西友の合同会社化が、税務メリットに基づくものであるのか否かについて教えてください。


http://blog.livedoor.jp/jean07/archives/51935457.html

こちらの記事を読んでいて疑問に思ったのですが、ウォルマートからみれば米国税法に基づくパススルー事業体として赤字を取り込むために
合同会社としたのが主な理由と(勝手に)思っていました。つまりウォルマートは、やめる気はないけど西友事業が儲かるとは思ってない。
そもそも、合同会社でも取会はありますし、迅速な意志決定が株式会社ではできないという理由もよくわかりません。

そこでふと思ったのですが、上記の税務メリットの可能性は0なのでしょうか(たとえば米国税法上は、連結子会社とパススルーLLCに取り扱いや
損金の認容範囲が違うなど)。何かヒントになる記事や考え方を伺いたいです。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/10/22 20:27:44
  • 終了:2009/10/29 20:30:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません