鳶や窓ふきなど、高所で作業をする方の知られざる安全方法、自己防衛方法(落ちたときの受身など)を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/10/22 21:12:06
  • 終了:2009/10/29 21:15:02

回答(3件)

id:Gleam No.1

Gleam回答回数2526ベストアンサー獲得回数2392009/10/23 00:17:58

ポイント27pt

http://www.kajima.co.jp/news/press/199905/31a1fo-j.htm

>本商品は、建設作業員が誤って高所(2m以上)から墜落した場合、「墜落した」という行動パターンを腰部に取り付けた「墜落感知センサー」が感知し、0.2秒でライフジャケットの「エアバッグ」が全開して、人間の急所である頭部・脊椎・腰椎を墜落衝撃から守る仕組みになっています。

id:afurokun No.2

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/10/23 04:52:35

ポイント27pt

高所作業は、仮設足場・ゴンドラや高所作業車等を用いて作業する方法が一般的ですが、この作業方法には膨大な時間とコストがかかります。

私どもは“ロープワーク工法”でこの問題を克服いたします。

http://www.opus-gr.com/sket/kosho.html

id:kaminarigorogoro No.3

kaminarigorogoro回答回数44ベストアンサー獲得回数02009/10/23 05:50:01

ポイント26pt

自分流安全対策、①梯子の先端に手作りの抱き付き治具を装着 ②先端を樹木に縛り付け ③梯子の基部に板を敷いて刺さり込み防止 ④安全帯の着装 ⑤滑り止め底付き高所作業靴 ⑥立て掛け角度75度の厳守

http://yamayuriyama.cocolog-nifty.com/photos/dougu/img_9788.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません