27:05ポイント1pt

むしろ国語力を低下させるために、ルビなしが推奨されているように感じます。

日本語で表現できるところをカタカナ表記にすることと同じです。

一般国民に古い資料を読むことができなくさせるための政策の一つがルビなし漢字なのでしょう。

こちらのページの意見が面白いと思います

http://www21.ocn.ne.jp/~kobataka/literature/nitigai.html

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません