1256532641 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #046


THEME:「情操豊かに!子供部屋&プレイスペース作りコンテスト」

日々の暮らしとイエの中で、こんな時どうしてますか? “イエコト・ミシュラン” は、暮らしに楽しいサプライズアイデアを語らい、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナーです。ハウスキーピング、ハンドメイド、エコロジー、ヘルスライフ…毎回の質問に、あなたのアイデアをご投稿下さいね!
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20091026

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は11月2日(月)正午で終了させて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 登録:2009/10/26 13:50:43
  • 終了:2009/11/02 12:03:13

回答(192件)

ただいまのポイント : ポイント831 pt / 5000 pt ツリー表示 | 新着順

興味が失わない aekie2009/10/28 11:51:52

子どものために作る本棚はかなり人を惹きつけますね!床にいるとなんとなく本を読みたくなってしまう習性をついてきています。

縁側もそうですが、何か本を読むためのきっかけが子どもにはあるとおもうんですよ。それがたまたま見つけた、読んでみたら面白かったなんて本の出会いの可能性を秘めたmomokuriさんの「子供のための読書スペース」。絵本や学習用の本は古本でも十分通用しますよね。

省スペースは無理かもしれませんが、子どもの興味のあるものをどんどん読んでいけるような環境、興味を失わせないイエを作っていきたい。そんな風に思いました。

岡潔の『情緒と日本人』 wacm2009/10/28 11:42:23

情緒教育の大切さ、今回のイエでも議論になっていますね。あれは海外での研修に行っているときのことでした。ときはバブル前、日本の輸出が盛んに現地メディアで取り上げられ、反日感情がくすぶっているときでした。

「米国に日本や日本の歴史、有名な日本人を取り上げる機会を持ったらどうだ?」との現地コンサルタントからアドバイスを受けた私たちは早速、日本を知ってもらう分科会を立ち上げました。

そのとき、私の担当は「日本の精神を体現する代表的な人物」を取り上げることになりました。

すぐに思い浮かんだのが、野口英世と福沢諭吉です。いまの日本のお札に取り上げられているので、自分としてもいい線をいっていると思いこんでいたら、上司に「もう有名な人はダメだ。いま(昭和)の人を取り上げろ」なんて即座に提案はゴミ箱行きとなりました(:_;)

くよくよしてもいられないので、誰が適当か、ゆっくり落ち着いて考えてみることにしました。そもそも日本はいつから仏教を信仰するようになったのか?日本には神道があり、神道ははっきりと明確なものがあるけれど、仏教は諸派に別れていて分かりづらい。もっと、根源的なことを説明している人はいないか探したんですねー。

こういう条件を探していたらなんといたんです。その名も岡潔(おか・きよし)さん、数学者です。数学の世界で初めて難問を解決した方です。難解な数学は私には分かりませんでしたが、岡先生のエッセイには「数学者が育つには美しい風景が必要」だという言葉に感じました。

今回のテーマである「情緒」を聞いたとき、頭の片隅に引っかかっていたものがあったのです。

情緒とは、はてなキーワードによりますと、

1、喜び・悲しみ・怒りなど突然引き起こされた急激な感情の動き

2、さまざまな感情

とあります。

幼児期の感情の芽生えとして、いろいろな体験の大切さをご本人は訴えられているのですが、その中でも印象的だったのが、

「スミレの花を見て、いいなぁ」と感じる心、これこそ情緒と言っています。著書は忘れましたが、おそらく、

情緒と日本人

情緒と日本人

  • 作者: 岡 潔
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: 単行本

だったと思います。

これなんかもオススメします。

春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)

春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)

  • 作者: 岡 潔
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 文庫


このことをアメリカの人に教えると、「ユニークな存在だ。日本はミニチュア(おそらく庭園)だけでなく、風景が豊かなのがうらやましい」なんて言われました。

いまでは、悪いことをちょっとしただけでも、両親に抑えられてしまいます。私の子どもの頃なんてスカートめくりされることなんては日常茶飯事でした。でも、年齢を重ねるにつれ、悪いことは悪いと学び取っていくわけです。それが情緒ってやつです。同時期に、ソニーの井深大さんが幼児の早期教育の必要性を訴えたのとは対照的です。

どちらがよいとは思いませんが、まずは自然を愛し、情緒を養い、そして生活することが大切なんだと感じました。

押入れ r-zone2009/10/28 10:46:32

わかります!

自室が無かった私は押し入れを部屋と見立てて

こっそり寝たりしていました。

秘密の隠れ家みたいでワクワクしていたのを覚えています。

押入れ fumie152009/10/28 10:40:50

押し入れによく入ってました。ドラえもんの影響で押し入れに寝たこともあります。

2段ベッドで秘密部屋 空色朝顔2009/10/28 09:28:08

息子は、まだ小学校2年生の二人なので、2段ベッドで仲良く一緒に寝てしまいます。

2段ベッドの下段の柵を片方取って、座ることも出来るようにして、二人で座ってゲームしたり、本を読んだり、ソファーみたいに使っています。

寝る時はなぜか、二人で上段で仲良く寝ています。


2段ベッドは二人分かれて寝る為に買ったのですが、下段は遊び場、上段は二人の寝室コーナーになっています。

2段ベッドの下段の脚部は21センチあるので、ベッド下収納のケース(無印良品)やワインの木箱を入れています。

季節で使い分けるシーツやカバーの予備、木箱には子供のおもちゃを入れています。

木箱をそのままフローリングの床に置くと、引き出す時に床に傷かつくので、ゴムのタイヤの小さいキャスター(DIYショップで購入)をつけて(ワイン木箱には補強で箱面と同じ大きさの板を敷く)使っています。

ちょうど、木箱が入る高さなので(キャスター含めて)おもちゃとかの収納に便利です。


もっとも、掃除でそれをどかすと、ベッドの下に入り込んで二人で隠れる技も出来ます。

服が、モップ代わりになって埃を集めてて、大変ですが・・・・。

家庭にも、大きめのホワイトボードがあってもいいかもしれませんね。 iijiman2009/10/28 01:47:22

Google社のホワイトボード、ネットの記事で、少しだけ垣間見た記憶があります。

そうそう、こんな感じでした。わけがわからないけれど、書きたい放題という感じで、「こういうことは書いちゃダメ」みたいな束縛が感じられないような気がしました。(英語、あまり読めないので、私の感想は間違っているかもしれませんが。)

家庭にも、大きめのホワイトボードを買ってきて「子供も大人も、やりたいことや希望などを書いていく」「人を傷つけること以外は何を書いてもよい」といったルールを作って、これを掲げて「情操を高めるコーナー」を作るというのは、いいかもしれませんね。

冷凍コップでドレミファソラシド♪ aekie2009/10/28 01:25:26

子どもはドンドンダンダンと跳ねたり駆け回るので、そもそも音楽をやる以前に防音が必要になりそうです。

ですが、やってみようと思えば簡単にできそうなid:TomCatさんの「サイレント・ミュージックルーム」。案外、大人の方が熱中してしまったりして(笑)

音が出るって不思議を、例えば水を定量ずつ入れ冷凍したコップを叩いて音を出してみることなど、現実の理科の実験をキッチンでなら防音準備することなくできそうです。

準備するのはガラスのコップと水だけなので、とても簡単。楽器を習う前に音の鳴ること自体に耳を傾けさせてみたいですね。

なにやら自発的ではないので、情緒を豊かにできないかもしれない、と反論されてしまいそうですが。ですが、環境作りが大人の役割とも思えます。

重要なご指摘をありがとうございます TomCat2009/10/28 01:22:06

そうそう。まずiijimanさんご指摘の、床騒音の問題。本格的な防音室を作る時も、一番問題になるのが床なんですよね。これは必要に応じてクッション性のある防音マットを敷くなどして対処を考えていく必要がありそうです。大きな子供の場合も、ドタバタはしゃぎ回ることはないでしょうが、音楽に足でリズムをとることは付き物ですから、集合住宅の場合は配慮が不可欠ですね。

 

wacmさんご指摘の音量については、電子楽器はアコースティックな楽器と違って、最大音量が電気的に設定できますから、あらかじめ大人が確認して、シッカリ設定しておくことが大切ですね。ミクサーの出力を分岐してLED表示のレベルメーターなどを接続して、大人が目で見て音量を確認出来る仕組みも大切かもしれません。音楽に合わせてLEDが点滅する仕掛けは見た目も楽しくて、子供も喜ぶと思います。

 

レベルメーターのゲインを上げて、さほど大きくない音量でも派手に点灯するようにしておけば、耳に優しい音量でも十分子供は満足して、ガンガンやっているように感じてくれると思いますw

天気が気になる子ども部屋 aekie2009/10/28 01:17:07

ですが、太陽光に注目されたid:MINTさんのサンルームの発想。これは日当たりを重視していてとても貴重な考えだと思いました。

というのも、子どもの頃、朝起きる前の晴れや雨か天気が気になって仕方ないのです。

私の家では子ども部屋は北側にしました。洗濯物を取り込むのに、子ども部屋が北側だと何かと面倒になるからです。

いまでも帰省するときには、部屋は北側の部屋です。懐かしいんですよね。部屋のにおいや柱に、それに天井の模様。

私は太陽光ではありませんが、外の天気を盛り込んだMINTさんのアイデア、何世代にもわたって、五風十雨のような部屋・イエを継いでいきたいです。

そのためにも、長持ちできる、長く住むことのできる地域・マチを私たちの手で作っていきたいものですね。

他人事ではなく、自分がまず住めるような環境作りができないと、子どもの情緒豊かな環境作りができないように思えてきました。

ビニールプール aekie2009/10/28 01:10:30

庭の空間って何かと難しいところだと思います。小さい頃ですとミニプールで水浴びしますよね。

ビニールのプールにホースで水を入れて、何も着ないで水浴びをする子どもと近所の友達。

本当に小さいときにしかできませんが、端に当たると空気を感じる。浅いですがおぼれかけると水の怖さを知る。

川や海で泳ぐことがなくなってしまったので、子どものビニールプールは代わりのチャンスだと思います。

見ている大人にも情緒豊かになりそうで、その気持ちが子どもに向けることができたらますます情緒が豊かになると思いませんか?

Google社の書き付けていくホワイトボード aekie2009/10/28 01:05:59

大学のレポートで、Google の創造性について、「住環境、ルーム・スペース」について論じました。

なんというか、幼稚園と小学生低学年の遊びの場を再現したようです。これは20%ルール(勤務時間の20%は、仕事と関係ない自由な研究をしてもよい)の創造性を高めそうです。

創造性を育むのは1枚のホワイトボード。ホワイトボードに目標やできたらいいなということを書き込んでいくのです。

子どもでも描いてみる、何かを具現化するとき、形にするとき、まずは言葉から初めて見るといいかもしれません。

言語を学び、言葉の意味、対となる単語、意味の違いを少しずつ学んでいけると思います。

色あるホワイトボードに、昆虫型のヘリコプター、うなぎのような潜水艦、願い事を書いていくのです。

1年経ったら、願望を叶えるために何が必要か幼心にも分かってくると思いますよ。


そういえば…と思い、レポート課題で調べていたら見つけたサイトがあったので、URLだけ載せておきますね。


http://www.undergoogle.com/tools/GoogleMasterPlanEN.html

Google's Master Plan

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060209/228924/?SS=...

米国本社オフィスに掲げられているホワイトボード

(日経エレクトロニクス2006年 2月13日号特集の取材時に,林幸一郎氏が撮影)

音楽以上の感性を磨きそうですね wacm2009/10/27 23:01:42

子どもの頃、こんな部屋があったら音楽家やアーティスト、作曲家の道を歩んでいたかもしれません(あり得ない(笑))。

子どもが音楽に興味を持つってとてもいいことだと思います。それがマンションやアパートなど自宅でできる環境があったとしたら、子どもは関心を持ってくれるでしょうね。

音楽は感性だけでなく、音に敏感になったり、指先が器用になったり、レッスンに合わせて練習を時間を忘れて集中するなどスポーツと同じくらい熱中できるものだと思います。

ただ、ちょっと気になったのが、イヤホンセットだと子どもの耳が「ヘッドホン症候群」にかかってしまわないか心配です。音量は大人が隣にいてチェックすることが必要かもしれません。

ですが、それでもあまりある自宅のサイレント・音楽室!!大人の私でもぜひそんな部屋が、いやスペースで構わないのでイエに欲しいです。

アマゾンの空き箱で、子どもも大人も wacm2009/10/27 22:45:08

イエはてなさんからいただいたポイントやギフト券を使って趣味の本を買うときにアマゾンの箱があまってしまいます。

そんなとき、これまでイエで数々紹介されてきた創意工夫あるネコハウスや文房具ケース、敷居・ついたてを作ったらいいでしょうね。

ですが、子どもは必要なくても、見た目がかっこよかったり、面白いと言うだけで工作に取りかかるので実行力に舌を巻いてしまいます。

身の回りにありふれていて、誰もが工夫できる素材なので、子どもだけでなく大人も工夫のしがいがありそうですね。

庭のイラストボードに wacm2009/10/27 22:37:34

近所を歩いて、庭のあるおうちを眺めていると、いろいろ工夫しているおうちがあるんです。

メッセージボードに花のイラストや飾りがあって、垣やコンクリート塀に飾っていたり、昔の花のように季節を表すようです。

ボードに書いたのが子どもの字なんですよ。お寺の箴言じゃありませんが、地域の温かい場所になりそうです。

子どもはいま分からなくても、いつか自分が書いた言葉や絵があることに気づいた日が自分を他人の目で見る始まりだと思います。そのとき、なんて気持ちなんでしょうね?

ケンカでやっちゃいけないことを自然と学んでいくのかな? wacm2009/10/27 22:33:09

子ども部屋を共有できることは一人っ子に比べて大きなメリットだと思います。片方がうるさいと「お兄ちゃん、うるさい!!」なんてこともしばしば。

ですが、兄弟ケンカができるから分かる暴力の痛さや手加減ってものがありますよね。兄弟げんかをすると兄弟だけでなく親も嫌がりますけれど。

親が注意しなくても、子どもが自分たちで当たり前のように学んでいくので、情操豊かになると言えると思います。

きっと、親が注意しなくても兄弟で自発的に学んでくれるというのが理想なんですけどね。

子供部屋 かがみん2009/10/27 22:08:50

うちは弟と同じ部屋を使い続けています(兄弟部屋?)1人で部屋にいるより、兄弟で遊んでいるほうが楽しいです。

勉強中はもう少し静かにしてほしいけど

電気スタンド かがみん2009/10/27 22:01:25

今もベッドのところに欠かせないアイテムです

ゲーム twillco2009/10/27 21:38:39

家族皆で楽しめるのでwiiはとても画期的だなーと思いました。

ひとりでずっとゲームしてると困っちゃいますが

皆で遊べるものだと家庭も明るくなりそうです。

twillco2009/10/27 21:36:17

大きなお庭は憧れますね。

夏にはおおきなプールを作って遊んで

冬にはイルミネーションもできるし

雪が降ったら雪だるまいっぱい作って並べてみたいです。

いつかマイホームを持ったら絶対やりたいなーと思ってます。

ダンボール twillco2009/10/27 21:30:24

娘は、ダンボールを使って携帯電話やパソコンなど

色んなものを作っては学校ごっこや病院ごっこなど

しています。

一つのダンボールから様々なものを作り出し、遊んでいる様はとても楽しそうですよ。

自分で作り出して遊ぶというのは、考える力もつきますし

おもちゃを与えるよりもいいことだと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません