仕事に関することで、完全に例えばの話すぎてよく分からないかもしれませんが、

ふと思ったので質問させて下さい。

ちょっと長くなるので、コメント欄で。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/10/27 13:13:13
  • 終了:2009/10/27 13:52:30

回答(3件)

id:tamo2_xvi No.1

tamo2_xvi回答回数436ベストアンサー獲得回数102009/10/27 13:42:20

ポイント60pt

残業せずに同等の内容が出来れば、会社としては損はないので問題ないと思いますが、さらなる残業で内容を濃い物にしないと

クライアントが納得しないとなると、それはもう費用対効果が悪くなっていますから会社としては旨みが減り

激しくなれば経営も怪しくなると思われます。

個人としてはクライアントが要求する内容で、合ったほうが便利な機能盛り込む事は物作りとしては

技術もアップしますし、大変良い事ですが会社側の経営としては、商品の内容がそれが普通になってしまうと

今まで100円で仕入れて1000円で売ってた物が、500円で仕入れて1000円で売ることになります。

それも一回そうクライアントに認識されると、その後ずーっとそうなりかねないので上司の方も

危惧されてるのだと思われます。

正解としては合ったほうが便利な機能を、クライアントまたは上司に提案して

別途料金を頂けるように働きかける事だと思います。

id:ryota11

うーん、なるほど。

まぁ確かに仰る通りですね。

そのように表現して頂けると非常に納得できました。

ありがとうございます。

2009/10/27 13:52:26
id:sevenseven No.2

sevenseven回答回数34ベストアンサー獲得回数42009/10/27 13:50:22

ポイント10pt

>目先の楽さよりも常に120%の力を出し続けることで得られる信用や経験値のようなものはあるんじゃないかと思っています。



クライアントが120%の成果だと思ってくれているならばそれでもいいと思いますが多分そんなことはありません。

信用や経験値のようなものがあるとしたら「いつでも一定の品質でアウトプットが出てくる」ということに尽きると思います。

100の要求に対して120をいつも出していたらそれは100なのです。クライアントが120を要求してきた時には144を出さないと辻褄が合いませんし普段から100を120で動かしていたらリソースは100%使っているでしょう。


それから、要求レベルが100なのに120を出すということは一種のダンピングにあたります。

業界として考えた場合にマクロで見ると自分で自分の首を絞めて本来得られる収入を17%も減らしていることになります。業界全体が120基準で動いてしまうからです。得られるのは100なのに。

しかもそのうち100の出来で80でやりますという会社が出てくるでしょう。

そして大抵の場合オーバークオリティの部分はクライアントからは評価されずに切られる運命になります。最初から100の出来で出していれば「企業努力」で80にすることはできるかもしれませんが、今更120を100に変更してクライアントに受け入れてもらえる余地は少ないでしょうね。


>自分の会社にとっては迷惑なのでしょうか。


その労力は新規の顧客やビジネスチャンスのために使えば会社の業績に貢献できます。

しかし、オーバークオリティのためにリソースが使われるならそれは会社にとって機会損失になるでしょう。

id:godric No.3

godric回答回数77ベストアンサー獲得回数22009/10/27 13:52:08

ポイント10pt

質問者さんの悩みは完全な経営者の判断事項です~。要するにサービスや製品の品質の問題になる話と理解すると早いですよ~。当然高いクオリティや技術水準にはお金や残業代というコストが付いてまわります~。例えば人的技術水準、サービス水準、アイデア水準というものだって、開発費に相当する事前投資金額が重く圧し掛かっています~。それは人を育てる経費ですよねぇ。これに対して、顧客に対してどこまでやるかを判断できるのは、お金の計算根拠数や今後の戦略(競合対策も含め)を全て一手に持ってる経営者だけです~。だから、そのように考えるしかありません~

  • id:ryota11
    例えば、自分の会社の親会社やクライアントに当たる会社から仕事をうけた場合、
    相手の要望に全力で応えようとするのは当然だと思いますが、

    私の知り合いの経営側の仕事をしている人間は、「そこまでこちらが出来ると思わせる必要はない」という意味で、
    「こちらの手の内を全部見せることはない、損するだけだ」などと言うことがあります。

    意味は、全力を出しすぎて相手に「あ、こいつここまで出来るのか」と思われると、
    次からのハードルが上がったり要求してくることが高くなったりするから損だと言っているみたいです。
    例えば100の力でやれば同じ金額をもらえていた仕事も、120を見せてしまったためにクライアントからすると、
    それが普通になってしまい次も120を要求してきて、20分損しているということが言いたいのだと思います。

    もちろんクライアントが無茶苦茶言ってくる場合はそれに対して戦うことや、抗議することも必要だとは思いますが、
    そうではない場合、こちらから全力で仕事をしてあげるというのは良いことのように思えます。
    私の場合性格上、相手のことを気に入ると、どうしても損得は後回しにして全力でその相手のために頑張ってあげたくなります。
    これは本来はしなくて済むことをやってしまうということなので、費用対効果が悪く要領が悪いのかもしれません。
    でも私からすると、目先の楽さよりも常に120%の力を出し続けることで得られる信用や経験値のようなものはあるんじゃないかと思っています。

    もっと小さな話で言うと、
    常識的に考えてこのくらいを求められているであろうと思われるレベルまでは仕事が完成しても、もっと大満足させたいというレベルまで完成度を上げたいという思いから、
    残業をして、クライアントのために頑張ってあげるとします。
    そうすると、通常のレベルはクリアしているのだから自分の会社のためにはそれで十分です。
    しかしそれ以上を残業してまですることによって、残業代もかかりますし、完全に得をするのはクライアントのみです。
    それでも、そうしたいと思うからするのは自分の会社にとっては迷惑なのでしょうか。


    ぼんやりしてますが、こういうのってどうなんですかね。
  • id:Newswirl
    個人的な見解で良ければ・・・
     
    依頼内容が依頼人でも行える程度のものに関しては、依頼人自身に行わせるべきだと考えます。依頼内容によって、企業間のバランスが対等であったのモノが、いつしか従属関係に変わってしまうのは、負担のある依頼を受けてしまう以上に痛手でしょう。クライアントとの関係に特別な事情や関係が発生したときに、それなりの待遇をすることで、相手側の心情をゆさぶることも可能でしょうし、こちら側が不慮の事情に陥ったときに、クライアント側に依頼の程度を抑えてもらうわけには行きませんから、そういう意味で、楽にしてあるのだと思います。量が少なければ質を高める事に全力を注ぐのが良いでしょう。
  • id:ryota11
    あれ、ごめんなさい、最初の方の回答を読んでいる間に他の方が回答されてましたね。。
    ちょっとですがポイントお送りしておきます。
    ありがとうございます。
  • id:tamo2_xvi
    技術と営業と両方をかじってしまったので、お気持ちは良く分かります。
    私もソースを書いてる頃は、どんどん思いつく便利な機能を入れていましたが
    際限なくやってて身をもって気がつきました(^^;;
    冷静に考えれば自分で自分の首を絞める結果を招きますからねぇ

    ですので、あまり技術を安売りしないで、ある程度のところまでにして、ある一定水準の機能を
    追加案を思いついたら、仕様をまとめておき会議や営業チームなどにそれとなく
    伝えておけば良いと思います。

    それではこちらこそポイントありがとう御座いました。
  • id:rsc96074
     車のハンドルと同じで遊びが必要なのかも。やはり年の功かも。(^_^;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません