日本語の表現に関する質問です。


前後の文面が無いため、判断がつきにくいかと思いますが、

・「少し、しつこいくらいに状況を伺う」

という文章から受ける言葉のニュアンス、
文章的・文法的な表記の誤り等
ありましたらご指摘下さい。

こちらで日本語として問題なければその旨も教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/09/30 23:28:58
  • 終了:2009/10/07 23:30:04

回答(8件)

id:kaz No.1

kaz回答回数200ベストアンサー獲得回数422009/09/30 23:54:42

ポイント17pt

■受け取るニュアンス

・やや否定的

・小説であれば、神経質なイメージ

・「、」により強調されるイメージ。小説であれば、何かのキーになる場面に見える


■文章的・文法的

・専門家ではないので文法的な正誤は自信なし

・「くらい」があるので若干違和感がある。

 →「しつこく」ではなく、あえて「...くらい」としながら、

   それを「少し」としてしまう事に混乱する

id:fujimi No.2

fujimi回答回数48ベストアンサー獲得回数22009/10/01 00:09:51

ポイント17pt

>少し、しつこいくらいに状況を伺う


いささかしつこいほど、状況を確認する、探る…といった意味なのではないか、と受け取れます。

表記に二点ほど問題があるのではないかと思います。


・誤字があります。「伺う」ではなく「窺う」です。

「伺う」は、「よそのお宅に伺う」といったときに使います。

「様子をうかがう」という場合は「窺う」です。


・読点の位置が不適切なのでは?

読点を打つとしたら、「少ししつこいくらいに、状況を窺う」の方が良いかと思います。または、読点を打たずに「少ししつこいくらいに状況を窺う」の方が良いかも知れません。

日本語では、原則的に言葉はすぐ下の(次の)言葉に掛かりますが、読点を入れることによって、上の語と下の語のつながりをいったん断つようなニュアンスになりますよね。

ですから、「少ししつこいくらいに」とあると、「少し」は当然「しつこいくらいに」に掛かるニュアンスになるけれど、「少し、しつこいくらいに」と読点があると、「少し」はそこでいったん切れて、述語の「窺う」に掛かるようなニュアンスになってしまうのではないでしょうか。

しかし文意からすると、「少し」は「しつこいくらいに」に掛かるのではないかと思います。

id:adlib No.3

adlib回答回数1859ベストアンサー獲得回数1092009/10/01 00:31:06

ポイント16pt

 

 わたしなら、つぎの手順で判断します。

 

 だいたいの意味は分りますが、文法的な説明はできませんね。

 翻訳ソフトで「英訳→反訳」すると、問題部分が明らかになります。

 このケースでは Yahoo! が意味不明で、excite の勝ちです。

 

 原文「少し、しつこいくらいに状況を伺う」

 

 ↓Yahoo! 英訳

 I ask you about the situation so as to be slightly persistent.

 ↓日本語反訳

「どうだろう、わずかに持続的であるために状況について」

http://honyaku.yahoo.co.jp/transtext

 

 ↓excite 英訳

 I hear the situation persistently a little.

 ↓日本語反訳

「私は状況を少し持続して聞きます」

http://www.excite.co.jp/world/english/

 

 主語が「私」ならば「相手に状況を伺う」という意味に取れますが、

「周囲の状況」ならば「窺う・覗う」でなければなりません。

 もっと簡単に「聞く」とか「見る」と云うべきですね。

 

 日本文としては「しつこく状況を分析する」が正しいでしょう。

「すこし、やや、くらいに、ほど」などは、わざとあいまいに云って、

聞き手に判断させる目的があり、すなおに信頼できない表現です。

 

id:xiaqui No.4

xiaqui回答回数202ベストアンサー獲得回数172009/10/01 00:40:29

ポイント16pt

「少し」は「しつこい」にかかってると思うので、句点は付けない方が意味が分かりやすいかと存じます。

また「くらい」より「ぐらい」の方が、「しつこい」の後に使われる例が多いのではないでしょうか。

id:haibara557 No.5

haibara557回答回数205ベストアンサー獲得回数62009/10/01 01:58:37

ポイント16pt

文法的には問題ないと思います。

1つ申し上げるとすれば、「少し」の後の読点は別に要らないかと思います。(付けてもおかしくはないですが。)

id:tibitora No.6

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022009/10/01 08:59:09

ポイント16pt

私の場合はですが。

「少し」で区切ってありますので、表現が強い感じがして少し以上にしつこいのかなと受け止めました。

区切っていなければそのまま少ししつこいくらいなんだなと受け止めます。

何に使われる文章なのかわかりませんが、小説などに使われる文面でしたらいろいろな表現がありますのでよいと思いますよ。

id:trivial No.7

trivial回答回数18ベストアンサー獲得回数02009/10/01 09:02:19

ポイント16pt

「少し」は「しつこいくらいに」に係るのだと思いますが、

もしそうだとすると、間に「、」を入れないほうがわかりやすいでしょう。

「少ししつこいくらいに」でひとつのまとまりとなります。

ただし「し」がふたつ重なるためやや読みづらいという難点もあります。



また「伺う」は聞く・尋ねるということでしょうか?

状況を探るという意味の「うかがう」なら「窺う」ないし「覗う」と書きます。

「窺う・覗う」は表外字なので抵抗があるならそのままひらがなで。



二点指摘しましたが、もともと日本語には句読点の使い方に厳密なルールはなく、

また漢字の訓読みは極端に言えばすべて宛字ですから、

どちらも明々白々な誤りとまで言えるかどうかはわかりません。

ただ、より自然な表記を目指すということであれば、

手直ししたほうがいいでしょう。

id:mododemonandato No.8

mododemonandato回答回数759ベストアンサー獲得回数772009/10/01 11:11:01

ポイント16pt

 主語が無いと正否は判断できませんが、「伺う」は目上の人のようすをうかがいみる意から、その動作の相手を敬う謙譲語です。

 主語が目上の人ならば文法はあっています。

 「聞く」「尋ねる」「問う」の謙譲語になります。

 

 「上司の〇〇さんから少し、しつこいくらいに状況を伺う」

 という感じです。

 

 「訪れる」「訪問する」の謙譲語でもありますが、文脈上からこちらの意ではないと判断が付きます。

 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BC%BA%E3%81%86&st...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   

 しかし、主語が一人称かニ人称か目上の人ではなく、何らかの状況を私、彼または誰かが少々しつこいくらいにひそかに探り調べる、またはそれとなくようすを察するという意味ならば、こちらの場合は「窺う」を使うべきです。

 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%AA%BA%E3%81%86&st...

 主語によって使う漢字も変化します。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません