「贈与は脅迫」と述べた社会学者は誰だったでしょうか?

発言を子引き・孫引きした本ではなく、大本の発言がされている本および著者の両方を教えて頂けませんでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/10/12 08:37:27
  • 終了:2009/10/19 08:40:03

回答(1件)

id:Hyperion64 No.1

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842009/10/12 12:52:27

ポイント60pt

フランスの社会人類学者マルセル・モースの「贈与論」だと思います。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/s/pd01/ws.htm

21.Exchange and Emotion


rakuten:book:13135388:detail

逐語的に「贈与は脅迫」とは書いていないですが、贈与は一種の強制・脅迫として作用するという主張が第三章のゲルマン民族の慣習を記述したあたりに含まれています。

未開社会ではポトラッチに見られるように霊的な儀式だったわけで強制力が発生するわけです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません