利休とも交流があったという 茶人「ノ貫(へちかん)」に興味があります。


縁の地を巡れたらなあ、と思っていますが、
調べてもなかなか出て来ません。

どなたかご存知ではないでしょうか。

また、利休を落とし穴に落とした、お茶の場面にある赤い傘の発祥者、
というのは知っているのですが
その外になにかおもしろいエピソードはあるのでしょうか。

ご存知の方がおられましたら、どうぞお教え下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/10/29 15:12:15
  • 終了:2009/11/02 14:39:44

ベストアンサー

id:Hyperion64 No.3

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842009/10/29 19:23:59

ポイント60pt

「へうげもん」の注目のキャラですね。

柳里恭の『雲萍雑誌』(1843)によると山科の隠士・丿貫とありますから、京都山科の

在住であったのは確からしいですね。

http://www17.ocn.ne.jp/~verdure/yogo/yogo_he.html

山科には彼の遺構はなさげです。京都山科ブログにないものですから。

http://30min.jp/line/33007/6876/14

ただ、吉祥寺にビストロ「丿貫」がありました。京都に気軽に行けない身としては

ここで彼の茶風を偲ぶのもいいでしょう。

http://yogi.blog24.fc2.com/blog-entry-244.html

id:rushuout

山科ですか!当方大阪在住なのでかなり近いです!

実在したかどうかが怪しいという事で、あまり公には紹介しないのでしょうか?

こんなにおもしろそうな人なのに…。

島左近の住居とされる場所も、訪ねてみると

「他の武将を祭っているので左近の事は公にはしないんですよ」

と その土地を持っている人に小声で言われた事があります(笑

もったいない。

吉祥時のお店は、ぜひ行ってみたいと思います!

とても丁寧に教えて頂き、ありがとうございました!

2009/10/30 09:37:00

その他の回答(4件)

id:rafting No.1

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762009/10/29 16:03:00

ポイント20pt

『三国名勝図会』鹿児島郡西田村に「丿恒石」なる塚が記されている。

表千家の良休宗左(随流斎)の記述によれば、露地で履く雪駄は、元は丿貫の意匠から出たものだという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BF%E8%B2%AB

id:rushuout

ここは見たのですが、あまり詳しくなくて…。

やはり実在したかどうかも怪しいとなると、

明確な縁の地は無いのでしょうかねー…。

ありがとうございます。

2009/10/29 16:39:20
id:pipi33 No.2

pipi33回答回数133ベストアンサー獲得回数102009/10/29 17:49:31

ポイント20pt

歴史の点景―実朝・明恵・ノ貫・秋成

歴史の点景―実朝・明恵・ノ貫・秋成

  • 作者: 小田 三月
  • 出版社/メーカー: 審美社
  • メディア: ハードカバー

内容は照査していません。

お近くの公共図書館で所蔵がなければ、

「相互貸し出しで取り寄せてください」と

司書に申し出てください。

id:rushuout

内容から縁の地が判明するかはわかりませんが、へちかんの事は知る事ができそうですね。

図書が近いので一度調べてみたいと思います。

ありがとうございました。

2009/10/30 09:25:46
id:Hyperion64 No.3

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842009/10/29 19:23:59ここでベストアンサー

ポイント60pt

「へうげもん」の注目のキャラですね。

柳里恭の『雲萍雑誌』(1843)によると山科の隠士・丿貫とありますから、京都山科の

在住であったのは確からしいですね。

http://www17.ocn.ne.jp/~verdure/yogo/yogo_he.html

山科には彼の遺構はなさげです。京都山科ブログにないものですから。

http://30min.jp/line/33007/6876/14

ただ、吉祥寺にビストロ「丿貫」がありました。京都に気軽に行けない身としては

ここで彼の茶風を偲ぶのもいいでしょう。

http://yogi.blog24.fc2.com/blog-entry-244.html

id:rushuout

山科ですか!当方大阪在住なのでかなり近いです!

実在したかどうかが怪しいという事で、あまり公には紹介しないのでしょうか?

こんなにおもしろそうな人なのに…。

島左近の住居とされる場所も、訪ねてみると

「他の武将を祭っているので左近の事は公にはしないんですよ」

と その土地を持っている人に小声で言われた事があります(笑

もったいない。

吉祥時のお店は、ぜひ行ってみたいと思います!

とても丁寧に教えて頂き、ありがとうございました!

2009/10/30 09:37:00
id:gon0604 No.4

gon0604回答回数505ベストアンサー獲得回数92009/10/29 23:05:37

ポイント20pt

お茶の釜で雑炊を作ったりもしてたようですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BF%E8%B2%AB

最近の漫画で「へうげもの」と言う漫画があるのですが

当時の茶人たちが面白く書かれてるので、ネタ的に見る価値ありです。

id:rushuout

「へうげもの」、ひょうきんものという意味なんですね。

本当に実在していたらほんとうにクリエイティブでひょうきんな人だと思いました。

「へうげもの」読んでから京都に行ったらおもしろそうです。

ありがとうございました。

2009/10/30 11:44:19
id:amai_melon No.5

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472009/11/01 12:33:59

ポイント20pt

『美味しんぼ』31巻に、へちかんさんが出てきます。

id:rushuout

なるほど。

漫画には最適な「へうげもの」ですものね。

まだ他にも使われているかもしれませんね。

ありがとうございます。

2009/11/02 14:28:21
  • id:Hyperion64
    そうなんです。「へうげもの」では利休を上回る「わびさび」の隠者として
    描かれてるんです。
    私もこのコミックで丿貫を知ったわけで。
    このコミックによると最後は自著も焼き、住居も跡形もなく滅失して
    この世を去っています。主人公の破天荒な茶人の古田織部にもまあ感心しますが、
    丿貫は丿貫でスゴイ!と思いましたね。
  • id:rushuout
    >Hyperion64さん

    >最後は自著も焼き、住居も跡形もなく滅失してこの世を去っています。

    すさまじいですね。
    なぜそのような事をしたかは、漫画を読むまで楽しみにしておきます(笑
    亡くなり方特殊な人物には興味が湧きます。
    松永弾正も特殊な最期なので、こちらも調べてみようかと。

    ともあれ、へちかんの事がもっと知りたい!
    フィクションであろうとも、この漫画は一度見てみなければ、と思いました。

    ありがとうございました!
  • id:rushuout
    皆様ご回答ありがとうございました。

    いるかは色々と詳しくお答え頂いたHyperion64さんにさせて頂きました。ありがとうございます。

    学生の頃は世界や日本の歴史に全然興味が持てなくて、人物なんて名前さえ頭に入ってこなかったのに
    大人になるとどうしてこんなに魅力的なことを無視していたのかと疑問に思います。

    授業をなさる先生方も、昔はそういう思いで興味を持ち、教える立場になったはずです。
    学生達の習う歴史の授業も、もっと魅力的なものになればいいなあと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません