ピロリ菌の検査を受けたいです。ピロリ菌の除菌は保険対象外、自費だと聞きましたが、本当でしょうか?もし、自費であればどのくらい負担しなければいけないですか?

また、ピロリ菌の検査ができる病院も探していますが、(できれば内視鏡検査は経鼻内視鏡)お薦めの病院がありますか?ちなみに、家は東横線の日吉駅と新川崎駅の近くです。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/10/14 22:58:49
  • 終了:2009/10/15 09:10:07

回答(5件)

id:lepremierpas No.1

lepremierpas回答回数1175ベストアンサー獲得回数412009/10/14 23:07:44

ポイント20pt

http://health3.web.fc2.com/syoukaki/pirori/

* 血液検査(抗体のみ)   自費2,000円

* 胃粘膜萎縮+ピロリ菌検査 自費6,000円

* ピロリ菌便中抗原測定法  自費4,000円

自宅でできる検査キットも上のリンクサイトには書かれています。

人間ドッグに行く時間がない方に人気の郵送検査キットです。

定期健康診断では行わない項目がありますので、

人間ドッグ並とまではいきませんが、手軽に出来ると評判の検査キット

もちろん、ピロリ菌も抗体の有無で検査ができます。

id:Ganan

大変参考になりました。どうもありがとうございます。

2009/10/14 23:20:33
id:rafting No.2

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762009/10/14 23:11:21

ポイント35pt

現在の保険制度では潰瘍のみにピロリ菌の除菌は保険の対象となります。

慢性胃炎だけでは検査も除菌も保険適応になりません。

http://www.pirori.info/026.html



2)杉原クリニック(横浜)

 http://homepage2.nifty.com/sugiharaclinic/clinic-sub15a.htm

 内視鏡代はこのHPにて,下記の「こちらを」をクリックすると詳細がでています.

 

 診断から治療までには①初、再診料、②検査代(内視鏡、ピロリ菌検査(治療前後 の2回))、 ③薬代(処方箋代、薬局での支払い)が必要となります。

 ①初再診料、内視鏡検査代はこちらを。

 ②ピロリ菌検査 尿素呼気試験 512点(2割負担:1024円 3割負担:1536円)

           ウレアーゼテスト508点(2割負担:1016円 3割負担:1524円)

 ③薬代 薬局での支払いは2割負担で1700円くらい、3割で2500円くらいです。

id:Ganan

大変参考になりました。どうもありがとうございます。

2009/10/14 23:19:58
id:afurokun No.3

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/10/15 06:05:56

ポイント25pt

ピロリ 除菌の保険適用

■ヘリコバクター・ピロリ菌除菌が2000年11月1日より保険適用

中医協は2000年10月27日の総会で、「ヘリコバクター・ピロリ感染診断及び治療に関する保険上の取り扱い」を原案通り了承。これまで保険適用外となっていたピロリ感染診断のための検査と、ピロリ菌治療のためのランソプラゾール、アモキシシリン、クラリスロマイシンの三剤併用の保険上の取り扱いを明確化した。

除菌前の感染診断は1種類の検査のみ算定し、その結果、陰性となった患者に別の検査を再度実施した場合に限ってさらに1回限り算定可としている。

厚生省の試算によると、我が国の胃・十二指腸潰瘍患者約116万人のほとんどがピロリ菌に感染しており、今回の保険適用による医療費増加額は「300億円余」だが、ピロリ菌除菌で潰瘍の再発が抑えられるようになれば、それ以上の医療費削減が見込まれるとしている。

11月1日から保険適用となるピロリ感染診断のための検査と医薬品、その他の検査は別表の通り。

http://www.madlabo.com/mad2/kiyo/cancerPage/pylori/pylori1.htm

id:funkorogashi No.4

funkorogashi回答回数85ベストアンサー獲得回数12009/10/15 06:17:45

ポイント10pt

保険は効くか?

現時点の日本の保険制度では「潰瘍」のみに限定されています。(海外も事情は似ています)。残念ながら慢性胃炎だけでは検査も除菌も保険適応ではありません。理由は経済的なものです。感染者があまりにも多く、全員を除菌したら医療費が膨大になるからです。

http://naisikyou.com/iii/tx2.htm

id:lancer13 No.5

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/10/15 06:22:22

ポイント10pt

胃潰瘍の根本的な治療法はピロリ菌の除菌

他のページに書きましたが、胃潰瘍あるいは胃ガンに関しても、その原因の多くがピロリ菌(と非ステロイド系消炎鎮痛薬)によるもので、ピロリ菌による恒常的な胃炎と、非ステロイド系消炎鎮痛薬が胃潰瘍などに結びつくことがわかっています。

 非ステロイド系消炎鎮痛薬についてはこちらのページを

一般的に我々が「こんなことしちゃ胃に悪いだろうな」ということ ----- 暴飲暴食や不摂生やら酒やタバコや何やらかんやら ----- は確かに胃には良くはないでしょう。良くはないですが、実はそれらが主たる胃潰瘍の原因ではないのです。

(ピロリ菌と非ステロイド系消炎鎮痛薬が原因の場合が全体の95%)

やはり基本的な原因はピロリ菌と非ステロイド系消炎鎮痛薬だと考えてもいいと思われます。

そんなわけで、ピロリ菌の除菌を行っておけば、少なくとも胃に関してはあまり不安を抱かずに済むということになるかもしれません。

治療法は、抗生剤などの投与によるものです。

そして、これより大体9割が除菌に成功するそうです。

「除菌に成功する」ということは、つまり、「もう胃潰瘍や胃ガンにはなりにくくなる」ということです。


で、この治療法に関してですが、なんと健康保険が効きません。

http://stomach.client.jp/piloli1.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません