下記のような感じの序盤から始まる昔話を思い出せません。


とある水飲み百姓はあまりに貧しいので、
毎日隣家から鍋を借りては鍋の洗い水を飲んで糊口をしのいでいました。
ある日、それを隣家の人に見られてしまいました。
「恥ずかしくてもう鍋を借りることもできない、死のう」

そこからなんだかんだあって幸せになるのですが、この展開があるのはなんと言う話なのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/10/19 22:35:50
  • 終了:2009/10/20 22:05:22

回答(1件)

id:dusk95 No.1

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/10/19 23:17:21

ポイント60pt

『狼の眉毛』ではないでしょうか。


狼の眉毛

id:lilybells

ありがとうございます。

2009/10/20 22:04:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません