自民党解散!!!!!!!!



以上!!!!!!!!


森 喜朗が後ろで糸引いている "西村" と 優柔不断で実行力ナシの世襲老害議員 "谷垣" とコレマタ数代続く世襲お坊ちゃま議員 "河野" で党再建ですカ!!!???


は、は、は、は、は、は、!!!!!!!!


ヤクザとの関係はドウなさるんです!!!???


統一教会との関係は!!!???


創価学会との関係は!!!???


ドレ一つとして、断ち切る事は出来ナイでしょうネ!!!!!!!!


そして、最後に頼りスガル所はヤッパリ CIA とソノ出先機関で読売グループ・フジ産経グループ・NHKを随き従がえた世論操作・世論捏造誘導の極悪在日集団の "電通" ですカ!!!???


今日もマタ、国際ユダヤグループ(CIAの大元)が金融為替市場で民主党政権に揺さ振りを掛けて、日本のメディアを使って、民主党の足を引っ張ろうとするだろうが、民主党は一切 怯(ひる)む事ナク自らの政策を推し進めヨ!!!!!!!

鳩山由紀夫のアホ、石原に頼まれてノコノコIOCに出席ってか、バカ野郎!!!!!!!!

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2009/09/28 12:50:33
  • 終了:2009/09/29 07:51:21

回答(3件)

ただいまのポイント : ポイント6 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
結局Hafizさんは IlO10l0Il2009/09/29 06:49:51ポイント3pt
どの政党を応援してるんでしょうか?
民主党支持じゃないですか? sidewalk012009/09/29 07:14:44ポイント2pt
もしくは反自民
自民の総裁選をあれだけ放送する意味はあったんでしょうか? jozetora2009/09/29 07:40:30ポイント1pt
第1野党ではありますが、いまいちインパクトがなかったですね。
  • id:bakafiz
    なにが言いたいのか理解できた人は教えて下さい。
  • id:takokuro
    『鳩山由紀夫のアホ、石原に頼まれてノコノコIOCに出席』について・・

    鳩山兄弟兄は
    実は・・
    マッカツ系の政治フラッグとして
    ブリジストンの前身の足袋屋さん??・・??だった石橋氏と
    結婚され
    日本での在日勢力の為にと資本力を与えられた・・??・・??
    でも・・・
    この頃の在日勢力と
    ここ十数年で猛威を振るってるマッカツ系勢力とは
    大きく、違う・・・ヘン?!
     その違いの根底にあるのが・・
     わたしの周辺では
     カトリック社会での
     スクート会(淳心会:姫路拠点、米WTC911テロでも関与していたというベルギー宣教会、
          江戸期からのスペイン系マッカツ勢力の成りすましカトリック勢力であった大村氏、有馬氏らの末裔?たちの力でできた仏系大阪大司教など・・
          オプスデイ系カトリック・・・
          黒マリアをつかって、
          かつて、アフリカで天国のようなアメリカに行けると言って
          黒人をあつめ、奴隷として売ったこと、
          ウェールズからアメリカへ移民した真性カトリック勢力は
          南部を農業開発し経済基盤を確立することで
          マッカツらが
          アメリカの現住民を追放、駆逐し
          工業化で巨大資本主義化を進めようとしたのを阻もうとし、
          スペイン商船から売られた奴隷を
          出来るだけ、自分たちの手の元で
          マッカツらに負けないように生き抜くことが出来るように
          農業責任者や
          ハウスキーパーの長として保護する・・??・・??
          淳心会のシンボル/マークは
          剣に十字架ですが
        伊サレジオ会のシンボル/マーク?は
          淳心会のマークにバッテン×をつけたものです。。
          サレジオ会がターゲット目標にしていたのは
          実は仏スペインよりも
          スクート会淳心会・・??
          聖書であったことをすべて!事実として解釈し
          その為にカルトまがいの
          イエスの血や衣服と言われる遺物たるものを探し出して
          イエスの再来を熱望するという集団も
          交えてた事件があるそうですが・・
          大体!一卵性双子でも
          性格が全く違うように
          形質がにていても
          精神はちがうから個を尊重すべき理由があり?
          DNAで遺伝されるのは
          形と筋肉や体質だけで
          精神や意識は別物のはず・・?・・??
         精神や意識が家族で似てるのは
          未成年時期を共に暮らすからで
          他人の子であっても、一緒に暮らしてると
          共通する価値観が自分とはちがっても
          よく理解出来るのと同じ・・・
          また、若い頃、反発して『違う』ことを求めるからこそ?!
          再度、ただのリピートやコピーではなく
         自分自身で新たに同じ価値観を獲得する・・??
          だから・・古くならずに
          いつまでも活き活きと瑞々しいままで
          価値観が伝承されていく・・??・・??

         一方、マッカツらの予定説(人為的につけられる名前でも
         人為性により仕向けられたプロフィールは本来は
         『運命』や『天命』などとはよばないはず??・・)というものが
         長年引き継がれていくのは
         そこに謀反することへの
         残虐な報復があるからで
         だからこそ!
         山口系ヤクザや陰湿な工作員が
         必用となり!
         つまりは・・
         大自然の価値観での無駄のために
         大自然の資源を大きく無駄遣いすることとなり・・
         (ex 地産地消と
            外国から食糧依存をする流通など
             美容のために大豆を買い占め、
            食糧としての大豆の価格が高騰する矛盾?
            テレビ放送を地デジにする為に
            衛星を打ち上げ
            宇宙環境を人工的に変化させてしまうことなどなど)
         地球上、宇宙環境での様々な矛盾を抱えることになってしまう・・mmm・・・
          
        では、形や体質の遺伝はされるのに
        どうして?精神や意識は別物なのか??DNAから独立的なのか・・??
        意識の中でも
        人間の意識の特徴は
        自意識のあり方のバリエーション・・??
        赤ん坊の時点で
        目にする母親は
        赤ん坊にとっては自分自身として認識されると
        家庭科の先生にならいましたが・・
        (つまり・・
         母親が笑うと笑い、
         怒ったり泣いたりすると意味もなく泣く・・)
         やがて、自分と自分でないものとの認識ができると
         世界とは自分でないものとして認識する??
         が!同時に
         世界の中にある一部としての自分の存在も理解し
         世界の一部の自分が、世界を認識して
         この無限の循環、反射的なものとして人間特有の『意識』の特徴??
        『自意識』もその中で生じる・・??
         動物にも幼稚ですが『自意識』が感じられるのが
         社会を作って生活するときの猫、犬の
         子どもや若者に対して
         先輩として危険を教えようとしたり、
         自分のお皿のミルクや餌が
         ご馳走の時、他の自分よりも弱そうだったり、子どもだったりする犬や猫がそばにいるとき、
         普段なら平らげてしまうときでも、
         途中で残して(半分~3分の1くらい?)そのお皿からさり、
         その犬や猫に譲ってやる・・という文化があるので、
         そのことを最初に意識するきっかけになったのは、
        中高時代に京都の山科の日ノ岡にいらした滝川春雄氏夫人のご家庭で
         お庭の片側の境界に山があり、
         野良猫たちがたくさんいて??
         いつの間にか先生宅の飼い猫として7~8匹くらいいて、
         お嬢様たちや先生夫人が
         お茶やお食事を用意して下さってるときに
         ダイニング兼リビングで色んなお話をするのですが
         猫たちが餌を食べるときの順番があり、
         弱者や授乳中の母猫たちが優先権があり
         最後に体力のある若者がきれいに平らげる・・ということを聞いて、
         観察したことがあります・・
       猿山でのエサ場での順序は
        まず、ボスが食べてからと言われてますが・・
         これは野生の世界ではいい餌場は周囲の木々に
         別の群れも潜んでいてそれを狙ってるので
         最初にボスが手をつけるというのは
         マッカツ思考では
         ボスで偉いからえらそぶって、最初にたらふく独占して
         その残りを群れの衆にやるという視点で語られてきましたが・・
        でも!実際には、
        エサの最初にボスが手をつけ
        戦闘態勢から食事体制にかわった瞬間に、
        盗賊の立場にある別の群れが襲ってくるわけで、
        ボスがいわゆる・・毒味?のような感じで
        本当にみんなが安心して食べられるか
        というので
        ボスが最初に手をつける・・
        もし、敵が襲ってくれば
        副リーダーがそれを防止するいわゆる・・防衛するわけというのが
        実際に、動物たちの行動パターンとして自然な解釈におもえる・・??
        というのは・・・
        敵と戦うとき、
        まず、ボスが出てきて戦う・・
        これは高校時代、生物を教えて下さってらした講師の先生が
        京大の霊長類の研究室から来て下さっていて
        宮崎で猿のフィールドワークをしてると、
        気づかないうちに猿の群れの中にまで踏み込んでしまっていて、
        周囲に大変な猿の集団の輪の中に立っていて、
        「まずい!」と思ったときに、
        群れのボスが『対決しよう』というように真向かいに現れたそうです・・
        そうなったときは、背を向けると襲いかかられるので
        先生は一歩ずつ、後ろ向きに歩みを進め、
        安全距離を確保して
        一目散に立ち去ったと言うことです・・
        逃げるものは追いかけてまで殺そうとはしない・・
        群れのエリアから出てしまえばそれでいい・・ってのが
        ニホンザル社会ではあるそうですが
        日本の歴史で
        明治前では
        思想的な謀反を侵した犯罪者らを
        処刑せずに、島流しにしています・・
        その島は江戸期には朝鮮半島の人々らが
       こっそり拠点として住んでいたところでもあるようですが・・
        明治期のお伊勢さんの宮司になった鹿島則文のお祖父さんかが
        水野大老だったかその敵側が大老だったが★

         
         

         
         

          
          
         
    つまり・・
    日本の政治管理を託された一種の武鑑としてみると・・・

    ① 足袋屋さんとくれば!大阪では『福助』ですが・・
      (もちろん、お茶の先生や花柳の先生や母たちの若い頃までは
       大手足袋屋さんよりも、
       仕立屋さんの足袋屋さんの方がフツーだったようですが・・)
      早川徳治さんが若かりし頃、
      東京大震災と当時の国際的商社でロンドン支店まであった鈴木商店が
      台湾資本の引き上げで、
      倒産したことで始まった日本で最初の超!大型連鎖倒産の恐慌の頃、
      大阪の商業会の大物は
      満州のアヘンや
      台湾のお砂糖、樟脳などの専売局を采配してる総督府と
      密接だった、実は・・マッカツ系の五人組だったので・・・??
      中山太一兄弟:(中山太陽堂、現、クラブ化粧品
              このクラブ化粧品社長邸が
              山坂5丁目にあったおうち・・??・・??・・??
              戦後、大物の山口系ボスの邸宅??・・・?)
      木谷伊助:朝鮮貿易伸展
      二反長音蔵:アヘン研究家
       1919:『帝国一日一善会』を結成(通称:アヘン教教祖として)
      芦森武兵衛:綿網と紡絋(精工社)大阪市北区上福島2丁目
      辻本豊三郎:たび(福助) 堺市宿院4丁目


    戦後すぐのGHQマッカーサーによって
     民主主義体制をサポートされた政治体制で
     初代首相は
     英伊カトリック教会に縁故ある吉田茂首相がたたれてますが
     実は・・その前には、
     たしか・・一旦は鳩山一郎氏が就任することが決まっていたのを
     鳩山一郎氏が政界へ現れたのは
     元、足袋屋さんから始まった?ブリジストン(石橋)のお嬢さんとの結婚が
     拝火教の炎にも焼かれない『石』(意志?)??フラッグ?武鑑?として??・・??
     『橋』は元は“はねつるべ”だそうで
     『朝顔(牽牛花ヒルガオ科、東雲草シノノメグサ、
         北条氏勢力と共に尊氏と楠正成が謀略で
         後醍醐帝を失脚させたマッカツ勢力高氏勢力が
         マッカツ系漢から呼び寄せた太陽族の漢方医者が
         種を輸入した、
         朝日信仰から命名??
         江戸期に観賞用に品種改良
         浜辺などに自生するヒルガオを品種改良?))に“つるべ”取られてもらい水』
         ちなみに・・・夕顔は瓜科
     幕末・明治期?植物の登録合戦で??
      東大基盤の蘭系(オプスデイ系勢力??)外国人植物学者らのサポートで     矢田部郷雲ら後北条氏勢力の地?勢力らが
      自分たちのマッカツ祖先が拠点とした高山などを歩き、
      植物命名で自分たちのマッカツ祖先に因んだ命名をし?
      それに対抗したのが
      土佐の代々庄屋で酒屋を営んでいた牧野富太郎(1862)は
      吹田の西尾家を基盤にフィールド・ワークをして
      日本植物誌図編を出版・・
      東大では講師になってもマッカツらに弾圧されたが
      西尾家(平野郷から起源??)が庄屋として
      後鳥羽上皇の仙頭御所として管理したようですが??・・??
    後鳥羽帝・・・・
    後白河法皇の孫:院政
    源氏系の後醍醐帝系の二条帝を廃した平氏系帝・・??・・??
    さて・・・
    何となく・・?
     清盛の時代、
     倭国を
     殷系明マッカツ勢力と
     唐系(闘鶏?)宋マッカツ勢力とが
     朝廷に発言権威をもつ天台座主(叡山←栄山?)の地位を奪い合ったりしてるという視点から・・??・・??
     拝火教系ナチズムや色欲などカルト仏教戦略と工策員らに
     洗脳?翻弄された支配者層が
     平清盛という視点で見ると・・??
     宋(唐勢力?周の武帝との対立軸の倭の田氏勢力)との貿易拡大により
     海洋国家樹立を目指すことで
     明(西周の武帝勢力系??・・??殷勢力??)からの支配を断ち切ろうとした清盛は
     現、神戸市生“田”区に
     平氏の拠点のひとつである貿易港の大輪田泊(オオワダ←倭田ワダ?
        つまり・・紀氏城を岸和田城にしたり
             鎌倉期までは篠田氏(信太?)が神主を務めてきた神道の
             南朝方を支え続けた「信太大明神」「篠田社」「信太聖社」を
             1360、北条氏をサポートする??マッカツ系勢力の高師直(コウノ→河野?)が
             マッカツ系田氏勢力の渡来系傭兵武鑑の楠正成兄弟に
             河内源氏の新田氏城をのっとらせて亡命させたあと
             和田蔵人(66才、倭の田デン氏)となのって
             信太聖神社の
             神主(←神+牛:ヒミコの時代には牛が大活躍し
                神武帝が黒馬とともに
                西周の武帝の指示で
                日向から
                倭国桜井の宮に入って
                やがて来る拝火教ナチズムで
                高温の製鉄技術をもつ戎系のマッカツ勢力に
                対抗し??防ぎきれずに
                住吉浜(住吉神社)から
                卑弥呼らをつれて
                大山に亡命する・・?!?
                のち、それを後世に伝えるべく??
                住吉大社をつくり??
                来たときは黒い馬の神武帝が
                卑弥呼を乗せることで
                神道が神聖視する“白”い馬にして
                住吉さんのシンボルにした??・・??)
            となり
            元々、新田兄弟の河内源氏の勢力の組織をつかって
            独裁はじめる・・
            信太の森に
            太古から
            倭人が大自然の意思を察して共存してきたタヌキや
            雉など小鳥の卵を狙うキツネを放ち、
            九の一女性を森に住まわせて
            お参りに来る若者などを誘惑させ?
            倭人の社会へ進出してくる・・??・・??
            他方、生物兵器である細菌をマクロファージする粘菌を
            土壌にたくさん発生させる森林環境の神道の鎮守の森につきもののブナ林を
          鉄器武器鋳造の為に
          炭にするために倭人らが神霊が住むとする木を
          切り崩すために
          枯らせるために
          楠の種をまき散らし・・
          獣媒させないように??
          キツネを放し、小動物を捕まえさせる・・??
          人々が“田氏ぬき”の気持ちを込めて・・??
          タヌキ(田抜き?)を可愛がったので
          マッカツらが猟師として山に入り
          タヌキ汁にしてたべたりした・・??・・??
          大阪では信太というと
          楠正成以降、
          和田蔵人が信太山の神主になって以降、
          キツネとクスノキがやたら増えて突如、有名になって!?
          子ども時分に至って
          町の年寄りにそのことを聞かされた・・
          (子ども時分、流行っていた手鞠歌『あんたがたどこサ』
           戊辰戦争時の熊本藩出身の兵士の思い出話から出来た歌・・??
           肥後サ
           肥後どこサ
           熊本サ
           熊本どこサ
           船場??サ
           船場山にはタヌキがおってサ
           それを猟師が鉄砲で撃ってサ
           焼いてサ、煮てサ、喰ってサ・・・美味さでホッホ??)
          (楠・・・動物も虫もは実を食べず、
               他の照葉樹林が日を浴びることがなく
               衰退させ
               最終的には
               楠だけの林や森にしてしまう八百の自然物を
               神からの賜り物として尊重する神道では
               『死』をシンボルする拝火教マッカツらが神聖視する樹種??・・??)
       船場・・・
       実は志摩国の滝川一益と武田信玄ら真性カトリック勢力が
       一見!敵味方に見せかけた秀吉と家康と信長らをサポートして
       対マッカツの加賀と伊賀の千家マッカツ工策員勢力と対抗するのに
       武田信玄は
       カトリック勢力と西周の末裔らが
       倭国の防衛武鑑として??派遣してきた信玄に
       カトリック哲学を武家や寺社に普及していた茶道文化に
       繁栄させ??寂茶を
       武田紹鴎(実は?信玄??)に開発させ、
       武田紹鴎は
       西周に敵対した田氏の名を忌み??
       武野紹鴎に改姓し、
       カトリック勢力からの火薬材料の物流権の象徴の
       『那須の茶入れ』を
       堺の商人の田中利休に
       寂茶と共に託し、
       自分は再び、信玄に戻って、
       武将として
       実は仲間同志の家康・秀吉・信長らの間で
       戦国時代を演じて・・
       実は・・秀吉にくっついてるマッカツ勢力の千家伊賀家、加賀家の浅井勢力を
       戦争で勢力を削ごうとしている・・??
       弘治元年閏10/29(1555年12/12)、紹鴎(53)死去したことにして
       以降は、武田信玄として信長とは一見、敵方として
       唐マッカツ勢力の真言宗に腐敗された対マッカツ卍勢力として戦い
       天台宗の叡山の浄化を志し   
       マッカツの日本乗っ取り拠点の高野山近くで
       子分として利用される状態から
       甲斐に移して
       天台宗仏教界を立て直そうとし
       するが
       1573年5/13、信玄(52)、病気で死去したとして
        実は・・戦況を敵方の信長に協力している・・??
        武田氏の家紋はブドウ(キリスト教国のブドウ酒?)の葉を4つ葉にし
        秘史形に合わしたた家紋)のは
       1155(久寿2年8/16)、真性河内源氏の源義朝の長男・源義平、
         渡来系のマッカツ成りすまし河内源氏の六波羅系?六条帝系?マッカツの木曾義仲の父の
         源義賢を
         “大蔵”館(大蔵経・・・マッカツ仏教?)で襲撃、退治する
         つまり・・・
         マッカツ嫁をもらった父・源為義は外戚マッカツ勢力の言いなりになり・・??
         河内源氏の里を占拠してしまい・・??
         長子の義朝を真性河内源氏勢力家臣らが支え
         東国鎌倉へ体制を整える為に亡命し、鎌倉幕府をたてる・・??
         マッカツ系成りすましのっとり河内源氏の義賢は
         武蔵国の最大勢力の上野国胡系マッカツ多胡の領主、秩父重隆の
         マッカツ娘をめとり、
         マッカツ同志で協力して
         鎌倉へ亡命した義朝(母=藤原忠清の娘、清(つまり・・殷?勢力??)系の勢力??
         ということは・・・
         鎌倉期にいこうするときに、
         河内源氏領はマッカツ唐六波羅拝火教仏教勢力に占拠され
         西周の神武帝勢力は
         殷?明?のなかで??残存していて??
         屈折した形で
         河内源氏をサポートしていたってこと・・??・・??)勢力を追討しようするが
         反対に、
         有能で誠実で使命感をもった坂東勢力となった義朝勢力は
         唐?宋勢力の野蛮な木曾義仲の父の源義賢を
         “大蔵”館(大蔵経・・・マッカツ仏教?)で襲撃する
    1156(保元1)7/20、鳥羽法皇(53)が崩御:
        祖父の白河法皇のフラッグに育てられた鳥羽上皇()、
        23才で白河法皇暗殺されてからは
        白河法皇に疎んじられていた神道系の??藤原忠実を呼び戻し
        神道系の倭人主権の政治に精を出すが
        亡くなった前・白河法皇勢力マッカツが子の崇徳帝(4)をフラッグにし
        再び、六波羅系マッカツ卍政治をはじめたので??
        子の近衛帝(2)を立てて院政に尽力??するが
        鳥羽法皇が崩御すると、
        子の崇徳上皇と子の後白河帝が
        マッカツ勢力に煽られて
        激突し
        為朝の父・老齢の為義は
        上皇方の大将として無理矢理、仲間にされて!?
        為朝ら6人の子を引連れ
        無理矢理!崇徳上皇の名の下で
        御所白川北殿側勢力とされ
        関東の板東(祖父のところでいらした一生独身の薬剤師さんが板東さんで
        そのお兄さんが藤川姓で
        奥さんがシャープの前で洋裁店をされていて
        弁天小僧の名前で
        ブラック・マンデーの連鎖倒産期に
        お金を団地の家のポストにほおりこんで
        新聞やマスコミで誰がこんなことをしてるんだろう?と話題になって
        父のところへ受診して
        あれは実は自分がしたんだと
        とても嬉しそうに言いに来られたのですが・・
        末裔??)を
        地盤としていた為義の嫡男の義朝ら東国武士らの天皇方と
        仲間割れ?対決させようと・・
        マッカツ特有の卑怯な嘘つき、ごますり、恐喝戦略で??
        内乱を引き起こさせている・・??・・??
        (今、橋下知事にWTC引越を迫っているマッカツ勢力の黒幕リーダーのひとりは
         江坂にあるメンテナンス会社の重役で
         まともな社員に怒鳴りつけてる様子からして
         想像すると・・・
         マッカツ系山口組ヤクザ??・・???
         で・・・
         気の小ささからいってもマッカツの特性を感じたものです・・??
       その勢力と
        行天勢力と
        加賀、伊賀が占拠してる状態の伊勢神宮と京都の寺社と
        お茶の流通に権限をもってる??裏千家の業躰氏なるひとと
        エロース戦略で
        仏教界や朝廷野師は医者階級を堕落させ
        日本の神道で一貫した冷静な視点を破壊させた真言宗系卍仏教勢力と
        世界大戦でのすり替えヒットラーで
        マッカツ/ナチズムが
        真性カトリック勢力のユダヤ人らを
        拝火教的な特徴があるひどい目に合わせたナチ勢力(那智??の火祭り)と
        山口系資本とともに
        拡大した公安勢力と在日勢力(実は、日本侵略の為に??
        秀吉に田中利休を暗殺して
        千阿弥系工作員が成りすまして
        九州遠征に行かせたときに
        朝鮮半島へも遠征し、
        マッカツ工策員らを
        数千人、数万人、つれ帰ってるということで
        それを
        一益が
        加賀で聞きつけて、
        『不干』じつは
         もはや『不戦』というメッセージを残して自決するが??
        その時の朝鮮半島工策員らの末裔ら在日勢力とが
        支援した??創価学会であり・・
        宝塚であり・・??
        (マッカツらの残忍な歴史を改竄して美化して大衆に洗脳??)
        吉本(松竹と対抗し
         アヘン戦争を引き起こした工作員の林則徐の子孫の林氏がつくり、
         神道勢力を支えてきた大阪商人を
         土佐、高知マッカツ勢力らが
         戦中、戦後、押し寄せ、
         自分たちが大阪人だとテレビやマスコミつかって
         真実をねじ曲げて
         大阪文化を破壊し、
         東京に経済力や信用を高くして
         大阪経済を沈滞させ
         仲間の?
         宝塚をひきつれ、
         次は東京を沈滞させる為に
         阪神大震災後、繰り出した・・??・・??って視点です
         小林亜星氏も実は・・??
         満州系利権者マッカツの末裔・・??・・??
         いずみたくや永六輔(殷国を開いた湯王に因んでる??『いい湯だな』)に対抗して
         出てきてるマッカツ勢力??
         鳩山家のミユキ女史をたまたま一緒の名前の
         祖父がS32年に離縁した高知から
         後妻さんになって
         祖母の想い出の品々を
         高知の仲間を呼び寄せては
         土産物に渡したり
         家や不動産も売り払って
         離縁したあと
         粉浜で美容室をしたときには
         二階で
         日蓮系の賑やかなお経を上げていたマッカツ工作員??のミユキ女史とは
         たまたま。。。名前と
         出身地が同じで
         祖父との間に出来た子が
         結婚に差し障るといけないと言うので
         籍を外すのだけは止めて欲しいというので
         彼が伊予の女性と結婚し
         子供が生まれたあと、
         了解を取って確実に籍もはずし、
         彼女がそもそもは養父先の末娘として高知から連れてきた身内の女性と
         祖父は
         S32以降、ずっと、いっしょで、
         入籍し、
         祖父が食道癌で入院して死期を悟ったときに
         母に
         ずべての相続を
         ミユキ関係に渡らないように
         (万博以降、彼女のホテルの仕事が大当たりし
          経済的な意味ではなく、
          家など祖父自身が
          何かしら歴史を因む人達から自分が動かされてきている責任を
          自覚した・・??のか・・??・・??
         この後妻さんに
          河内のニュータウンの大宝の家や
          吉野の家が渡らないようにと
          いう意味・・??・・??
         で・・・
         母は、
         出来ちゃった婚をして突然、前妻の嫁入り荷物が残った家に
         乗り込んできた隠岐(古座の叔父が市大で不可思議なステロイド・ショック療法で
         オペ直後に
         心筋梗塞で死去し、
         そのあと、
         小学生の娘三人を抱えた叔母が
         白内障で倒れて
         大阪の我が家へ来て
         父と母は初めて!
         和歌山の身内のお寺さんに来てもらって
         法事をしたのですが
         その時に、
         そのおじさんが
         隠岐にも太地などにも
         元々は朝鮮系の移民らが住み着いているという話しをして
         初めて聞いて、キョトンとしたことがある・・)出身の
         妹兄夫婦(大工と看護婦)とその両親が
         引っ越してきて・・
         以降、祖父も母たちも
        こちらからは近づかないし
         また、叔父の方からもよばないで
         我が家の文化とは違ったなかで
         ミユキさんが目の敵にした当時幼かった叔父と医師番したの叔母は
         叔父は
         平安貴族のようなものごしと
         ディベート術、交際術を心得、
         叔母は
         平安期、落ちぶれた源氏末裔らが
         平氏らに
         家系図を売ったり、婿養子にむかえたりして
         迎合したのを
         彷彿とさせる・・??・・??
      祖母をしらないで
      プライドだけは高く育ってる・・??・・??
      マッカツ系サエレブの特性・・??

    また・・
    このミユキさんと
    4代目山口組長の竹中氏??勢力の地域で
    加賀出身であるのに
    父や祖父が早世した女だけの家に
    婿養子として入った人の娘が弟のマッカツ嫁で
    結納自体も
    弟の預金で借りた新居として準備されたマンションで
    こちらは
    両親と姉である私が出席してるのに
    彼女の側は
    身内の塩野義につとめているという叔父一人であったこと・・
    (彼女の父は顔を見せないようにしている・・??
      これは・・
      叔父の出来ちゃった婚の大工さんだったはずが
      結婚後は
      叔父の診療所で事務長をしているという叔父の義理の兄も
      祖父の近くで診療所をしていたので
      何かと母に用事を頼まれたりして
      寄っても、
      一度も顔を見せたことがない・・・
      忍者系・・??・・??
      しかも・・
      この兄は
      大変よく気のつく人で
      出来ちゃった婚前から
      叔父は診療所の電気一つ、
      御正月の大掃除や飾り付け一つしなくていいほど!良く気のつく人だという・・
      でも・・・
      通常・・私の知ってる良く気のつく人は
      姻戚関係の身内が来たときには
      必ず、挨拶するものだという認識がありますが・・??)

    こういう風に・・
     誰かが
     マッカツ系のフラッグを立てる前に
     同名で
     工作員を泳がせ、
     ヤクザ界やマスコミ界や又。実業界で工策させ、
     そのあとに、
     マッカツらの工作員が攻略の種まきをしたあとに 
    実った実を刈り入れるのが
      また。。。同名の人物・・??・・??

     紀子さんも歴史上で
     堀河紀子さんと同名ですし・・
     
    ヘン・・??・・??

    どうして追求するかというと・・・

    彼らが
    どうも・・
    拝火教マッカツ勢力の
    卍マッカツ資本と協力してるオプスデイ系カトリック勢力と共通するエロース戦略をもち、
    しかも・・
    叔父たちの昔からの哲学として
    平安貴族のような美学?価値観を持っていること・・
    つまり・・
    これは
    真性カトリックや真性神道で当然である民主主義と対立する価値観や
    経済システムが
    独裁されてしまうこと・・

    テンプル大
    日本校をたてた東力は
    父が一時、小脳梗塞で復帰したあとも
    母が公明関係者らに取り憑かれ
    診療できなくされて
    休診し、
    仕事以外に趣味は麻雀ぐらいしかない父は
    海軍の船医紹介していたところで
    紹介され
    田辺の土建屋さんがしてる老人ホームの医者として契約し
    母も一緒に行って欲しいというのに
    その時の母は創価学会の人達が絡んでいて
    (携帯電話でこっそり、呼び出すのですが・・
     それも高知の出身の建築関係者らの仲間でもあります)
    単身赴任させて
    その間に、
    母に上六のビルを住居に建てかえさせ
    父が自分のお葬式はlここですると言い続けてきた阿倍野区の相生の家を引っ越してしまい、
     松原の土地と交換した堺の土地を
     売却し、
     弟のマッカツ嫁との結婚のあと、
     母は決して弟も彼女も許さずに
     ずっと、行き来御法度でしたが
     ミユキとおとうとのマッカツ嫁は
     本来なら、結婚式の気付けをしてもらったと言うだけの関係のはずが
     本来の義祖母を無視して
     このミユキさんをおばあちゃんと呼び、
     ずっと二人ともが懇意にしてる不可思議・・・??・・??
     父が単身赴任中に
     上六に引っ越して
     そこへ私が
     弟があまりに可愛そうなので呼んでから
     今度は
     ミユキさんも我がもの顔で
     母親として
     これまでずっと!
     母が彼女の短絡で思慮のない言動を茶化して諫めていたのに
     創価学会の人達に取り巻かれ
     娘としての言動を強要し・・
     ヘン・・??・・??

     つまり・・
     ヘンなマッカツ文化による独裁社会が
     前に準備されてる感じがして・・??
     それが心配です・・

    心配しすぎ・・??・・??(笑)

    また、母が昔から入院したときには
    ミユキさんだけには知らせないでといっていたのに、
    梗塞で高熱で倒れた前には
    ミユキさんが通ってる仏教系の眼科で
    代々3代の医者嫁が
    姑と骨肉の争いをしたというお寺さんへ
    受診してること・・
    三日目の未だ高熱が下がらないときに
    弟の嫁に導かれて
    意識は有り
    懸命に頑張ってる母にお見舞いと言うことで来て
    そのあと、
    母の表情が失せ、
    出来れば、遠慮して欲しいと
    電話すると
    自分が祖父との間に生んだ子夫婦も呼ぶという・・
    それに反対すると
    その夜、深夜12時前に
    東京出張中の弟から
    電話があり
    いらんことを言うなと
    攻撃電話をさせてくる・・
    弟のマッカツ嫁に直接電話しても
    電話を取らない・・
    そして、
    また、この大切なときに母と同居してる医者の卵の娘を
    長野県へ勤めるようにし、
    自分たちがキーパーソンとして
    単純な父の家に乗り込んでくるというシナリオ・・??・・??
    娘に
    コノミユキさんが来てもいいか母に尋ねさせ
    母がイヤと二度も意思表示したのにもかかわらず
    翌日、ミユキさんは
    母の元に来て
    そのあと、行った私が見た母は
    一日目よりも
    熱や血圧などは安定していても
    精神的に疲れ切った様子だった・・

    鳩山氏のフラッグであるミユキ女史は
    私には
    日本侵略のキーパーソンとして
    とても木になる存在です・・??・・??

    彼女の賑やかさ、華やかさなど
    ミユキサントも共通してますし
    宝塚と言うことでも
    彼女の長男は宝塚のヘアを
    寛斎さんと仕事をしていた流れで
    していたので・・・

    重なる点が多い・・ 
        
         
        
        
    平治2年1/3(1160年2/11)、
         二条帝を人質にして??フラッグにした宋(唐?)の工作員の六波羅系卍マッカツの平清盛を
         討ち取って二条帝(17)を奪還しようと
         源義朝(37)は、
         後白河上皇の寵臣で鳥羽院政期の誉れ高い武将・藤原信頼(27)を
         担ぎ上げ
         平治の乱で戦うが
         敗北し
         清盛により
         藤原信頼(27)は
         六条河原で斬首されるが
         源義朝(37)は二条帝奪還のために
         息子たち頼朝(13)ら元、真性河内源氏勢力を集結し
         義朝の郎党だが実は工作員スパイだった志内景澄と
         清盛暗殺を謀るが通報され失敗し
         尾張国で休憩をとろうと
         工作員スパイの家来の長田忠致宅に泊まり
         長田親子が自分を暗殺しようとするのを
         察した義朝は
         自分の第一の郎党で乳母の子の鎌田政清が
         実は義朝(37)の身代わりとなって!
         自害し
         家来に鎌田政清(37)と名のらせて、
         長田忠致により殺害させて・・??・・??
         実は!
         二条帝奪還の為に
         義朝を密かに亡命させている??・・??・・???
    1164年9/14:前・白河法皇勢力マッカツが
       フラッグにした??崇徳(45、「讃岐院」)、
       讃岐で幽閉され
       オカルト状態の精神上となり??自決          
    1165年9/5:二条帝(22、後白河帝①皇子)、
         マッカツ屋敷の押小路東洞院で
         囚われ?生物兵器で伏せて意識がもうろうとしてる中で
         前年生まれたばかりのマッカツ順仁親王(のちの六条帝)を
         立太子させられたあと、暗殺
          暗殺さる・・
         (源義朝生きているとすると43才) 
    1179(治承3)、平清盛、治承三年の政変により
        後白河法皇を
        鳥羽殿に幽閉し
        法皇の側近の業房を解官し伊豆国に流罪
    1183:倭の田氏勢力である宋資本の?サポートと六波羅仏教勢力の
       指示を受けた六波羅殿清盛は
       平氏系フラッグとして高倉帝(19)を利用し
       源氏に工作員を送り込み?
       信用をかち得させ、
       その後、源氏内でクーデターを起こしたり
       頼朝と義経との内輪もめ工策をさせ
       高倉帝(19)に
       自分の娘を中宮にして外戚となって
       帝の子どもが3才になると・・?
       利用し易い新たなフラッグとして・・?!?・・
      (マッカツが支配した文化圏での歴史では
       幼年を皇帝にし、外戚としてマッカツ嫁のマッカツ父親が
       摂政するパターンがアホほど多い!!)
      高倉帝を暗殺し?
      拝火教系ナチズムのカルト六波羅仏教宋(唐?)勢力は
      自分たちが洗脳してる平清盛に
      3才の安徳帝を即位させフラッグにさせて?
      いよいよ、本格的に京の朝廷外戚/清盛の名の下で
      倭国占領政策の実権を振るいはじめ、
      それに対し、
      後白河法皇勢力のもとで
      白旗の二条帝(後醍醐帝系?真性神武帝系倭国神道勢力)源氏勢力である頼朝らも
      幼い安徳帝を清盛から奪還しようとするが
      マッカツらに
      神聖神武帝勢力の対抗馬として
      幼児期から唐系宋系?六波羅系仏教カルトに洗脳されて成人している後白河法皇(鳥羽帝④皇子)は、
      目の上のたんこぶの天台座主明雲(殷系明?マッカツ工作員)を
      失脚させてやると★
      唐tou系?宋sou勢力の天台の叡山東塔に拠点している唐系?宋系マッカツ工作員僧souの俊堯に言われ??・・??
      マッカツ工作員渡来系武鑑の木曾義仲(“旭”将軍:朝日、太陽信仰や日蓮宗     (日←太陽)は
          拝火教が根本でコントロールしている?)
      を後白河法皇京入りの武将として採用し??
      唐?宋勢力の対抗馬の殷系?明勢力(のち、清?金?)勢力の
      天台座主のもとで泊まっていた後白河法皇は
      義仲を手引きして天台座主を暗殺させ
      言いなりに洗脳されてる北朝(赤旗?)の平清盛を
      三種の神器と安徳帝とを
      表向き、追放させたという形で
      京から西走させ(見逃し)、
      源義朝敗北以来、23年目に再び、
      京を赤旗(平氏→のち・・・千氏←戦士?)から
      偽せ源氏で“白旗”をあげさせ、
      実態は平氏である表向き源氏が
      偽物の南朝を再建することになる・・??
      マッカツ工作員武鑑の義仲(信濃源氏≠河内源氏、マッカツなしすまし?)は
      武功でもって発言権を主張し
    1185年4/25(寿永4年3/24)、
      他方、西走させた殷系明系の工作員の清盛らは
      壇ノ浦で
      偽物でも表向き?源氏の跡継ぎの安徳帝を入水させ、
      源氏倭国の跡継ぎを暗殺し
      自分はさらに九州まで亡命??!?
      京では次期帝に、
      唐系宋系??マッカツ工策員義仲は
      天台座主の指示で
      京奪還の大成功を理由に
      木曽宮・還俗宮・加賀宮・野依宮・嵯峨の今屋殿ともよばれるマッカツ渡来系の
      北陸宮(父・以仁王暗殺後、加賀で2才歳下の偽者にすり替えられてる?1165(永万1)ではなく、1167(仁安2)~寛喜2年7/8(1230年8/17)を推挙するが、
      倭国の新田源氏と同根??の鎌倉源氏の源頼朝は
      本ものの以仁王を奪還したと発表し
      マッカツ仏教に翻弄される後白河法皇が
      義仲の主張に影響されることがないよう牽制したが
      唐系?宋系人脈の??丹後局(高階栄子:父=法印澄雲?上座章尋?
          後白河法皇の側近であった唐系?宋系の“今様”リーダー工作員の平業房の妻)の進言より
      尊成親王(高倉帝④皇子)を
      後鳥羽帝として即位させ
      後白河法皇が摂政する  
      
      
      田辺の大根と吹田クワイと??を命名した牧野富太郎博士は
      南方熊楠




    芝生ブームと生物兵器との関係とマッカツらの魂胆??・・??
      この生物兵器の捕食者?マクロファージみたいな粘菌は
      芝生では
      灰色フクロホコリPhysarum cinereum (Batsch) Perusをよく発生させるが
      これを芝生好きは美観上嫌って、
      粘菌退治の薬剤をまくことになり・・・??
      結果的に・・
      生物兵器がまかれたときに
      そこにいる人間や動物、家畜が
      無抵抗な状況に置かれてしまう・・・・??・・??
     大自然界でつくられる?・・
      堆肥という肥料が
      この粘菌の発生を活発化するが、
      苗がまだ小さいときには
      苗にまで上がってきて窒息させてしまう為
      元肥として予め土中に埋める
      イチゴやメロンなど
      品種改良?が異常に発展させてしまったものも
      大自然界が微生物退治に残してくれた粘菌で
      却って!実をダメにしてしまうそうだ・・
      学生時分、英ケンブリッジを旅行したとき、
      ジーザス・カレッジ(当時は法学の名門カレッジ)の院生が
      家庭教師的に
      周辺を案内してくれましたが、
      ピクニックでいただいたイチゴが
      日本の大粒で真っ赤なイチゴとは違い、
      とても原種的だったことで
      話題が盛り上がったことがあります・・
      日本では一粒一粒をパック詰めして売ってますが
      大自然主義の哲学を
      当時はまだ徹底されていて・・??
      青空マーケットで
      一盛りというふうにグラムで袋詰めしてもらって
      スプーンでサワークリームをかけて頂いたのを覚えています・・
      子ども時分、昭和30年代後半?から40年代前半、
      患者さんで果物屋さんの奥さんが子どもを連れて
      受診され、
      ついでに家計のやりくり、夫の酒癖などの愚痴を母に相談??
      に来られて・・
      おみやげに、
      当時、開業したてで薬屋さんの支払いにも着物を売っていた厳しい時代でしたので
      市場の果物屋さんでも
      お見舞い用のとてもきれいで大きなイチゴは見るだけでしたので
      大喜びで頂くと
      とても酸っぱく、見た目が赤くておいしそうですのに
      夏みかんよりももっと!酸っぱかったので
      がっかりしたのを覚えています・・
      で・・
      お砂糖を振りかけ、
      とてもきれいな形ですのに!
      スプーンで押しつぶして牛乳や練乳でいただくと
      ヨーグルとのようでとてもおいしく・・
      今のようなスカスカで甘いイチゴが出回ったのは
      昭和50年代ごろ・・??・・??

        
     

      

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません