ちょっと早いですが、来年の春、桜の花の咲く観光シーズンに、桜の古木近くへ売店を出したいと思います。


そこで、売店に関するアイデアを教えてください。
・売店のデザイン、コンセプトなど
・こんなものを販売したらどうか(桜の花を押し花にしてしおりとか作ってみたら楽しいかなぁ、と思っています)というご意見

などなど。

日頃、観光地に行かれたときの売店の印象、こんな売店は嫌だ、こんな売店が良かった、という経験を踏まえてお願いいたします。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2009/10/21 12:43:15
  • 終了:2009/10/28 12:45:03

回答(6件)

id:afurokun No.1

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/10/21 13:02:12

ポイント19pt

桜の絵葉書なんかはご年配に人気がでそうです。

id:lepremierpas No.2

lepremierpas回答回数1175ベストアンサー獲得回数412009/10/21 13:06:22

ポイント19pt

売店であまり見かけないものをアイデアとして出すとするなら、コスメ系なんてどうですか?

桜の香のするコスメ。

リップ、化粧水、クリームなどなど。

女性にはウケがいいように思います。

でもこういうコスメって売店などで売られているのを見たことないですよね。

いかにも観光地ならではのお菓子や文具を売り出すのは、誰でも想像しやすいですし、腐るほどそういう店はあります。

だからこそ、少しばかり目新しい方向のものを売り出すほうがいいなって思います。

そんなわけで、桜コスメに一票!

id:lancer13 No.3

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/10/21 13:33:23

ポイント18pt

桜の陶器なんかおしゃれでいいですね。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ichiri/gf13.html

id:cyuna No.4

cyuna回答回数317ベストアンサー獲得回数132009/10/21 13:37:36

ポイント18pt

コンセプト:和洋融合の茶店

メニューに抹茶があって、食器や茶器は全部和風で毛氈が敷いてあって…

と、一見昔ながらの茶店だけど、食べ物は洋風でそろえる!とか。


スタバが毎春出す、「さくらマカロン」や「さくらシフォン」

http://www.starbucks.co.jp/sakura2009/index.html?cid=products

みたいな食べ物を抹茶に添えて、おしゃれなカフェ風にしたらどうでしょう?

調理場もあるなら、さくら色のパスタとか、さくらの塩漬け入りバーガーとかもいいな。

id:fm315

みなさん、回答ありがとうございます!

2009/10/21 14:28:31
id:tibitora No.5

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022009/10/21 14:50:10

ポイント18pt

樹脂粘土で桜の小物を作ってみるのはいかがかなと思います。

小さめのストラップや根付をしおりの紐部分にしてもかわいいと思います^^

http://www.rakuten.co.jp/a-dori/1995528/

http://www.sakura-alamode.com/gallery02/g01/0503-25.html

id:opponent No.6

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72009/10/21 18:11:03

ポイント18pt

古木のある花見会場ロケーションの雰囲気にも左右されますね。上野公園のような人だかりの会場だと、地味な店は埋没してしまいますし、たった一本の古木の下で他に売店が一軒もないところだと、店の雰囲気によりますが、客が近寄らないことも考えられます。一定程度の花見客が集まり、けれど売店の競争相手が多くないことを想定してお答えします。

 

押し花のしおり、これは悪くはありませんが、もう少し「実用」的なものを別に用意したほうがいいかもしれません。何しろ、日本人の花見というのは、花を方便にして酒を飲む宴会がほとんどですからね。

 

酒肴を用意してみる。とはいえ「おでん」などを用意するのは大変ですから、珍味系のものが喜ばれると思います。おいしいイカの塩辛やホタルイカの沖漬みたいなものを何種類か用意して小皿で売る。珍味は多量にたべるものではありませんから、一皿50円~100円程度に抑えれば、売れると思いますね。

 

あるいは桜料理もいいかもしれません。花より団子という言葉がありますが、花見団子や桜餅を用意するなら抹茶を出すべきかも。

 

 

cyunaさまがお答えになったような茶店(茶屋)風の売店にして、毛氈を本当に敷くのは、ちょと大変ですから、緋毛氈に似せた色の布を探してきて、敷くだけでもそれらしくなるでしょう。ビールケースを椅子やテーブルにする手もありますけれども、これも布やビニールで覆ったり、ボロ座布団を敷けば格好がつきますよね。

 

余裕があるなら、さらに電源が確保できるならですが、ぼんぼりなどの照明をつければ、夜間は周りに客が集まることうけあいでしょう。

 

そして、極めつけになるかなと思いますが、ビール・サーバーの用意ができれば、生ビールを売る。酒が切れて買いに行くのはめんどうですから近くでおいしい生ビールが飲めるということで客は集まります。ですがビールの注ぎ方は奥が深いんです。おいしい生ビールを注ぐのは練習して習得しなければなりません。でもまだまだ時間がありますから練習できますね。何事も経験しておいて損はありません。

 

 

このようにして、客引きし、売り物用「押し花のしおり」を売りながらも、料理や飲料を買ってくれた客に、くじ引きなどでサービスする。そういった工夫をすれば、にぎやかで注目を浴びる売店になるのではないでしょうか。ただ最初に申しましたように、ロケーションと人の集まり具合で変わってきます。このようなコンセプトを基本にして構想を立ててみては、という提案です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません